« ディーラーは驚いてはいけない | トップページ | 夜はこれから »

2010年6月14日 (月)

外為入門2

「外為入門2」

2.外国為替と企業業務、個人生活とのかかわり

*ディーラー一度やったらやめられない =ONCE A DEALER、ALWAYS A DEALER

*外為と言えば貿易、日本の大体の貿易傾向をつかむ

貿易量年間 輸出75兆  輸入67兆 計142兆 黒字8兆円
対外純資産181兆円 資産506兆 負債325兆

外国為替を知って国際金融市場を知る
日経新聞朝刊夕刊金融面を読もう
ブログ
 http://gaitame-nomura.cocolog-nifty.com/day/
 http://gaitame-nomura.cocolog-nifty.com/id/

現在の話題=基軸通貨ドルの行方、EU財政危機、中国の台頭など

 外為市場の参加者=輸出、輸入、商社、旅行会社、都市銀行、信託銀行、生命保険、証券、年金、簡保、郵貯、投資信託、日銀、個人
  ヘッジファンド、オイルマネー、投機筋
 
*個人の外国為替に関わるもの=トラベラーズチェック、外貨現金、送金、受け取り、 クレディットカード、航空運賃、ガソリン代、100円ショップ、オンラインショッピング
*為替相場を直接取引しない個人も影響を受ける
*円高円安差益差損転嫁で国民全体にかかわる問題

(講義の目的)

外国為替を学習し世界情勢を知る。国際人としての知識。さらに世界の文化歴史を知ることが出来る

(外国為替関連職業について) 
 
 企業の経理部門、公的機関、資格 ファイナンシャルプランナー、外国為替検定試験、英語、他の語学
自分が為替にかかわっていないと思っていても影響は受ける。ゼロサムゲームはすべての人が分かち合う。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ディーラーは驚いてはいけない | トップページ | 夜はこれから »

外為入門2」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外為入門2:

« ディーラーは驚いてはいけない | トップページ | 夜はこれから »