« 日銀は長期的に成功しているのだろうか | トップページ | トロイオンスの代打登場~♪ »

2010年5月26日 (水)

ドル円、ボリバン、下ヒゲなど

「ドル円、ボリバン、下ヒゲなど」

*バーナンキ議長=中銀は政治の影響を受けない必要、金融・財政政策は明確な境界線が必要、中銀当局者は国民に100%の説明義務、中銀は政策について透明性必要。

*日銀総裁=短期的に政策成功しても長期的な成功意味しない、物価安定と金融システム安定いずれも不可欠、過剰な自信と低金利の継予想は正体の不安定化に。

*昨日は下ヒゲを残し浮上。

*89.70以下は下ヒゲあり20日、21日。昨日も下ヒゲ

*ボリバンは89.30-95.65、いつも通りドル円のボリバン下抜けは戻りが早い

*5月18日-19日の下降ラインは上抜け

*5月6日-20日の上昇ラインとぶつかったのが89円半ば

*5日線は下向き

*日足=雲下、雲は91.41から92.45

  Ws000053 Ws000054

  (注文)

*売りは90半ばで動意あり

*買いは90割れで少々

*損切りはない

(材料)

*北朝鮮の金正日総書記が戦闘準備をとるよう軍に命令した
*5月月例経済報告=景気は着実に持ち直してきている、判断据え置き

菅財務大臣=過度な円高にならないように注視する、行き過ぎた円高は望ましくない、適正水準で安定するのが望ましい。

(予定)

26(水) 日銀金融政策決定会合議事要旨(4月30日分)、企業向けサービス価格指数、バーナンキ議長講演、白川日銀総裁講演

27(木)日 貿易統計

28(金) iPAD販売、日 失業率、有効求人倍率、全世帯家計調査、東京都区部消費者物価指数、全国消費者物価指数、大型小売店販売額速報、小売業販売額・速報

(外貨投資)

26(水) 米5年債、スウェーデン地方金融公社ランド債
27(木)米7年債、野村AM 高金利国際機関債投信、大和証券投信 インドネシア株ファンド
28(金) キャピタルAM フィリピン株ファンド

(決算)

26(水)良品計画、ガリバー
27(木)日生、住友生命、明治安田、三井、富国、朝日、 Jフロント、セブン&アイ、吉野家、
28(金) 内田洋行

(講演)

26(水) バーナンキ議長講演、白川日銀総裁講演

29日 日中韓首脳会談、30日 温首相来日

白川日銀総裁=日本経済への影響は限定的-ギリシャ問題、国内民需の自律的回復の動きが見られる、欧州市場の緊張がさらに高まれば世界経済の下振れリスク、日本株は不安定だが、短期金融市場は安定的に推移、国内雇用の厳しさは若干和らいでいる。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 日銀は長期的に成功しているのだろうか | トップページ | トロイオンスの代打登場~♪ »

為替10年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日銀は長期的に成功しているのだろうか | トップページ | トロイオンスの代打登場~♪ »