« 豪ドル円、来週雇用統計 | トップページ | 本日のアジア株 小動き »

2010年6月 4日 (金)

NZ円、10日政策金利、利上げか世界に気を使うか

NZ円、10日政策金利、利上げか世界に気を使うか

(テク)

*日足では 25日の下ヒゲで上昇

*その25日からの上昇ラインがサポートで今接している

*5月4日-10日の下降ラインにも今接している

*日足は19日-20日からの下降ラインを上抜いている

*その上に13日-14日の下降ラインも上抜き
*5日移動平均線はまだ上向き

*ボリバンは58.21-69.23

*雲は64.78から  

Ws000014_2 Ws000015_2

(注文)

*売りは小さい

*買いは61.50で中

*損切りは売り買いない

   (材料)

6月10日に政策金利決定がある。0.25%引き上げて2.75%にする見方が多い。過去9カ月で6回利上げして4.5%としたた豪の景気回復の強さからは1年ばかりサイクルが遅れているが漸く景気指標も改善し、かつインフレ懸念も出てきたので利上げは正当化されるだろう。失業率、住宅投資、景況感指数、貿易収支が改善してきている。また2Qインフレ期待指数も+2.8%とインフレターゲットの上限3%に近づいてきている。1QPPIも4Qの-0.4%から+1.8%となった。

 ただNZ経済研究所(ヘラルド紙)は9月ごろまで利上げは急ぐべきでないと発言した。理由はやはりギリシアなど南欧の財政不安が世界景気に影を落とす可能性があるし、NZ経済も回復の途につき始めたばかりで脆弱であるということだ。世界景気に配慮すべきという意見であった。ただ豪は他国景気が脆弱な時から連続利上げをしてきているし、今月はカナダ中銀が利上げをしている。
 前回のG-20声明においても出口戦略においては「各国個別の状況に応じた例外的なマクロ経済支援策及び金融支援策からの信頼性ある出口戦略を練るべきである」となっている。十分に利上げの要件は整ってきている。

(予定)

6月10日(木) 政策金利

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪ドル円、来週雇用統計 | トップページ | 本日のアジア株 小動き »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NZ円、10日政策金利、利上げか世界に気を使うか:

« 豪ドル円、来週雇用統計 | トップページ | 本日のアジア株 小動き »