« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ポンド円、ランド円、夕暮れ需給

「ポンド円、ランド円、夕暮れ需給」

Ws000004_2 Ws000005_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

「豪ドル円、NZドル円、夕暮れ需給」

Ws000002_2 Ws000003_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給

「ドル円、ユーロ円、夕暮れ需給」

Ws000000_2 Ws000001_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

米国(メモリアルデー)、英国(バンクホリデー)は休場

*米下院、雇用創出法案を可決-買収ファンド幹部の増税など盛り込む

*カナダはGDP、最近の指標は好調だがリス回避の流れで売られている。明日は政策金利(0.25%利上げ予想)

*南アは貿易収支、最近は小売、GDP良し、CPI低下で良質

*サッカーWカップを上手く運営出来れば、人種間問題も改善するだろう

*NY休みでもFXが出来て不夜城となる幸せ

21:00(南ア)貿易収支(4月)予-22億ZAR 前5億ZAR
21:30(カ)四半期国内総生産(GDP) 前期比年率(1-3月)予5.9% 前5.0%
21:30(カ)鉱工業製品価格 前月比(4月)予-0.2% 前-0.4%

*ECBが金融安定化に関する報告書を発表
*インド1QGDP

+++++++今日の出来事+++++++++

8:01 英 ホームトラック住宅調査
08:50(日)鉱工業生産・速報値 前月比(4月)予2.5% 前1.2%

9:30(豪) 豪TDMIインフレ指数、
10:30(日)毎月勤労統計調査・現金給与総額(前年比)予0.8% 前0.8%
10:30(豪)経常収支(1-3月)予-164.00億AUD 前-174.59億AUD
   (豪)新築販売、民間信用、経常収支、企業収益、在庫
12:00(ニ)NBNZ企業信頼感(5月)予N/A 前49.5
14:00(日)新設住宅着工戸数 前年同月比(4月)予6.6% 前-2.4%
      建設受注(4月)

17:00(EU)マネーサプライM3 前年同月比(4月)予-0.3% 前-0.1%
18:00(EU)消費者信頼感(5月)予-18.0 前-17.5
     5月CPI(予前年比+1.7%)
19:00 日 介入実績

講演=バーナンキ議長、トリシェ総裁講演(韓国9:25)白川日銀総裁(12:00)財務副大臣、エバンズ米シカゴ地区連銀総裁(10:10)、トリシェ総裁&ノボトニーオーストリア中銀総裁(17:00)日中首脳会談、日中経済協力会議(瀋陽)ASEAN湾岸協力会議、小沢幹事長、フィラデルフィア連銀総裁(18:30)
決算=パーク24
外貨投資=ピクテ投信投資顧問 ピクテ・インデックス・ファンド-ブラジル株&中国H株
    中央三井AM オーストラリア公社債ファンド
    損保ジャパンAM 中国本土株

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

為替クイズの御答、為替悠々199

「為替クイズの御答、為替悠々199」

「為替の基礎知識 (CHF、ZARは何の略?)」 「ポン助」 「ファンズ」など前回のクイズの回答 

1. スイスフランはCHFと短縮されるが それは Confederatio Helvetica Franの 略
スイス連邦フランということで Confederatioは連邦、Helveticaは昔スイス地方に住んだガリアの一種族の意味で スイスのこと、スイスフラン硬貨にはそれが刻まれている。

2. 南アランドはZARと短縮される。 Zuid Afrikaansche Republiek の略 アフリカーンス語の語源であるオランダ語に近く「南アフリカ共和国」を表す。 南アは当初オランダの殖民地であり、その後英国領となった。オランダ系アフリカーナは北へ追われトランスバール共和国、オレンジ自由国を設立した。ダイヤが発見されて英蘭の戦い(ボーア戦争)があった。 英国の勝ち。

3. ポンドが愛称ケーブルと呼ばれていることは有名で それはかって外国為替が「電報」(ケーブル)で行われていた時代の名残である。 しかしポンドを操作することは非常に難しく儲けにくいことから私の以前在籍していた邦銀では 嫌われる通貨で蔑称 「ポン助」と呼ばされた。

4. スポットカナダをファンズと呼ぶのは 米国の国内資金市場(日本のコールにあたる)フエッドファンズの決済日が翌日であり、 為替においてカナダドルも決済日が他の通貨の2日後でなく 翌日であることから ファンズと愛称的に呼ばれることになった。

以上 知っていてもあまり価値がないし、儲けにも関係ないことでした。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日はメチャ楽しい、6月スタート

「明日はメチャ楽しい、6月スタート」

こども手当支給開始

*明日は豪加の金利、スイスのGDP、中国PMI、その他ミディアムレアな指標が一杯

1(火)豪月住宅建設許可、小売売上高、 豪中銀政策金利AIG製造業指数、商品価格

日 新車販売、中国製造業PMIスイス・第1四半期GDP独失業率、失業者数増減ユーロ圏製造業PMI、英 製造業PMI、ユーロ圏失業率、 加中銀政策金利、  米 ISM製造業景況指数、建設支出

講演=シカゴ連銀総裁、ノワイエ仏中銀総裁

決算=不二電機

外貨投資=海外投資家保有の日本企業の社債利子が非課税、こども手当支給開始

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

社会貢献 CRM

体調を崩し、1週間仕事を休んでしまいました。

まわりからは、「どれだけ強い菌なんだ」「鬼のかく乱?」など、

普段、健康だけが取り柄のなので、だいぶ言われましたが

復活しました (o^-^o)

えっと

今日取り上げるのは、

CRM 「コーズ(Cause)・リテール・マーケティング」

社会貢献活動に売上の一部をあてるという

「慈善活動付き 社会貢献金融商品」が出ています。

たとえば、CFD商品の

二酸化炭素(CO2)排出枠購入というサービス

これは通常、手数料がかからないCFDだけど

このエコをサービスは有料 その半額を充てる。

そのほかMF事業を運営する国債機関が発行する債券

使途用途がMF事業中心ならと投資家からはどうせ利回りも一緒ならと

250億円も集まったそうです。

地中温暖化問題に取り組むプロジェクト、

途上国の子供ワクチン提供

この資金

どんな方法であれ、たくさん集めて、

貢献事業に使われるなら大賛成です・・・・ ( ̄Д ̄;;

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

さすが・・・

待ちに待った、ipadの販売すごかったですね

我が家では パソコンの苦手な主人が

「欲しいな」と言ってました。

確かに、子供やパソコンを利用しない主婦とか、

ご年配向きかもしれないですね

とにかく利用層は幅広いなと思いましが。

ipod touch を手放さない娘は、

「何あの大きいの?」とちょっと馬鹿にしたように言ってました。

雰囲気的に 祖父に買ってあげた、任天堂DS LLを見た感じだったんでしょうね。

そう思うと、やはりご年配用に見えても仕方ないのでしょう。

中国では、すでに・・・・

ここまですごいと、「さすが」と言ってしまいたくなります。

明日は銀座アップルの前を通るので、いつ頃買えるのか聞いてきます。

もちろん、本物のほうです。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法は、今暫く、ポジションを持たないことを示唆しています。

(この予測方法は、今の状況下で、明日の株価動きを高い確率で予測することができません)

外出のため、発信が遅れてしまいまして、申し訳ありません。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドルインデックス:水谷

