« プラザ合意も今回のトロントサミットも同じです | トップページ | センチメント »

2010年6月28日 (月)

ドルインデックス:水谷

ドルインデックスは12月1日安値74.36起点のギャンライン1x2(現在86.80)を大きく下回ってきています。

Dollindexjun28

今月の雇用統計の悪い数字、住宅関連の指標の悪い数字、そしてFOMC声明文の景気悪化を危惧する表現、外部環境の悪さを指摘する表現など、長短金利低下傾向にあることによるものです。シカゴ筋は欧州通貨中心にポジションを縮める動きを強めており、欧州金融環境から米国金利を心配しているのではとも解釈できます。今週金曜日の雇用統計が注目ですね。国勢調査要員という要因(40万人)が今月ははげ落ちることになり、水曜日のADPにも注目、そして本番金曜日となります。良い数字であれば、1x2に戻ることも想定されますが、FRBが欧州金融危機の影響を心配しているようであり、利上げは益々遠のく予想となります。この意味では良い数字が出ても長続きしないのではとの発想があるようです。

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« プラザ合意も今回のトロントサミットも同じです | トップページ | センチメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プラザ合意も今回のトロントサミットも同じです | トップページ | センチメント »