« 南アランド円注文、材料、予定 | トップページ | ドル円、月曜の株下落円高で雲下限91.41がポイントとなる »

2010年6月 6日 (日)

釜山G-20の簡単まとめ

「釜山G-20の簡単まとめ」

(感想)

*世界景気回復を確認、ギリシア財政問題でのEU/IMFの協調行動を評価、ハンガリー言及なし、為替は言及せず
*中小企業支援は日銀の新規貸出に結び付くのだろう
*出口戦略については特に言及なし
*レバレッジの話は日本のFXのレバレッジ規制に繋がっている

+++以下釜山G-20声明より抜粋、詳細はMOFの声明文でどうぞ+++

http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/g20_220605.pdf

(景気)

各国・地域間でペースに違いはあるものの、世界経済は予想されていたよりも速いペースで回復を続けている。しかしながら、最近の金融市場の変動により、我々は重大な課題が依然としてあることを再認識し、国際協力の重要性が強調されている。

我々は、欧州連合、欧州中央銀行、IMFにより採られた断固とした行動を歓迎する。

我々は、幾つかの国による2010 年に赤字を削減し財政の枠組み・制度を強化するとの最近の発表を歓迎する。各国は、その余力の範囲内で、マクロ経済の安定を維持しつつ、成長の国内における源を拡大する。これは進行中の回復を確実なものとする助けとなろう。

(レバレッジ)

2010 年11 月のソウル・サミットまでに、銀行資本の量と質の双方を改善し、過度なレバレッジとリスク・テイクを抑制する国際的に合意されたルールの提案を求めた。

(中小企業)

我々は、革新的な金融包摂の原則の立案や中小企業への資金支援における成功事例の吟味など、金融包摂における大きな進捗を歓迎した。

(為替)
なし

(他はあまり為替ディーラーには関係がないだろう)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 南アランド円注文、材料、予定 | トップページ | ドル円、月曜の株下落円高で雲下限91.41がポイントとなる »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釜山G-20の簡単まとめ:

« 南アランド円注文、材料、予定 | トップページ | ドル円、月曜の株下落円高で雲下限91.41がポイントとなる »