« FX一喜一憂1、大げさ | トップページ | 米 加 指標 »

2010年5月 6日 (木)

オーストラリアの鉱山税おさらい

「オーストラリアの鉱山税おさらい」

*豪株の下落、豪ドルの下落の一因となっている鉱山税課税のこと

*豪政府は鉱物資源企業の利益に対し40%を課税する方針を打ち出した。2012年7月から実施。施行後2年間で約100億豪ドルの税収が見込まれ法人税の減税やインフラの整備が可能になる。

もちろん資源大手BHPビリトンやリオ・ティントは競争力をそぐものだと反発している。、今後、議会での審議は難航することが予想される。ただラッド首相の支持率も低下傾向である。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« FX一喜一憂1、大げさ | トップページ | 米 加 指標 »

為替10年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアの鉱山税おさらい:

« FX一喜一憂1、大げさ | トップページ | 米 加 指標 »