« ポンド円、上昇ライン下抜けなし | トップページ | NZ円、10日-11日の上昇ラインは下抜いた »

2010年6月16日 (水)

豪ドル円、次回金利決定は7月6日

「豪ドル円、次回金利決定は7月6日」

*6月10-14日の上昇ラインを下抜いた、今のところ戻しもそのラインまで

*6月8日-10日の上昇ラインは生きている

*きっかけはくどいが6月4日-7日の下降ラインを上抜けたこと

*5日線上向き

*ボリバンは71.84-82.93

*雲は82.51のライン雲

Ws000014 Ws000015

(注文)

*売りは78.80で大

*買いは78.0で大

*損切り売りは東京夕刻78.0の大が執行されたが、戻しまた78.0で中が入っている、買いはない

(材料)

本日公表されたRBA議事録(6月1日据置とした政策決定会合)は以下の内容であった。
*一連の政策金利変更が政策上の柔軟性与える
*欧州の混乱がアジアの刺激策の解消遅らせる可能性
*欧州情勢は大幅に悪化している
*通貨下落は全般的に秩序立っていた
*当面は金利据え置きが適切と判断
*豪の中期景気見通しはポジティブ
*2Qインフレ指数を見守る

 5月からの豪ドル下落を正当化したことでやや豪ドルが売られた。
最近の指標では雇用は改善するも住宅などは弱い。それほど景気過熱の心配はないがインフレが徐々に高まっていることが懸念であろう。インフレがターゲット上限の3%をコンスタントに上回れば利上げも選択肢となってくるだろう。 
 
(予定)

15(火) RBA議事録

16(水)豪 WESTPAC景気先行指数

17(木)豪中銀為替取引

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円、上昇ライン下抜けなし | トップページ | NZ円、10日-11日の上昇ラインは下抜いた »

為替10年6月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円、次回金利決定は7月6日:

« ポンド円、上昇ライン下抜けなし | トップページ | NZ円、10日-11日の上昇ラインは下抜いた »