« 為替は景気に左右されないお仕事です」 | トップページ | 夜はこれから »

2010年6月16日 (水)

外為入門6、IMF8条国、OECD加盟

「外為入門6、IMF8条国、OECD加盟

(国際収支構造の推移)その2

  
1945-1957 貿易赤字、ガリオア、エロア
1951-1955=朝鮮戦争特需
1958から貿易黒字に転じる
1961=高度成長重化学工業国
1964=IMF8条国、OECD加盟

1965-1972=貿易黒字定着
ドル不安=ニクソンショック=ドルの金兌換停止
1971年12月スミソニアン合意
1973 変動相場 第一次石油危機 原油高で黒字減少
1976=石油危機克服で黒字増加 
1979-1980 第2次石油危機で赤字
1981年以降 再び黒字、石油危機克服 輸出競争力高まる
1985 2月264円 プラザ合意
1988年 バブルとバブル崩壊で79円
1998 アジア通貨危機

*1950年代中ごろから輸出は着実に増加。1958年から黒字に転じた。

*1961年からは高度成長時代を迎え、設備投資の拡大とこれにともなう生産設備の増強があり、日本は重化学工業国となり輸出増大の基盤が築かれた

*しかし一方で原材料、原油などの輸入増加、外貨借入の利払い、外国技術導入のロイヤリティーの支払いで貿易外収支も赤字となり経常収支は大幅に悪化

*1964年に日本はIMF8条国に移行、OECDに加盟した(続く)

*参考文献 外為入門、古海健一、日経新聞社

|

« 為替は景気に左右されないお仕事です」 | トップページ | 夜はこれから »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 為替は景気に左右されないお仕事です」 | トップページ | 夜はこれから »