ドルインデックスは引き続きブル・ブルですね。

Dollindexmay31

12月1日安値74.36起点のギャンライン1x2(現在85.12 赤線)が大きなサポートで引き続き上昇するのでは。今週の雇用統計発表を目指し、米経済好調を印象づける相場ではないかと思います。

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日は5つの豪指標

「明日は5つの豪指標」

今日もいっぱい豪の指標がありましたが

明日も金利など5つの指標があります

景気指標は依然ほどの強さはないですが

やはりインフレがターゲットを超えてきたのが気がかりです

明日のラインナップ

豪月住宅建設許可、小売売上高、 豪中銀政策金利、AIG製造業指数、商品価格

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

欧州これから

「欧州これから」

英国(バンクホリデー)は休場

*CPI発表あり。EUは一番インフレが落ち着いている。英国はまだ強い

*オーストリア中銀主催の会議「危機後の中央銀行:責任、戦略、手段」
         でトリシェECB総裁が講演
*パパデモスECB副総裁が退任。後任はコンスタンシオ・ポルトガル中銀総裁

*スペイン、11年の歳出を7.7%削減-12年以降の成長予測を引き下げ
*フランス下院、ユーロ圏支援策を31日に審議-ラガルド財務相

17:00(EU)マネーサプライM3 前年同月比(4月)予-0.3% 前-0.1%
18:00(EU) 5月消費者信頼感予-18.0 前-17.5
18:00(EU) 5月CPI(予前年比+1.7%)

*ECBが金融安定化に関する報告書を発表
*インド1QGDP

講演=トリシェ総裁&ノボトニーオーストリア中銀総裁(17:00)フィラデルフィア連銀総裁(18:30)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪 本日全指標

「豪 本日全指標」

5月TDMIインフレ指数前月比+0.5%(4月は+0.4%)
         前年比+3.7%(4月は+2.9%)

4月HIA新築住宅販売 前月比+6.2%(3月は+0.9%)
4月民間信用供与 前月比+0.2%(3月は+0.5%)
        前年比+2.1%(3月は+2.1%)
1Q経常黒字 -165.51億AUD、前回-174.59億AUD

1Q企業収益 +3.9%、前回+3.2%
1Q純輸出  -0.5% 前回ー1.3%
1Q企業在庫 +0.5% 前回+0.2%
5月Rismark住宅価格 460.0K 前回450.0K
 
 あと4Q賃金契約(WAGE AGREEMENT)があります

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

みらいチャート、NTTスマートトレード

「みらいチャートなどシグナルスクエアー、NTTスマートトレード」

シグナルスクエアーとは「シグナル」「ランキング」「みらいチャート」の3つのコンテンツの総称です。テクニカル分析や過去のデータを算出し、今後の相場を分析するほか、過去どのようなパフォーマンスを見せているのかをリアルタイムに表示します。

Ws000006 Ws000007 Ws000008

Ws000009

Ws000010

| | コメント (0)

温家宝首相発言

○通貨は合理的レベルを保持させる

○世界経済は二番底の可能性、予防策を十分に取る必要ある

○出口戦略は時期尚早。

セントラル短資

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、ランチタイム」

「ポンド円、ランド円、ランチタイム」

Ws000015 Ws000016

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、NZドル円、ランチタイム

「豪ドル円、NZドル円、ランチタイム」

Ws000013 Ws000014

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、ユーロ円、ランチタイム

「ドル円、ユーロ円、ランチタイム」

Ws000011 Ws000012

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジア株、資源、金利

「アジア株、資源、金利」

*NYダウとNZは上昇、上海、日経、豪は下げ

*金利小幅上昇

*貴金属下げ

*原油上昇

5月31日 11:00    
NZ50 3062.88 14.93 0.49%
豪AORD 4462.7 -16.3 -0.36%
日経 9742.71 -20.27 -0.20%
上海総合 2632.47 -23.04 -0.87%
NYダウ先物 10159 33 0.33%
5月31日      
1212.9 -2.1  
18.395 -0.027  
プラチナ 1546.5 -2.9  
パラジウム 457.5 -5.95  
原油 74.11 0.14  
3.1235 0.019  
5月31日      
ドル短期 99.19 0.035 プラスは金利低下
米債30年 122.16 -0.05 マイナスは上昇
米債10年 119.23 -0.05  

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「バ議長、トリシェ総裁」

「バ議長、トリシェ総裁」

バ議長「各国中銀の引締めタイミングは異なる公算」

トリシェ総裁「G20が国際協力の第一に討論の場、新興国は経済成長の源-先進国よりうまく危機乗り越えた」

セントラル短資FX

 まだアジアにいるんだ

 

| | コメント (0)

豪、インフレ上昇、TDMIインフレ指数

「豪、インフレ上昇、TDMIインフレ指数」

9時半に発表された5月TDMIインフレ指数は

  前月比+0.5%(4月は+0.4%)、前年比+3.7%(4月は+2.9%)で強いものとなった

インフレターゲットの2%-3%の上限を超えた

*明日の政策金利決定は据置予想が多い。

8か月で6回利上げをした効果で景気指標が弱いからであるが、インフレは強含み推移するというジレンマが出てきている

今日はここから以下のように豪指標が多い

またお伝えしたい

9:30(豪) 豪TDMIインフレ指数、
10:30(豪)経常収支(1-3月)予-164.00億AUD 前-174.59億AUD
   (豪)新築販売、民間信用、経常収支、企業収益、在庫

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

外資系動向、今日のかかしさん日本株

「外資系動向、今日のかかしさん日本株」

*外資系寄り前動向=470万株売り越し

「かかしさんの日本株」http://kakashi490123.cocolog-nifty.com/blog/

*先週金曜日の米国株式市場の下落を受けて、今日の日経平均株価は低目の寄り付きとなりそうです、、、、、

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

鉱工業生産 弱い

国内・4月鉱工業生産(前月比) 

前回:+1.2%
予想:+2.5%
今回:+1.3%

セントラル短資FX

| | コメント (0)

今日の仲値

「今日の仲値」

*5月31日(月):月末だが、米英休日で原則仲値なし、ただそれでも月末に持ち込んでくる外貨需要が少々ある(但し決済は明日以降となる)、米英と関係ない投信あり

*注文:売りがやや多い。損切り小さい
*外貨投資=ピクテ投信投資顧問 ピクテ・インデックス・ファンド-ブラジル株&中国H株
    中央三井AM オーストラリア公社債ファンド
    損保ジャパンAM 中国本土株

*チャート=上昇トレンドラインに沿う、雲は91.41

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今日の焦点、講演多し、豪インフレ、欧CPI、加GDP

「今日の焦点、講演多し、豪インフレ、欧CPI、加GDP 」

楽しい仲間達のブログ情報=今日はかかしさんの日本株情報です

米国(メモリアルデー)、英国(バンクホリデー)は休場

8:01 英 ホームトラック住宅調査
08:50(日)鉱工業生産・速報値 前月比(4月)予2.5% 前1.2%

9:30豪) 豪TDMIインフレ指数
10:30(日)毎月勤労統計調査・現金給与総額(前年比)予0.8% 前0.8%
10:30(豪)経常収支(1-3月)予-164.00億AUD 前-174.59億AUD
   (豪)新築販売、民間信用、経常収支、企業収益、在庫
12:00(ニ)NBNZ企業信頼感(5月)予N/A 前49.5
14:00(日)新設住宅着工戸数 前年同月比(4月)予6.6% 前-2.4%
      建設受注(4月)

