« ギリシア、スペイン、ポルトガル金利 | トップページ | 人民元仲値 »

2010年6月30日 (水)

主役は米雇用統計だが脇役も強い

「主役は米雇用統計だが脇役も強い」

*今週の主役は米雇用統計でNFPが-11万で弱くなる。国勢調査の臨時雇用のハゲ落ち。

 その前哨戦が今日のADP雇用者数、明日のチャレンジャー社人員削減数と失業保険申請者数、

*ただその前に世界の株価が下落しリスク回避の円高ドル高が進む

*G20緊縮財政、日本の増税、中国の元切り上げ、増値税撤廃、IPOなどでリスク回避となっている

*日本の増税は円高である(ISバランス論)、増税で成長なら今までも成長していたはず

Ws000008

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ギリシア、スペイン、ポルトガル金利 | トップページ | 人民元仲値 »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主役は米雇用統計だが脇役も強い:

« ギリシア、スペイン、ポルトガル金利 | トップページ | 人民元仲値 »