« 蓮舫大臣、短観は二ついるのでしょうか、一つじゃいけないのですか | トップページ | 欧州これから »

2010年6月14日 (月)

ポンド円、材料弱いがリスク選好の流れでなんとか上げる

「ポンド円、材料弱いがリスク選好の流れでなんとか上げる

*米国に要求はBP賠償用の基金(エスクローA/C)の創設危機

=1バレルに対し4300ドルの賠償、現在86億ドル、200億ドルくらいになればBPの2年分の利益

=16日にオバマ大統領VSBP会長会談

=また賠償金額の支払いについて明確な計画を示すことも要求。

*財政赤字は予想より拡大する見込み

*先週は指標も悪化。4月鉱工業生産(前月比)、前回:+2.0%、予想:+0.4%、今回:-0.4、4月製造業生産指数(前月比)、前回:+2.3%、予想:+0.5%、結果:-0.4

(テク)

*6月8日-10日の上昇ラインと絡んでいる

*悪材料が出てきたのでユーロポンドは上昇

*6月4日-7日の下降ラインを上抜いている。

*雲は137.74-137.94で薄い

*ボリバンは128.18-137.87

*5日線は上向き

Ws000027 Ws000028

(注文)

*売りは135.0で大

*買いは小さく、大は132.0と遠い

*損切りは売り買い小さい

  (材料)上から続く

*今週は雇用、CPI、小売りなど重要指標あり

5月卸売物価指数(コアPPI・前年比)、前回:+4.4%、予想:+4.7%、今回:+4.4%
    4月鉱工業生産(前月比)、前回:+2.0%、予想:+0.4%、今回:-0.4
    =4月製造業生産指数(前月比)、前回:+2.3%、予想:+0.5%、結果:-0.4%

(予定)

15(火)CPI、小売物価指数

16(水)失業率、失業保険申請件数

17(木)小売売上

18(金)マネーサプライM4速報

(講演
16(水)オバマBP会長会談

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 蓮舫大臣、短観は二ついるのでしょうか、一つじゃいけないのですか | トップページ | 欧州これから »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンド円、材料弱いがリスク選好の流れでなんとか上げる:

« 蓮舫大臣、短観は二ついるのでしょうか、一つじゃいけないのですか | トップページ | 欧州これから »