17:00(EU)マネーサプライM3 前年同月比(4月)予-0.3% 前-0.1%
18:00(EU)消費者信頼感(5月)予-18.0 前-17.5
     5月CPI(予前年比+1.7%)
19:00 日 介入実績
21:00(南ア)貿易収支(4月)予-22億ZAR 前5億ZAR
21:30(カ)四半期国内総生産(GDP) 前期比年率(1-3月)予5.9% 前5.0%
21:30(カ)鉱工業製品価格 前月比(4月)予-0.2% 前-0.4%

*ECBが金融安定化に関する報告書を発表
*インド1QGDP

講演バーナンキ議長、トリシェ総裁講演(韓国9:25)白川日銀総裁12:00)財務副大臣、エバンズ米シカゴ地区連銀総裁(10:10)、トリシェ総裁&ノボトニーオーストリア中銀総裁(17:00)日中首脳会談、日中経済協力会議(瀋陽)ASEAN湾岸協力会議、小沢幹事長, フィラデルフィア連銀総裁(18:30)
決算=パーク24
外貨投資=ピクテ投信投資顧問 ピクテ・インデックス・ファンド-ブラジル株&中国H株
    中央三井AM オーストラリア公社債ファンド
    損保ジャパンAM 中国本土株

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、朝市」

「ポンド円、ランド円、朝市」

Ws000004 Ws000005

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

Ws000002 Ws000003

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、ユーロ円、朝市

「ドル円、ユーロ円、朝市」

Ws000000 Ws000001

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今週の豪ドル相場:津田

(豪ドル日足)
Image001

(豪ドル円日足)
Image003

先週の豪ドル相場

先週の相場レンジ AUDUSD 0.8066 AUDYEN 72.06-78.04

先週は流れとしては週初リスク回避→週末に向けて回避の動きが後退した。週初はNYK大ルービニ教授がギリシャ・スペイン・ポルトガルのEU脱退の可能性を示唆、スペインが国内貯蓄銀行救済、独の空売り規制、韓国の哨戒艇撃沈問題などがリスク回避の動きを活発化させ世界的に株価が下落。ユーロは一時1.21台に下落し、豪ドルも80セント台、72円近辺まで下落した。しかし悪材料ばかりではなく、米中戦略対話で米中間の緊張が高まらなかったことや、ガイトナー財務長官の英欧歴訪で欧州の政策対応に一応の評価がなされたことなどから、徐々にリスク回避の巻き戻しが活発化した。ユーロは一時1.24台に、また豪ドルも85セント台、78円近辺まで回復を見せたが、金曜日にはフィッチによるスペイン格下げの報道を受けて若干上値を削って越週した。

今週の豪ドル相場

今週の予想レンジ AUDUSD 0.8200-0.8700 AUDYEN 75.00-80.00

今週もリスク要因として依然として欧州ソブリンリスクが残るが、週末の釜山G20や更に6月カナダサミットを意識した前向きの動きも出てくる可能性がある。また金曜日の米雇用統計は50万人程度の非農業部門就業者数の増加を予想する向きもあり、強い数字が出る場合には米国経済のみならずリスク回避の巻き戻しを助長させる可能性があろう。
また火曜日にはRBA理事会とカナダ政策金利決定が予定される。RBAは金利据え置き予想が一般的であるが声明によって依然利上げサイクルにあることが確認できれば、豪ドルをサポートしよう。またカナダは政策金利を0.25%から0.5%に引き上げることが予想される。金曜日の米雇用統計と併せて、6月はいよいよ日欧以外の先進国で出口論が論議され始めることが考えられ、ここまで欧州悲観論一辺倒であった世界経済に明るい見通しが見えてくる可能性もある。
欧州初めとして主要国当局はここまで問題に対して懸命に政策対応しており、加えて発表される指標が改善を続けるのであれば、悲観的見方に大きく振れた市場にも揺り戻しが入ることが考えられる。豪州国内では火曜日のRBA理事会以外にも水曜日のQ1GDPが注目される。予想前期比+0.7%、(前期+0.9%)と度重なる利上げの影響などから前期から若干の減速予想となっているが、予想程度であれば豪州景気見通しに大きな変更を迫るものとはならないであろう。
5月初旬から大きく値を崩した豪ドル相場であるが、テクニカルにも5月下旬底入れした可能性がある。

ではでは

ジョー

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

月曜早朝シドニー市況:津田

おはようございます。今年の市場も早いもので後半戦に突入です。

今朝のシドニー市場は静かなマーケットの中、ドル円・円クロスが若干弱含み推移しています。金曜日のスペイン格下げの影響が残っているようです。本日英米が休場。今週は明日の豪州、カナダの政策金利決定、金曜日の米雇用統計更に週末の釜山G20と材料が盛りだくさん。今週は欧州ソブリンリスク問題から更に市場が落ち着きを取り戻すか?加えて主要国の出口戦略もそろそろクローズアップされて来るでしょう。
本日シドニーは雨模様、、、先週も湿っぽい天気でした。青空が恋しい今日この頃です。

それではHave a nice week in advance!!

週末の出来事発言等:
・中国鉄鋼協会―世界の鉄鋼需要は2010年10.7%増加予想(5/30)

・英国チェンバーオブコマース―英国経済は回復しつつある、成長予測は2010年1.3%、2011年2.0%(5/30)

・独財務相ショイブレ―ユーロ下落は懸念材料であるが、安定化しつつあるように見える(5/30)

・世界金カウンシルCEO―欧州における金需要はスイスと独の投資家間で異常に強い(5/30)

・中国国連特使He Yafei―中国のみで世界経済回復を実現するのは不可能。全ての国がEUの努力をサポートする必要性がある(5/30)

・独財務相ショイブレ―公的債務削減のために増税も排除せず(5/30)

・ECBは先週末25bioユーロのギリシャ債を購入(5/31)

・ECBシュタークーユーロの購買力は脅かされていない(5/30)

・ECBノワイエー仏の財政赤字/債務は急激に積み上がっている(5/29)
・IMF―トルコのGDPは今年6.25%、来年は4%に落ちる予想。インフレ率は現在の二桁インフレから緩和する予想(5/29)
・フィッチアナリスト・カールトン―民間資金調達の悪化にもかかわらず、今後一年間スペインの格下げをする予定はない(5/29)



NYK closing

Sydney range

Tokyo6:00am

USDYEN

91.04

   90.84-90.99

90.99

EURUSD

1.2271

  1.2256-1.2272

1.2265

GBPUSD

1.4443

  1.4366-1.4596

1.4403

EURYEN

111.71

  111.41-111.69

111.61

GBPYEN

131.61

   130.64-132.66

131.16

AUDUSD

0.8471

  0.8437-0.8458

0.8455

AUDYEN

77.12

     76.72-76.93

76.92

NZDUSD

0.6787

.0.6773-0.6792

0.6780

NZDYEN

     61.80

61.49-61.87

61.65

DOWCFD

10136

10129

OIL CFD

73.97

74.09

GOLDCFD

1215.00

1214.00

Then, have a nice day!!

