« NZ売出債は望ましいーボラード総裁 | トップページ | ドル円続報 »

2010年6月14日 (月)

景気良ければ円安、悪ければ円高

「景気良ければ円安、悪ければ円高」

*すなわち日経平均が上がれば円安

     下がれば円高 (今日は法人景気予測改善で株高円安)

*代表的なものは

*日経1万から3万8千円のバブルへ向かう時は円は120円から160円へ

*バブル崩壊で3万8千円から7500円へ下落する時は160円から79円

*小泉改革で7500円から18000円は100円から120円

*その後の安部ー福田ー麻生政権での無策で株が下がり円高へ

*さあ菅首相、出だしはいいようだ。

でも多くの政権は不況の円高が好きなようだ

Ws000007_2 Ws000008_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« NZ売出債は望ましいーボラード総裁 | トップページ | ドル円続報 »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景気良ければ円安、悪ければ円高:

« NZ売出債は望ましいーボラード総裁 | トップページ | ドル円続報 »