« 個人のFXがインターバンクをしのぐ時代 | トップページ | 外為入門2 »

2010年6月14日 (月)

ディーラーは驚いてはいけない

「ディーラーは驚いてはいけない」

*ディーラーは少々のことで驚いてはいけない。なんでも「フフン」と予想していたかのごとく反応すればいい。時々良きサプライズのニュースで跳びあがったり、悪いサプライズのニュースで落胆して伏せてしまったりする人もいるが、再び席に着いたりする時は状況が変ってしまっていることが多い。驚かず、驚いてもその素振りは見せずに「ユアーズ、マイン」したいものだ。そのためには常に「今日も大きく動く」と想定していればいい。

 それは野球で教えられたともある。絶対に相手あるいは味方がミスするのでそれも想定して動くことなどだ。ディーラーはギャラリーではないので「今日はびっくりしました」で終わってはいけない。ギャラリーが騒いでいる時ほど冷静にしたい。

以上参考文献「野村式FX速習ノート」日本実業出版社

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 個人のFXがインターバンクをしのぐ時代 | トップページ | 外為入門2 »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディーラーは驚いてはいけない:

« 個人のFXがインターバンクをしのぐ時代 | トップページ | 外為入門2 »