« 夜はこれから | トップページ | 米下院、雇用創出法案を可決 »

2010年6月 1日 (火)

豪は提訴、NZは外交で、日本の調査捕鯨

「豪は提訴、NZは外交で、日本の調査捕鯨」

豪政府は日本の調査捕鯨を中止させるためハーグの国際司法裁判所に提訴すると発表した。この決定について、NZ政府は、現時点では豪政府に同調して国際訴訟に参加する意思はなく、今後も外交努力を続けていくと明言した。

キー首相は「NZが外交的に解決しようとする理由は、裁判を恐れているからではなく、外交努力の方がうまくいく可能性が高いからだ。もし外交努力が失敗に終わった場合には、豪政府に加わって国際法廷に訴える可能性もある。しかし、裁判は何年もかかる恐れがあるうえ、リスクが大きい。敗訴する可能性さえある裁判をするよりは、外交で解決策を見出すほうがずっと良い」と述べた。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜はこれから | トップページ | 米下院、雇用創出法案を可決 »

為替10年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夜はこれから | トップページ | 米下院、雇用創出法案を可決 »