Joe

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

徐行運転を継続!(その3) ; かかし

 6.48%と大幅な下落を記録した先々週の動きを受けて、不安に満ちたスタートとなった先週の日経平均株価なのですが、終わってみれば僅か0.22%の下げにとどまりました。

20100529

 しかも、日足で1週間の動きを追うと、水曜日以降は尻上がりの回復を見せる堅調な展開でした。

20100529_2

 投資判断を「徐行運転を継続!(その2)」として、ある程度の底堅さをみせるだろうと期待していたのですが、正直なところ、それを上回る堅調さだったという印象です。

 ダウ平均株価は0.56%と日経平均株価を上回る下げになってしまいましたが、大きな差があるわけではありません。相変わらず、日米株価がきれいに連動しています。

20100529_3

 そこで今週の見方ですが、「徐行運転を継続!(その3)」です。

 状況に大きな変化があったということではありません。ただ、先週よりは多少厳しいかという感じで見ています。

 そのように見る理由は2つ。

 1つは、今日(31日、月曜日)のスタートが9,635円近辺となりそうなこと。130円近く下げての寄り付きとなるかもしれないということです。先週金曜日に、ダウ平均株価が122ドル強下落したことが背景です。

 2つ目は、ダウ平均株価が下げた原因でもあるのですが、ユーロの下落基調に大きな変化が確認できないことです。マーケットの重石になることを懸念しています。

 そのようなわけで、日経平均株価の動向を探る上で、ユーロの動きが極めて重要なポイントなっています。

 そこで、ユーロが一体どのような位置にいるのかを、「あるべき為替水準」という観点から考えてみたいと思います。私たちが今どこにいるのか? その位置感覚を確認するためです。

 一つの考え方として、購買力平価を使って見ます。データは財団法人 国際通貨研究所のものを使います。

 まずユーロ円の購買力平価から。企業物価をベースに算出した購買力平価は1ユーロ102.33円となります。

20100529_4

 現在のユーロ円は112円程度のところを推移しています。意外なことに、ユーロは本来あるべき水準からみると、まだ割高なのです。今まであまりにも過大評価されていたということを示唆しています。

20100529_5

 そう考えると、ダイキン工業や日本ガイシなど欧州向けの比重が大きい企業が、なぜ高い収益力を確保していたのかが解るような気がします。

 ついでにユーロドルの購買力平価も見ておきましょう。企業物価ベースで1ユーロ1.236ドル。

20100529_6

 それに対して、現在のユーロドルは1.226ドルとなっていますから、購買力平価にほぼ一致しています。

20100529_7

 このように見ると、ユーロは急落した印象が強いの意ですが、これまでの割高が修正されて、本来の水準に戻ってきたところと見ることも可能かもしれません。

 このあたりの議論の詳細は、私の株式ブログ「スケアクロウ投資経済研究所」の中の「購買力平価でユーロを考える」をご参照願えればと存じます。

 以上から、ユーロがさらに下落する可能性はもちろんあるのですが、下げ余地はかなり小さくなっているような気がしています。それが今週の日経平均株価を多少強気に「徐行運転を継続!」に据え置いている理由の一つでもあります。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

年間動いた通貨

「年間動いた通貨」

*円全面高

*ドル全面高

*カナダ健闘

         
  12月31日 5月28日 変化率%
ドル円 93.3 91.05 -2.25 -2.41
ユーロ円 133.3 111.74 -21.56 -16.17
ポンド円 150.26 131.64 -18.62 -12.39
カナダ円 88.4 86.33 -2.07 -2.34
豪ドル円 83.4 77.15 -6.25 -7.49
NZドル円 67.35 61.8 -5.55 -8.24
スイス円 89.85 78.54 -11.31 -12.59
ランド円 12.55 11.91 -0.64 -5.10
 
  12月31日 5月28日   変化率%
ユーロドル 1.4311 1.2272 -0.2039 -14.25
ポンドドル 1.6157 1.4456 -0.1701 -10.53
ドルスイス 1.0353 1.1588 0.1235 11.93
ドルカナダ 1.0508 1.0542 0.0034 0.32
豪ドルドル 0.898 0.8472 -0.0508 -5.66
NZドルドル 0.7254 0.6785 -0.0469 -6.47
ドルランド 7.4226 7.6448 0.2222 2.99
     
ユーロポンド 0.8857 0.8487 -0.0370 -4.18
ユーロスイス 1.4822 1.4222 -0.0600 -4.05
豪ドルNZドル 1.237 1.2476 0.0106 0.86

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドルNZドルテク、短期で豪ドル高

「豪ドルNZドルテク、短期で豪ドル高」

*月足4月上ヒゲ陰線、5月も陰線だが下ヒゲ長い

*豪は景気指標弱め、鉱山税で重く、NZは予算の所得税減税(消費税は増税)利上げ期待あり。ただ豪も月後半、雇用改善や鉱山税の譲歩といい材料も。NZは指標良いが、10日の政策金利はギリシア危機に配慮して当初の利上げ予想から据置観測も出てきている

*08年10月、09年10月を結んだ上昇ラインは下抜きか

Ws000052

*日足はじり高で陽線多い

*ボリバンの下限から中位へ、材料は上述

*5日線は上向き

*小局面ではそれぞれの国の指標、要人発言で素直に動く。

Ws000053

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ユーロスイス、介入次第

「ユーロスイス、介入次第」

*月足では3月まで陰線が続いていたが、4月は陽線、5月は1.40割れ阻止で介入が入った模様で1.45台へ上昇

Ws000050

*中銀のスイス売り介入か、1.4割れから一時1.45後半へ 、但し介入が引くとすぐさま下落

Ws000051

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

年間、株、資源、金利

「年間、株、資源、金利」

*原油下落、金、パラジウム大幅上昇、他の金属も強い

*株は全面下げ、特に上海

*米国金利も大幅低下

  09年末 5月28日
原油 79.63 73.97 -5.66 -7.11
1,096.70 1215.00 118.30 10.79
CRB 283.38 255.05 -28.33 -10.00
ドルINDEX 77.86 86.78 8.92 11.46
コーン 414.50 359.00 -55.50 -13.39
大豆 1,048.50 937.75 -110.75 -10.56
16.91 18.39 1.48 8.75
パラジウム 403.00 453.00 50.00 12.41
プラチナ 1,466.00 1541.00 75.00 5.12
         
JGB 1.29 1.25 -0.03 -2.72
         
米10年債金利 3.84 3.29 -0.56 -14.47
米30年債金利 4.63 4.20 -0.43 -9.24
米株個別        
フォード 10.00 11.73 1.73 17.30
グーグル 619.98 485.63 -134.35 -21.67
シティ 3.31 3.96 0.65 19.64
VISA 87.46 72.46 -15.00 -17.15
ボーイング 54.13 64.18 10.05 18.57
NYDJ 10,428.50 10136.63 -291.87 -2.80
ナスダック 2,269.15 2257.04 -12.11 -0.53
上海総合 3,277.14 2655.77 -621.37 -18.96
FTSE 5,412.88 5188.43 -224.45 -4.15
DAX 5,957.43 5946.18 -11.25 -0.19
日経 10,546.44 9762.98 -783.46 -7.43

