« 年間、動いた通貨 | トップページ | 月曜早朝シドニー市況:津田 »

2010年5月24日 (月)

徐行運転を継続!(その2) ; かかし

 先々週は+0.9%と僅かながらも上昇に転じて、ようやく一息ついたと見られた日経平均株価ですが、先週は-6.48%と再び急落してしまいました。デコボコはあるにせよ、底堅い基調を期待していたのですが、その判断は誤りであったと思います。

20100522

 理由は欧州の動向が、想定とは逆に、急速に悪いほうへ傾いてしまったためと考えています。南欧諸国の「財政問題」を越えて、EUのリーダー国間の不協和音が、ユーロ崩壊の恐怖を引き起こしたような気がしています。「ユーロ危機」の急速な進行は予想を上回りました。

 そこで今週をどう見るか?

不透明な環境下ですが、「徐行運転を継続!」したいと考えています。シートベルトと、急ブレーキを踏める態勢は不可欠ですが・・・

 なぜそう考えるのか?

 どうも、日米の株式市場の動きを見ていると、底打ちの兆しらしきものが見えるのです。

 まず、先週金曜日の日経平均株価。245.77円、2.45%の急落であったにもかかわらず、逆行高をした銘柄が目を引きました。

まず、グーグルとの提携を発表したソニーが0.63%上昇しています。

20100521

 

 加えて、代表的な中国関連銘柄である日立建機も1.7%高で終えました。上海市場の上昇に反応したようです。

20100521_2

 ポイントは、欧州問題で悲観一色に見えるマーケットなのですが、意外に冷静に動き始めた様子が見えるということです。(詳細は株式ブログ「スケアクロウ投資経済研究所」の「今日のマーケット動向 521」をご参照ください)

 次にダウ平均株価。先週金曜日は125.38ドル、1.25%上昇しました。大引け前僅か30分での急騰ですから、楽観するわけにはいかないのですが、銀行株の強さに注目しています。JPモルガン・チェースが5.87%の急騰を見せています。

Jpm20100521

 上院で金融制度改革法案が承認されたことが、悪材料出尽くしとされたようです。ここでも、ポイントは、欧州問題の重石にもかかわらず、マーケットが合理的な動きを見せ始めているということです。

 また、大引け前30分に見せたマーケットの急上昇ですが、VIX指数の急落と同時進行になっており、投資家のリスク許容度が高まりを見せました。(ご参考に「VIX指数と国際商品指数」をご覧ください)

Vix20100521

 投資家心理の改善もあって、原油価格が1.07%下落したにもかかわらず、シェブロンの株価が1.2%の上げを見せたことは注目に値すると考えています。(詳細は「米国株式市場を振り返る 521」をご覧ください)

Cvx20100521

 そのようなわけで、株式市場の動きの中に、反騰の兆しを感じているわけです。

 ただし、繰り返しますが、シートベルトと急ブレーキの態勢は不可欠です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 年間、動いた通貨 | トップページ | 月曜早朝シドニー市況:津田 »

日本株」カテゴリの記事

6かかし(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年間、動いた通貨 | トップページ | 月曜早朝シドニー市況:津田 »