« ドル円、カブセからボリバン下限へ | トップページ | ポンド円、ボリバン下限へ »

2010年7月17日 (土)

ユーロ円、カブセ1日遅れで下落

「ユーロ円、カブセ1日遅れで下落」

(テク)

*カブセは1日遅れで下落、資源通貨の後を追う

*かろうじて7月1日-7日の上昇ラインも下抜けしている

日足では6月21日-22日の下降ラインを上抜いている。

*ボリバンレンジは狭く108.39-114.02

*雲は113.11-117.97で雲の下へ

:IMMのユーロショート半減

*5日線は上向きだが今日の終値で下向くか

Ws000008

Ws000009

(注文) 

売りは111後半、112台小さい

*買いは111.50の中、111.0が大

*損切りは売り買い小さいが

(材料)

*ストロスカーンIMF専務理事=ストレステストは全てのメジャーなユーロ圏の銀行が十分にしっかりしていることを示すだろう

*ユンカー・ユーログループ議長=ストレステストからの大惨事を予想していない、すべての経済問題が解決したと言う人は誤解を与える
ユーロは危機にさらされていない、ユーロ圏離脱を望む国はない
*ユーロ圏・5月貿易収支=前回:+18億ユーロ、予想: -5億ユーロ、今回:-34億ユーロ

*フィヨン仏首相=ユーロは依然強い通貨だ、過去には、ユーロは過大評価されていた

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円、カブセからボリバン下限へ | トップページ | ポンド円、ボリバン下限へ »

為替10年7月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドル円、カブセからボリバン下限へ | トップページ | ポンド円、ボリバン下限へ »