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ユーロポンドテク、弱材料での戦い

「ユーロポンドテク、弱材料での戦い

*月足=3日月連続陰線でユーロ弱くポンド強し

Ws000048

Ws000049

*日足でも独空売り規制と ギリシア支援ドイツ議会通過でやや戻し始めている

*英国は財務担当相が不正経費問題で辞任、BPの原油流出事故あり

*ユーロはスペイン格下げでどちらからも悪材料がでてボラティリティは高い

*ボリバン下限から戻す

*先週27日、28日の上昇ラインあり

*5日線は下向き

*一目の雲下限は0.8780

*3月15日-16日の下降ラインに絡む

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

南アランド円テク、上昇ラインに沿うも週末カブセ

「南アランド円テク、上昇ラインに沿うも週末カブセ

*年足=陰線

*月足=大きく陰線だが下ヒゲも長い

Ws000056

Ws000057 

*日足=20、21、25日の下ヒゲを原動力で上昇、先週末は陰線、カブセ的

*ボリバンでは中位、11.18-13.04

*5日線は上げ

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

*25日-27日、20日-25日の上昇ラインあり

h字18-19日の下降ラインを上抜ける

*20日-21日の上昇ラインあり

Ws000058

| | コメント (0)

2010年5月30日 (日)

月間動いた通貨

「月間動いた通貨」

*大幅円高、大幅ドル高

*ユーロと豪ドルが安い

         
  4月30日 5月28日 変化率%
ドル円 93.85 91.05 -2.80 -2.98
ユーロ円 124.76 111.74 -13.02 -10.44
ポンド円 143.34 131.64 -11.70 -8.16
カナダ円 92.18 86.33 -5.85 -6.35
豪ドル円 86.7 77.15 -9.55 -11.01
NZドル円 68.18 61.8 -6.38 -9.36
スイス円 87.08 78.54 -8.54 -9.81
ランド円 12.67 11.91 -0.76 -6.00
 
  4月30日 5月28日   変化率%
ユーロドル 1.3293 1.2272 -0.1021 -7.68
ポンドドル 1.5274 1.4456 -0.0818 -5.36
ドルスイス 1.0775 1.1588 0.0813 7.55
ドルカナダ 1.0175 1.0542 0.0367 3.61
豪ドルドル 0.9241 0.8472 -0.0769 -8.32
NZドルドル 0.7264 0.6785 -0.0479 -6.59
ドルランド 7.4073 7.6448 0.2375 3.21
     
ユーロポンド 0.8702 0.8487 -0.0215 -2.47
ユーロスイス 1.4324 1.4222 -0.0102 -0.71
豪ドルNZドル 1.2713 1.2476 -0.0237 -1.86

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

5月28日のアジア株と週間騰落率

先週末(5月28日)のアジア株とブラジル、ロシア、南アの株価及び週間騰落率です。

100530
シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシアは、釈迦誕生日で休場です…って、韓国と台湾は、5月21日が釈迦誕生日なんですよね? 日本は4月8日だし。お釈迦様のお生まれになったインドでは5月27日が釈迦誕生日の休日です。お釈迦様のお誕生日って、いったいいつなんでしょう? 
というわけで、シンガポール、インドネシア、タイ、マレーシアは5月27日の終値での週間騰落率です。

5月28日のアジア株は中国の上海総合指数が0.23%下落したほかは上げて終わりました。ブラジルのボベスパ指数、南アフリカのアフリカTOP40指数は下落して引けています。

週間騰落率を見ると、タイのSET指数が3.692%下落、マレーシアのFTSEブルサマレーシアKLCI指数、日経平均株価も下げました。

先週発表されたアジアとブラジルの指標は以下の通りです。

100530_2

タイとフィリピンの10年第一四半期のGDPの前年比が発表されています。

タイは15年ぶりの高成長で、年率換算すると16%の高成長ですが、1-3月期は武力衝突が起きる前ですからね。通年の実質GDPは3.5~4.5%に据え置かれるようです。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドルランドテク、4月12日-30日の上昇ラインに近づいてきている

「ドルランドテク、4月12日-30日の上昇ラインに近づいてきている

Ws000004_3

*月足で7.2-7.5でのもみ合いとなっていたが7.5を上放れ7.5-8.0へ

*ボリバンは上限を抜いたがはなんとかバンドへ

 ボリバンは7.3556-7.9300で上限を一旦大きく上抜いてまたバンド内へ戻っている

*5日線は下落中

*一目の雲をの上限まで戻ってきている

*4月12日-30日の上昇ラインに近づいてきている。下抜けるか

Ws000005_2

Ws000007_2

Ws000008_2

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

カナダ円、雲も見えてきている

「カナダ円、雲も見えてきている」

*年足は5月に陰転

*月足は5月はここまで大陰線

Ws000045

Ws000046

*日足は25日の下ヒゲを元に上昇ライン

*13日-18日の下降ラインを上抜ける

*一目雲は88.71-91.52

*5日線は上向きへ

*ボリバンは82.52-95.80

Ws000047

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

月間、株、資源、金利

「月間、株、資源、金利」

*月間では株は弱い。日経平均が一番下げている

*金は上昇だが、原油や他の貴金属は下落

*米金利も大幅低下

  4月30日 5月28日
原油 86.15 73.97 -12.18 -14.14
1180.70 1215.00 34.30 2.91
CRB 277.71 255.05 -22.66 -8.16
ドルINDEX 81.90 86.78 4.89 5.96
コーン 376.00 359.00 -17.00 -4.52
大豆 1000.00 937.75 -62.25 -6.23
18.68 18.39 -0.29 -1.53
パラジウム 542.00 453.00 -89.00 -16.42
プラチナ 1736.00 1541.00 -195.00 -11.23
         
JGB 1.28 1.25 -0.03 -2.34
         
米10年債金利 3.66 3.29 -0.37 -10.17
米30年債金利 4.52 4.20 -0.32 -7.03
米株個別        
フォード 13.02 11.73 -1.29 -9.91
グーグル 525.70 485.63 -40.07 -7.62
シティ 4.37 3.96 -0.41 -9.38
VISA 90.23 72.46 -17.77 -19.69
ボーイング 72.43 64.18 -8.25 -11.39
NYDJ 11008.61 10136.63 -871.98 -7.92
ナスダック 2461.19 2257.04 -204.15 -8.29
上海総合 2870.61 2655.77 -214.84 -7.48
FTSE 5553.29 5188.43 -364.86 -6.57
DAX 6135.70 5946.18 -189.52 -3.09
日経 11057.40 9762.98 -1294.42 -11.71

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドルカナダテク、25日からの下降ライン

「ドルカナダテク、25日からの下降ライン」

*年足は再び陽線へ、ただし短い

*月足は5月陽線

Ws000042 Ws000043

*日足は25日の長い上ヒゲで下落、25日からの下降ラインが上のレジスタンス

*5月13日-18日の上昇ラインは下抜いている

*雲の上限は1.0304

*ボリバンは0.9992-1.0774

*5日線は下向き

Ws000044

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

NZ円、25日からの上昇ラインがサポート

「NZ円、25日からの上昇ラインがサポート

*さあそろそろ政策金利を語ろう。ボラード総裁が利上げするといった年央へ

(テク)

*年足は陰線に転じている

*月足はGW以降陰線へ

Ws000038 Ws000039

*日足では 25日の下ヒゲで上昇

*その25日からの上昇ラインがサポート

*日足は19日-20日からの下降ラインを上抜いている

*その上に13日-14日の下降ラインも上抜き
*5日移動平均線は上向き

*ボリバンは58.68-70.88

*雲は64.02から

Ws000041

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

南アランド円、注文、材料、予定

南アランド円、注文、材料、予定

  注文) 休みでも普段通り注文あり

*売りは12.10から

*買いは11.80から

*損切りは売りが11.80から小、11.40で中

Ws000021

(材料)

