« 今週の豪ドル相場:津田 | トップページ | 徐行運転を再開! ; かかし »

2010年6月14日 (月)

月曜早朝シドニー市況:津田

おはようございます。本日は所要で出かけますのでいつもより早い東京時間午前五時の市況となります。

今朝のシドニー市場は金曜日のニューヨーク市場後半の流れを受けてドル円、円クロスともに小幅高で推移しています。特に豪ドルと豪ドル円は金曜日のニューヨーク引値日それぞれ30ポイント、50ポイント高となっています。全般的にリスク選好の動きと言えます。ただ今週は人民元切り上げ圧力が再び高まるとの見方もあり、リスク回避の動きが撤退するというのは時期尚早でしょう。
本日当地はQueen's Birhthday祝日となりますが週末から良い天気が続いています。
現在ワールドカップサッカー 豪州X独の試合が行われていますが豪州は0:2で劣勢です。ガンバレ OZ!!! 日本は今晩ですね、、、 頑張れ 日本 !!!

それではHave a nice week in advance!!

週末の出来事発言等:
・ECBノボトニーーユーロの変動幅は依然として正常な範囲内。信用市場がボラタイルな間はECBは政府債の購入を継続する(6/14)

・中国-台湾間の貿易協定は早ければ6月末に提携される可能性(Commercial Times)(6/14)

・英国の居住用不動産市場は公共投資の削減と財政規律厳格化により新たな軟化を示す可能性がある(Times)(6/14)

・ECBノワイエ―ユーロの変動は正常の範囲内、現レベルはEUの輸出競争力に寄与する(6/14)

・スペインのCajasturとその他3行はスペインの救済措置(FBOR)から総額1.49bioEURの救済を必要としている(El Economista(6/13)

・中国の5月直接対外投資(前年比)+27.5%(予想23.2%)

・カナダ財務相―カナダ経済は問題を抱える他国状況にもかかわらず回復が継続している(6/12)

・ギリシャ首相―債務支払いの見直しやユーロ脱退のオプションはないことを再度確認する(6/12)

・EUバロッソ委員―ユーロゾーンの規制強化に対するコンセンサスが強くなりつつある(6/12)

・ギリシャ首相―1月から5月の財政赤字は前年比で40%縮小した。ターニングポイントの最初のサインが見られる(6/12)

・FEDコチャラコタ理事―米経済は十分に回復基調にある。成長とインフレ見通しに対して楽観的である(6/12)




NYK closing

Sydney range

Tokyo5:00am

USDYEN

91.60

91.74-76

91.75

EURUSD

1.2108

  1.2109-1.2115

1.2110

GBPUSD

1.4548

  1.4546-1.4550

1.4548

EURYEN

110.91

  111.05-111.16

111.11

GBPYEN

133.28

   133.47-133.52

133.48

AUDUSD

0.8501

  0.8530-0.8537

0.8531

AUDYEN

77.87

     78.29-78.33

78.30

NZDUSD

0.6895

.0.6920-0.6940

0.6925

NZDYEN

     63.18

63.45-63.65

63.53

DOWCFD

10211

10211

OIL CFD

73.78

73.83

GOLDCFD

1230

1230

Then, have a nice day!!

Joe

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 今週の豪ドル相場:津田 | トップページ | 徐行運転を再開! ; かかし »

2津田穣(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週の豪ドル相場:津田 | トップページ | 徐行運転を再開! ; かかし »