« ボラード総裁、ウリダシ債は役立つ、日の丸付き | トップページ | RBA議事録、通貨下落は秩序立っていた »

2010年6月15日 (火)

ドル円、上昇ライン下抜けオープン

「ドル円、上昇ライン下抜けオープン」

*6月10日-11日の上昇ラインを下抜いてオープン。上昇基調のリズムが乱れた

*6月4日-7日の下降ラインを上抜いてきた相場であったが。

*薄い雲は91.46の一本相場なので上下にも抜けやすい。

*5月25日-27日の上昇ラインは上値抵抗となろう

*ボリバンは89.56-93.28

*5日線は上向き 

Ws000026 Ws000025

(注文) 

*売りは91.80-91.90で大92.0も大

買いは91.40から中

*損切りは売り買い拮抗

材料)

*日銀政策決定会合あり。景気回復で楽観的見通しとなるか、あくまでデフレ克服目指すか。前者ならまた悪循環も。白川総裁会見
    マンション販売あり

*池田財務副大臣=政府の一員としてデフレ脱却を実現したい、新規国債発行枠44.4兆円への抑制はしっかりやりたい、あすの日銀政  策決定会合に出席する。これまでは官僚が出席していたもの。
*法人企業景気予測調査は大きく改善した=景況感、雇用、売上、経常利益、設備投資改善
*貿易黒字再拡大の中国の人民元改革にも注意したい
*菅首相所信表明のデフレからの脱却が課題、日銀と一体で強力かつ総合的な政策行う

(予定)

15(火)日銀金融政策決定会合、首都圏マンション販売

16(水) 第3次産業活動指数、金融経済月報、

17(木) 景気動向指数改訂値、資金循環統計

18(金) 日銀金融政策決定会合議事要旨(5月20・21日分)、全国粗鋼生産

(講演)

15(火)日銀総裁、ブラードセントルイス連銀総裁、OECDパドアン事務次長
16(水)プロッサー米フィラデルフィア地区連銀、バーナンキ米FRB議長、オバマBP会長会談
17(木)EU首脳会議、IMFストロスカーン専務理事
18(金)

(決算)

16(水)
17(木)カゴメ、KDD、ケンタッキー

(外貨投資)

16(水)プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン グッドライフ2050
17(木)野村AM 南アフリカ資源関連株投信

18(金)

|

« ボラード総裁、ウリダシ債は役立つ、日の丸付き | トップページ | RBA議事録、通貨下落は秩序立っていた »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、上昇ライン下抜けオープン:

« ボラード総裁、ウリダシ債は役立つ、日の丸付き | トップページ | RBA議事録、通貨下落は秩序立っていた »