*鉄道賃金スト妥結、ANCはWカップ中はストがないと予測

*CPI前年比4.8は%と依然落ち着き

1Q-GDP(年率換算)前回+3.2%、予想+4.3%、今回+4.6%

*4月PPI(前年比)は上昇、前回+3.7%、予想+4.6%、今回+5.5%

*ズマ大統領、失業は懸念、全体的には成長を再開しているがいくつかの部門は苦しんでいる

*ゴーダン財務相、ギリシア問題は南ア経済に影響してくる

1Q失業率25.2%(4Qは24.3%)

(予定)

31(月)南ア貿易収支

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

NZ円、注文、材料、予定

「NZ円、注文、材料、予定」

(注文)

*売りは61台、62前半は小

*買いは61.0で中

*損切りは売り買いない

Ws000020

(材料)

*NZ HERALDでは6月10日の利上げ確率は65%、欧州不安に配慮で据え置き意見あり

*4月住宅建設許可(前月比)、前回:-0.4%、今回:+8.5%(強い)
*4月貿易収支、前回:+5.67億NZD、予想:+4.55億NZD、今回:+6.56億NZD

*インフレ期待指数2Qは+2.8%、1Qは2.7%、インタゲは1-3%

*減税でインフレ高まる見方あり

*物価上昇、雇用改善で徐々に利上げへの環境整うがただ安全資産の買いの流れで売られている

*ボラード総裁=NZ経済はぜい弱さが後退、金利変更に関しては、年半ばに小幅な変更との市場見通しと一致、金利変更のタイミングは経済の成り行き次第

(予定)

(今週の予定)

31(月)NBNZ企業信頼感

1(火)中国製造業PMI

2(水) NZ商品価格

3(木)

6月10日(木) 政策金利

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

NZドルドルテク、6月10日政策金利

「NZドルドルテク、6月10日政策金利」

*年足で陽線となったのも束の間でGWで陰転。年オープン0.7216

*月足では3月、4月は陽線だったがGWで5月は大陰線

Ws000035

Ws000036

*国内要因は改善している

*日足=25日の下ヒゲで上昇した。

*25日-27日の上昇ラインが維持できるか

*18日-19日の下降ラインがサポートへ

*10日 -13日の下降ラインを一旦上抜いたがまた内側に

*ボリバン現在のレンジは0.6572-0.7458

*5日線は横ばい

Ws000037

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、注文、材料、予定

「豪ドル円、注文、材料、予定」

(注文)

*売りは77台は小

*買いは76.80が中

損切りの売りが76.90で小、近い、買いは76.40大

Ws000019

(材料)

鉱山税課税の譲歩で買われるも、スペイン格下げでのリスク回避の動きで売られる、今週は豪週間。6月1日は政策金利

*ラッド首相=豪ドル、豪株式市場の下落の要因はグローバルなものであり資源税の導入からではない

*一旦利下げをするのではないか(ただし10月)という観測記事が出てきた

*介入のうわさも出た。

*RBA議事録=現行の金融政策は適正な状態に、インフレ率は今度2年間で目標レンジ上限に遠くない水準へ達する見通し

*冴えない指標の中で、4月新規雇用者は増加。

*売り材料は鉱山税40%負担。ラッド首相支持率低下、NAB収益22%ダウン、小売売上不冴え、鉱山税には野党も反対、利上げで株弱い

(予定)

31(月)TDMIインフレ指数、新築販売、民間信用、経常収支、企業収益、在庫

1(火)住宅建設許可、小売売上高、 豪中銀政策金利、AIG製造業指数、商品価格、 日 

2(水)第1四半期GDP、

3(木)貿易収支、AIGサービス業指数

4(金)G-20(釜山)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンド円、注文、材料、予定

「ポンド円、注文、材料、予定」

(注文)

*売りは132台は小、

*買いは130.0で大

*損切りは売り買い小さい、売りは130.0、買いは131.80

Ws000018

  (材料)

英新政権で財政赤字問題の担当閣僚だったローズ財務担当相が29日、議員経費を不正請求したとされる問題で辞任した

*BPは米海底油田流出防止に失敗

キャメロン首相=財政置を講じないと経済は成長しない、財政赤字削減は成長の代替ではない、繁栄・安定したユーロ圏は英国の利益。

*キャメロン首相=英中銀が金利を独立して設定するのが正しい、CPIを制御しているのを確認する必要。 ここ数カ月のインフレの上昇を懸念、それをコントロールするために金利を設定する必要、政府借り入れの削減は可能な限り長く金利を低く維持することを支援するだろう

*オズボーン英財務相=英国はボルカールールを支持、欧州は財政問題に立ち向かうべき

*英失業率が改善したが英インフレ報告に売りで反応、英中銀総裁の現段階での利上げに否定的発言もポンド売りに。

*キング英中銀総裁=「金融危機の終息には程遠い」、英予算削減は一段と厳しくする必要、英経済の下振れリスクは若干高まった、インフレ上昇に対して今利上げするのは適切ではない、ユーロ圏には財政の統合が必要-通貨統合機能させるため。

(予定)

31(月)ホームトラック住宅調査、米英休場

1(火) 製造業PMI

2(水)消費者信用残高、マネーサプライ

3(木)サービス業PMI

4(金)G-20(釜山)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、政策金利あり、下ヒゲのあと上昇ライン

「豪ドル円、政策金利あり、下ヒゲのあと上昇ライン」

*年足=GWをきっかけに陰線へ(オープンは83.48)

*月足も3月、4月はコツコツ上げて5月はドスーーンと落ちる

Ws000032

Ws000033

*日足は先週前半もみ合い下ヒゲを出し上昇へ

*25日-27日の上昇ラインがサポート

*13日-14日の下降ラインは上抜いた

*ボリバンは71.84-90.77、

*5日線は上げ

Ws000034

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ユーロ円、注文、材料、予定

「ユーロ、注文、材料、予定

(注文)

売りは112台は小さい

*買いは111.0で中、110.50で中

*損切りは小さい 

*これでも注文はやや増えてきた

Ws000004

(材料)

*ユーロ=フィッチのスペインの信用格付けを『AAA』から『AA+』に引き下げでユーロ売られる、スペイン議会はサパテロ首相の予算削減計画を承認

*ギリシア10年債7.84%へ上昇

*ガイトナー長官発言=米、国とドイツは景気回復と改革で利益を共有、金融規制の強い枠組みを求めている、赤字削減の必要で合意

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁=ECBのスタンスは適正、ECBの措置は量的緩和ではない。
*ショイブレ独財務相=株に関する空売りの禁止を提案、ヘッジ目的以外のユーロ通貨のデリバティブ取引の禁止も提案

*バローゾ欧州委員長=ユーロは強い通貨、ユーロが問題を引き起こしたわけではない

*オランダ財務相=空売りには協調行動を。ドイツ下院はユーロ圏支援の法案可決。

(今週の予定)

