« 愛の夢 | トップページ | 株よりFXの時代 »

2010年6月21日 (月)

夜はこれから

「夜はこれから」

今日は行事がない。明日からFOMC、週末はG-8とG-20

*他はミドルクラスの指標あり(下記)

*中国人民元柔軟化宣言について米国側の反応

 なお本日の人民元レートは1ドル=6.825元で先週金曜と変らず

ガイトナー長官=これは重要な一歩だが、中国当局がどのくらいのペースで、どの程度の人民元上昇を容認するかが試金石となる」とし、「積極的に履行されれば、力強くバランスの取れた世界経済の成長にプラスに寄与するだろう」との見解を明らかにした。

*オバマ米大統領=建設的な一歩であり、景気回復を守り、より均衡の取れた世界経済に貢献できる

*シューマー議員=中国当局の発表には具体的な時期や調整規模が示されていないとして不満を表明。政府としての意図を今回のように漠然とした限られた声明で示すというのは、外圧を受けた時の中国の典型的な対応だ。数日中に、中国政府がより具体的な発表を行うよう期待する。それがなければ、中国の慣行によって日々苦しめられている米国民の雇用と富のために、われわれは法案を前に進める以外にない

*上院財政委員会のボーカス委員長=米国の農牧業者や小規模企業が世界経済の中で公正な条件で競争するために意味のあるものでなければならない

*チャールズ・グラスリー上院議員=中国が人民元上昇に向け有意義な方法で、具体的な行動を取るまで、圧力をかけ続ける必要がある

(米国の今週の指標)

22(火)米 リッチモンド連銀製造業指数、住宅価格指数、中古住宅販売件数

23(水)米 新築住宅販売件数、FOMC政策金利発表   

24(木)米 耐久財受注、新規失業保険申請件数 
            
25(金)、米1QGDP確報値、個人消費・確報値、ミシガン大消費者信頼感指数・確報値   

         

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 愛の夢 | トップページ | 株よりFXの時代 »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜はこれから:

« 愛の夢 | トップページ | 株よりFXの時代 »