« ドル円、注文、材料、予定 | トップページ | 月間ではリスク回避、株資源金利 »

2010年6月12日 (土)

ユーロ円、注文、材料、予定

「ユーロ円、注文、材料、予定」

(注文)

売りは111.30で小、111半ばで中

*買いは110前半で小から中

*損切りは売り買い小さい

Ws000007

(材料)

*来週は独・ユーロの景況感調査、ECB月例報告、ユーロ圏CPIなどの発表あり
    = パパンドレウ・ギリシャ首相=通貨ドラクマへの復帰は危険であり馬鹿げている      ギリシア10年債8.33%、ポルトガル5.33%、スペイン4.59%と落ち着いている

*ウェリンク・オランダ中銀総裁=ECBの債券買い取りは良いアイディア、欧州支援策の拡大を議論するには時期尚早。
*シュタルクECB理事=ユーロに将来があるかと尋ねるのはばかげている、欧州の経済ファンダメンタルズは依然強い、経済成長は再び持ち直すだろう、危機はユーロ圏だけの問題ではない。
*ギリシャ財務相=ギリシャは正しい方向に向かっている、EU・IMF代表団が来週に訪問する見込み。

(予定)

14(月)ユーロ圏鉱工業生産
15(火)独 ZEW景況感調査、ユーロ圏ZEW景況感調査、ユーロ圏貿易収支、

16(水)ユーロ圏CPI

17(木)スイス1Q鉱工業生産、スイス中銀政策金利、ECB月例報告、ユーロ圏建設支出、

18(金) 独 PPI

(講演)

15(火)OECDパドアン事務次長
17(木)EU首脳会議、IMFストロスカーン専務理事

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ドル円、注文、材料、予定 | トップページ | 月間ではリスク回避、株資源金利 »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、注文、材料、予定:

« ドル円、注文、材料、予定 | トップページ | 月間ではリスク回避、株資源金利 »