31(月) ユーロ圏マネーサプライM3、消費者物価指数速報 ユーロ圏消費者信頼感

1(火) スイス・第1四半期GDP、 独失業率、失業者数増減、 ユーロ圏製造業PMI、英 製造業PMI、ユーロ圏失業率、

2(水)スイス小売売上、ユーロ圏 生産者物価指数、

3(木)ユーロ圏 サービス業PMI確報、ユーロ圏 小売売上高、

4(金)G-20(釜山)ユーロ圏 第1四半期GDP改定値


(講演)

1(火)ノワイエ仏中銀総裁
2(水)
3(木)
4(金)G-20(釜山)

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、注文、材料、予定

「ドル円、注文、材料、予定」

  (注文)休みでも注文が増えてきている

*売りは91.20が大、91.30以上も中

*買いは90.50が中

*損切りはない

Ws000005

(材料)

*一連の月末指標、設備投資に注目

*日本だけが下落した株。政局も影響か、朝鮮半島問題も

*中国PMI、米雇用、G-20も円相場に影響

日本の指標はやや悪い

*4月小売業販売額(前年比)前回:+4.7%、予想:+3.6%、今回:+4.9%
   4月大型小売店販売額(前年比)、前回:-5.0%、予想:-5.3%、今回:-3.6%
   4月全国消費者物価指数、予想前年比-1.1%、今回1.2%
   4月失業率、予想5.0%、結果5.1%、4月有効求人倍率、予想0.50、結果0.48
   4月全世帯家計調査-消費支出、予想[前年比]+2.5%、結果-0.7%

*菅財務大臣は為替相場については「過度な円高にならないように注視する、行き過ぎた円高は望ましくない、適正水準で安定するのが望ましい」とコメントしている。

*4月通関ベース貿易収支、予想+7005億円、今回+7423億円

*5月月例経済報告=景気は着実に持ち直してきている、判断据え置き

(予定)

31(月)米英休場、日 鉱工業生産・速報、毎月勤労統計、住宅着工、建設工事受注、自動車輸出、平衡操作
1(火) 日 新車販売、中国製造業PMI、

2(水)
3(木)日・第1四半期法人企業景気予測調査-設備投資、 景気動向指数

4(金)G-20(釜山) 米 非農業部門雇用者数、失業率

(講演)

31(月)日中首脳会談、白川総裁講演、日中経済協力会議(瀋陽)ASEAN湾岸協力会議、小沢幹事長
2(水)日銀須田委員
4(金)G-20(釜山)

(決算)

31(月)パーク24、
1(火)不二電機、
2(水)伊藤園、
3(木)ピジョン
4(金)

(外貨投資)

31(月)ピクテ投信投資顧問 ピクテ・インデックス・ファンド-ブラジル株&中国H株
    中央三井AM オーストラリア公社債ファンド
    損保ジャパンAM 中国本土株
1(火)海外投資家保有の日本企業の社債利子が非課税、こども手当支給開始
2(水)
3(木)野村AM アジアCB投信
4(金)大和証券投資信託委託 ダイワ FEグローバル・バリュー株F

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドルドルテク、鉱山税次第

「豪ドルドルテク、鉱山税次第」

年足がGWで陰線に転じた。

*月足もこれくらい長い陰線は2008年10月以来、0.6あたりでRBAが買い介入。ただその時と比べると2000ポイント以上離れている

Ws000029 Ws000030

*先月から書いているが好調豪ドルも4月中旬より伸び悩み、GWから急落した

*25日-27日の上昇ラインあり

*5月4日-6日の下降ラインが下げのサポートとなっている

*19日-20日の下降ラインもサポート

*14日-17日の下降ラインも控えている

*ボリバンは0.8066-0.9552

*雲下限は0.9065

*5日線は上向き

Ws000031

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今週の外貨投資

「今週の外貨投資」

31(月)ピクテ投信投資顧問 ピクテ・インデックス・ファンド-ブラジル株&中国H株
    中央三井AM オーストラリア公社債ファンド
    損保ジャパンAM 中国本土株

1(火)海外投資家保有の日本企業の社債利子が非課税、こども手当支給開始
2(水)
3(木)野村AM アジアCB投信
4(金)大和証券投資信託委託 ダイワ FEグローバル・バリュー株F

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

スイス円、上昇ライン維持できるか

「スイス円、上昇ライン維持できるか

*年足は大きく陰線

*月足ではGW以降陰線へ

Ws000025 Ws000026

*GWから下げてきていたが25日に反転、上昇ライン上。月曜下抜けるかどうか

*25日の下ヒゲで上昇、効力薄くなるか

*ボリバンは75.41-89.22

*雲は85.87から

5日線はまだ上向き

Ws000028

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今週の決算

「今週の決算」

31(月)パーク24、
1(火)不二電機、
2(水)伊藤園、
3(木)ピジョン
4(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドルスイステク、ユーロ安に連れる強いスイス

「ドルスイステク、ユーロ安に連れる強いスイス」

*年足は4年連続陰線の後今年は陽線 でまだ伸びている

*月足は5月はここまで大陽線、ユーロ安に連れる。

Ws000022 Ws000023

*5月10日-13日の上昇ラインをサポートにボリバン上限まで、その後反落

*25日-27日の下降ライン上抜きにトライするか

*ボリバンは1.0624-1.1799

*5日線は上向き

*一目の雲は遠く1.0662

Ws000024

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今週の講演

「今週の講演

31(月)日中首脳会談、白川総裁講演、日中経済協力会議(瀋陽)ASEAN湾岸協力会議、小沢幹事長、フィラデルフィア連銀総裁(ソウル)
1(火)シカゴ連銀総裁、ノワイエ仏中銀総裁
2(水)日銀須田委員

3(木)アトランタ連銀総裁、ボストン連銀総裁、カンザスシティ連銀総裁、
4(金)アトランタ連銀総裁、G-20(釜山)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンド円テク、3本の上昇ラインの1本目は下抜くだろう

「ポンド円テク、3本の上昇ラインの1本目は下抜くだろう」

*年足=陰線の

*月足=3,4月の戻りから5月はまた陰線へ

Ws000016

Ws000017

*日足では3本の上昇ライン、1本目は下抜くだろう。

*ボリバンは125.49-147.51、落ち着いている

5月13日-20日の下降ラインも遠いがサポートライン

*雲は遠く138.50

*5日線はまだ上向き

Ws000015

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今週の焦点、金利、雇用、GDP、G-20

「今週の焦点、金利、雇用、GDP、G-20」

31(月)英 ホームトラック住宅調査、米英休場、豪TDMIインフレエ指数、新築販売、民間信用、経常収支、企業収益、在庫、NZ NBNZ企業信頼感日 鉱工業生産・速報、毎月勤労統計、住宅着工、建設工事受注、自動車輸出、平衡操作、 ユーロ圏マネーサプライM3、消費者物価指数速報 インド1QGDP、 香港月次政府財政収支、ユーロ圏消費者信頼感、南ア貿易収支、 鉱工業製品価格、3月GDP、第1四半期加GDP

1(火)豪月住宅建設許可、小売売上高、 豪中銀政策金利、AIG製造業指数、商品価格、 日 新車販売、中国製造業PMIスイス・第1四半期GDP、 独失業率、失業者数増減、 ユーロ圏製造業PMI、英 製造業PMI、ユーロ圏失業率加中銀政策金利、 米 ISM製造業景況指数、建設支出

