« ポンド円、ランド円、ランチタイム | トップページ | ストレステスト後の欧州金利:水谷 »

2010年7月28日 (水)

レバレッジ、カレンシー16号プレゼントキャンペーンのご案内、セントラル短資FX

「カレンシー16号プレゼントキャンペーンのご案内、セントラル短資FX」

Currency (カレンシー) Vol.6プレゼントキャンペーンのご案内 (先着2,000名様)更新日:

レバレッジ規制―本気でFXを始める環境がこれで整った!
野村雅道氏&阿草龍二 対談

Ws000006

【ディーラーだってアツくなる!】 山岡“ダックビル”和雅氏
【クイックチャート・トレード超活用法】 陳満咲杜氏
【レバ25時代のサラリーマンFX術】
【注目の通貨レポート】 カナダドル<CAD>

Ws000007

.◆「Currency」は、FX取引に興味をお持ちのみなさまを対象に、セントラル短資FXが発行する「FX情報マガジン」です。

Currencyについて詳しくはコチラをご覧ください

会員特典サービス Currencyプレゼント
「Currency Vol.6」を先着で、2,000名様にプレゼント!
■対象期間
2010年8月2日(月)~9月30日(木)まで

■対象
会員さまの中から、上記期間中にアンケートにご協力いただいた方

■応募方法

「FXダイレクト」お取引画面(「キャンペーン情報」欄)からアンケートフォームにお入りいただき、ご回答ください。
.※2010年9月30日現在、当社に取引口座をお持ちの方が対象です。
※ご記入項目に不備があった際には、対象とならない場合があります。
※2010年8月より随時発送いたします。
「Currency Vol.6」の内容

編集グループより
一連の取材の中で、長い間経験を重ねてきたディーラー(元ディーラーも含めて)の方々に貴重なお話を伺いました。いつの時代でも取引において問われている人間力、そして為替の世界の奥深さ――。今号をお読みいただいた方に感じていただければ幸いです。(H・Y)
Currency編集の役得で、今回もなかなか日頃お会いできない方の取材に同行することができました。同席した中で印象に残っているのは、ダックビルさんを取材した際に山岡さんが着ていたシャツのカラー。写真にも映っているあのシャツです。ステート・ストリート銀行さんの取材では写真にも映っている会社案内パンフ、とても印象的でした。大きくお見せできないのが残念。(K・A)
Vol.5に続き、2度目の編集作業を担当しました。取材では誌面に載せきれないほどの、興味深いお話を多々いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。W杯の好カードを横目に編集作業を行うのはツライものがありましたが、こんな思いが出来るのも、もう4年も先のことなんですね。(K・K)
入社して約3ヶ月の新人ですが、今回Vol.6の編集に携わらせていただきました。作成には多くの人の協力があり努力があり、それを間近で見てきたので完成版を手にした時は嬉しかったです!子育てをする親の気分でした(笑)私自身、先輩の補佐ができたかどうかは謎ですが(むしろ邪魔していたかも…)、Currency編集を通して貴重な体験ができ、少なからず成長した気がします。(A・N)

http://www.central-tanshifx.com/newsrelease/2010/0723-01.html

|

« ポンド円、ランド円、ランチタイム | トップページ | ストレステスト後の欧州金利:水谷 »

スポンサー情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポンド円、ランド円、ランチタイム | トップページ | ストレステスト後の欧州金利:水谷 »