« 明日の楽しみ | トップページ | かなすいいー »

2010年7月 5日 (月)

外為入門13、外国為替相場

「外為入門13、外国為替相場」

1.外国為替相場

直物相場=約定が行われると直ちに通貨の受け渡しが行われる
先物相場=将来のある一定時点で受け渡しが行われる

  通常の相場は銀行間の相場(インターバンク)=直物為替相場(2営業日後の受渡し)
当日、翌日、先物相場は2営業日後から起算して1週間後、1ヶ月、6ヶ月、1年、10年など。

2.為替相場の建て方

自国通貨建て(RATE IN HOME CURRENCY)→1ドル=120円
外国通貨建て(RATE IN FOREIGN CURRENCY)→1円=0.0083ドル、100円=0.83ドル

相場自体は同じ。
 
ニューヨークターム=1ポンド=2.0050ドル、1ユーロ=13570ドル、1A$=0.8350ドル、1NZドル=0.7250ドル
コンチネタルターム=1ドル=120円、1ドル=1.2035スイスフラン
大英連邦通貨はNYタームが多い(ポンド、豪ドル、NZドルがNYターム。ランド、カナダはコンチネンタルターム)

|

« 明日の楽しみ | トップページ | かなすいいー »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日の楽しみ | トップページ | かなすいいー »