« 資源税=中国副主席、交渉で豪へ | トップページ | 明日のお楽しみ »

2010年6月21日 (月)

負けそうな時

「負けそうな時」

*負けそうな時に「ZARDの負けないで」を聞くと元気が出てくるだろう。それはさておき

*負けそうな時は

①我慢する

②2倍、3倍返しでひっくり返す

③クロスポジションにしてヘッジをかける(例ドル円を買っていれば、豪ドルドルを買い豪ドル円の買いにしたりするなど様々、証拠金に余裕必要、さらに損を増やすことあり)

④ナンピンをする(計画的ナンピンはいい)

⑤やめて再起を期す(為替であるいは他の仕事で)

 *どれがいいかは自分でストラグルして経験則をだすしかない

*ただ時々思うのはイントラデイPFに素直に売買していればと反省する

*でもやはり実際に体験するしかない、ただやめてほしいのはスワップ狙いで金利を収益の源泉にしようとして始めたのに、途中から変動狙いのにディーラーになってしまうこと(変動は変動、金利は金利)

*負けそうな時だけ処理出来ればいい、上のことをやるような負けそうな流れにもっていかない。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 資源税=中国副主席、交渉で豪へ | トップページ | 明日のお楽しみ »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 負けそうな時:

« 資源税=中国副主席、交渉で豪へ | トップページ | 明日のお楽しみ »