« ユーロ円、介入のうわさで戻すもNY株下落でまた売られる | トップページ | 豪ドル円、依然陰線ばかり、指標悪化 »

2010年5月19日 (水)

ポンド円、弱いがボリバン内に戻す、下ヒゲあり

「ポンド円、弱いがボリバン内に戻す、下ヒゲあり」

*英中銀議事録=9対0で政策金利据え置き、債券購入枠の据置きを決定。

(テク)

*5月5日-6日の下降ライン、5月6日-7日の上昇ラインでに裏三角持ち合い

*5月13日-14日の下降ラインがサポート。今日はここまで下ヒゲ長し

*雲は遠く138.61

*ボリバンは131.27-148.86で下限の下抜けから戻す

*5日線は下向き

Ws000010_2 Ws000011_2 

(注文)

*売りは131、132台で小

*買いは130台で小

*損切りは売り買い小さいが若干売りが多い

    (材料) 

*キング中銀総裁=インフレ率の上下変動リスク、インフレ率、1年以内に2%となる可能性大、インフレ率上昇が景気低迷を覆い隠す
  =英・4月消費者物価指数(前月比)、前回:+0.6%、予想:+0.4%、今回:+0.6%
  =英・4月小売物価指数(前月比)、前回:+0.7%、予想:+0.5%、今回:+1.0%

*英失業率が強めであったが英インフレ報告に売りで反応、英中銀総裁の現段階での利上げに否定的発言もポンド売りに。

(予定)

18(火)英CPI、小売物価指数

19(水) BOE議事録
20(木)英 小売売上高

21(金) 英マネーサプライM4

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロ円、介入のうわさで戻すもNY株下落でまた売られる | トップページ | 豪ドル円、依然陰線ばかり、指標悪化 »

為替10年5月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンド円、弱いがボリバン内に戻す、下ヒゲあり:

« ユーロ円、介入のうわさで戻すもNY株下落でまた売られる | トップページ | 豪ドル円、依然陰線ばかり、指標悪化 »