« 夏休み期間中の燃油サーチャージ | トップページ | ポンド円、上昇ライン下抜け後横ばい »

2010年6月18日 (金)

ユーロ円、上昇ライン下抜けのまま

「ユーロ円、上昇ライン下抜けのまま」

*6月10日-14日の上昇ラインは下抜けたまま。10日-15日の上昇ラインに絡む

7日-8日の上昇ラインは有効

*まだ緩やかな25日-27日の上昇ラインは上値抵抗となる

*ボリバンは108.79-114.64

*5日線は上向き

*一目雲はまだ遠く118.50

  Ws000025 Ws000026

(注文)

売りは112後半で中、113.0、113.1で大

*買いは売りほど大きくない112前半から111.50へ近付くと大

*損切りは売り買い小さい

(材料)

* ゴンザレス・パラモECB理事=ストレステストの結果を公表することは必要、ECBはストレステストへの協力を支援する

*トゥンペルグゲレルECB理事=ECBの現在の金利水準は適切である、ユーロは生き残る

*トリシェECB総裁 = 金融部門は『実体経済に貢献』すべきだ、規制対象の範囲を拡大する必要がある、金融市場の透明性を高める必要が

ある、公社債購入は時限的措置、ECBは金融スタンスを変更していない。

*独・5月生産者物価指数(前月比)、前回:+0.8%、予想:+0.1%、今回:+0.3%

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夏休み期間中の燃油サーチャージ | トップページ | ポンド円、上昇ライン下抜け後横ばい »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、上昇ライン下抜けのまま:

« 夏休み期間中の燃油サーチャージ | トップページ | ポンド円、上昇ライン下抜け後横ばい »