« アフリカ本も増えてきました | トップページ | 夜はこれから »

2010年7月 6日 (火)

外為入門15、為替取引の担い手と相場の形成

「外為入門15、為替取引の担い手と相場の形成」

「為替取引の担い手と相場の形成」

 銀行対顧客= 輸出、輸入、機関投資家、個人、送金、受取りなど
 銀行対銀行= ブローカー、コンピュター取引、ダイレクトディーリング(含む海外)などで過不足解消、リスクテイク、為替変動と資金過不足

 銀行対当局= 政府証券発行、外貨準備、スワップ協定が原資→平衡介入へ 

銀行の取引=対顧客カバー、銀行自らのディーリング、介入(平衡介入)

|

« アフリカ本も増えてきました | トップページ | 夜はこれから »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アフリカ本も増えてきました | トップページ | 夜はこれから »