2(水)豪第1四半期GDP、 NZ商品価格、スイス小売売上、英消費者信用残高、マネーサプライ、ユーロ圏 生産者物価指数、米 新車販売、中古住宅販売保留指数

3(木)日・第1四半期法人企業景気予測調査-設備投資、 景気動向指数、 豪 貿易収支、AIGサービス業指数、ユーロ圏 サービス業PMI確報、英 サービス業PMI、ユーロ圏 小売売上高、 米 ADP民間雇用者数、米 新規失業保険申請件数、製造業受注、ISM非製造業景況指数

4(金)G-20(釜山)ユーロ圏 第1四半期GDP、 加 失業率、雇用者数変化、住宅建設許可、 米 非農業部門雇用者数、失業率、加IVEY購買部協会指数

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンドドルテク、2本の上昇ラインで支えられるか

ポンドドルテク、2本の上昇ラインで支えられるか

*年初来で陰線。年オ-プンは1.6111

*月足も陰線

Ws000012 Ws000013

*日足は5月25日-27日の上昇ライン、20日-25日上昇ラインでサポート

*20日-21日の上昇ラインが上値抵抗となる

.*5日線は下向き

*ボリバンは1.4057-1.5525

Ws000014

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

週間動いた通貨

「週間動いた通貨」

*ユーロ安い

*円とドルはマチマチ

*資源通貨は強かった

         
  5月21日 5月28日 変化率%
ドル円 90 91.05 1.05 1.17
ユーロ円 113.12 111.74 -1.38 -1.22
ポンド円 130.08 131.64 1.56 1.20
カナダ円 84.9 86.33 1.43 1.68
豪ドル円 74.91 77.15 2.24 2.99
NZドル円 61.05 61.8 0.75 1.23
スイス円 78.25 78.54 0.29 0.37
ランド円 11.43 11.91 0.48 4.20
 
  5月21日 5月28日   変化率%
ユーロドル 1.2571 1.2272 -0.0299 -2.38
ポンドドル 1.4459 1.4456 -0.0003 -0.02
ドルスイス 1.1494 1.1588 0.0094 0.82
ドルカナダ 1.0593 1.0542 -0.0051 -0.48
豪ドルドル 0.8324 0.8472 0.0148 1.78
NZドルドル 0.678 0.6785 0.0005 0.07
ドルランド 7.874 7.6448 -0.2292 -2.91
     
ユーロポンド 0.8692 0.8487 -0.0205 -2.36
ユーロスイス 1.4451 1.4222 -0.0229 -1.58
豪ドルNZドル 1.2265 1.2476 0.0211 1.72

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ユーロ円テク、金曜の上ヒゲ対25日-27日の上昇ライン

「ユーロ円テク、金曜の上ヒゲ対25日-27日の上昇ライン

*年足陰線

*月足も2月-3月の上昇ラインを切って今月は大陰線

Ws000009 Ws000010

*日足は25日-27日の上昇ラインは月曜は110がサポート

*21日-24日の下降ラインも110でサポート

*日足=5月10日-13日の下降ラインもサポートとなる

*ボリバンは106.64-127.54

*5日線下向きへ

Ws000011

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

週間、株、資源、金利

「週間、株、資源、金利」

*原油、貴金属は上昇

*金利低下

*株下げは日本だけ

  5月21日 5月28日
原油 70.04 73.97 3.93 5.61
1176.10 1215.00 38.90 3.31
CRB 251.40 255.05 3.65 1.45
ドルINDEX 85.44 86.78 1.34 1.57
コーン 369.00 359.00 -10.00 -2.71
大豆 941.00 937.75 -3.25 -0.35
17.65 18.39 0.74 4.19
パラジウム 432.00 453.00 21.00 4.86
プラチナ 1500.00 1541.00 41.00 2.73
         
JGB 1.24 1.25 0.01 1.21
         
米10年債金利 3.24 3.29 0.05 1.45
米30年債金利 4.10 4.20 0.10 2.49
米株個別        
フォード 11.26 11.73 0.47 4.17
グーグル 472.05 485.63 13.58 2.88
シティ 3.75 3.96 0.21 5.60
VISA 74.20 72.46 -1.74 -2.35
ボーイング 64.56 64.18 -0.38 -0.59
NYDJ 10193.39 10136.63 -56.76 -0.56
ナスダック 2229.04 2257.04 28.00 1.26
上海総合 2583.52 2655.77 72.25 2.80
FTSE 5062.93 5188.43 125.50 2.48
DAX 5829.25 5946.18 116.93 2.01
日経 9784.54 9762.98 -21.56 -0.22

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ユーロドルテク、もみ合い弱含み

ユーロドルテク、もみ合い弱含み」

*年足は陰線

*月足は09年1月に迫る1100ポイントの下落

12月から6カ月連続陰線となる。

Ws000006 Ws000007

*日足=先週金曜はやや上ヒゲ。スペイン格下げが効くが後ヅケ材料

*5月19日-26日の上昇ラインがあり、月曜は1.2180あたりがサポート

*5月21日ー24日の下降ラインのサポートも1.2180

*ボリバンは1.1930-1.3444

*一目雲下限は1.442と遠い 

*5日線は下げ

Ws000008

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円テク、雲に入れず

「ドル円テク、雲に入れず」

*年足陰線は陰線のまま。2007年-08年の下降ラインを上抜けていない

*月足は08年8月-09年4月の下降ラインを上抜いたまま。ただ09年11月-10年3月の上昇ラインは一旦下抜いたがライン上に戻ってきた

Ws000001 Ws000002

*日足=雲下限の91.41にトライしたがはね返されたから雲は92.67まで

*上昇ラインは5月6日-20日と5月25日-27日の2つあり、それぞれ90.20、89.50で月曜はサポート

*5月18日-19日の下降ラインを上抜いているが、13日-18日の下降ラインうえ上抜けず

*ボリバンは89.04-95.46

*5日線は上向き

Ws000003

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2010年5月29日 (土)

動いた通貨

「動いた通貨」

*スペイン格下げでリスク回避

*ドル高円高

*ただ1%以上動いた通貨ペアはない

         
  5月27日 5月28日 変化率%
ドル円 91.04 91.05 0.01 0.01
ユーロ円 112.59 111.74 -0.85 -0.75
ポンド円 132.74 131.64 -1.10 -0.83
カナダ円 86.82 86.33 -0.49 -0.56
豪ドル円 77.57 77.15 -0.42 -0.54
NZドル円 62.31 61.8 -0.51 -0.82
スイス円 79.13 78.54 -0.59 -0.75
ランド円 11.99 11.91 -0.08 -0.67
 
  5月27日 5月28日   変化率%
ユーロドル 1.2367 1.2272 -0.0095 -0.77
ポンドドル 1.4584 1.4456 -0.0128 -0.88
ドルスイス 1.15 1.1588 0.0088 0.77
ドルカナダ 1.0481 1.0542 0.0061 0.58
豪ドルドル 0.8519 0.8472 -0.0047 -0.55
NZドルドル 0.6842 0.6785 -0.0057 -0.83
ドルランド 7.593 7.6448 0.0518 0.68
     
ユーロポンド 0.8477 0.8487 0.0010 0.12
ユーロスイス 1.4224 1.4222 -0.0002 -0.01
豪ドルNZドル 1.2438 1.2476 0.0038 0.31

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

先ずは数字、スペイン格下げでリスク回避

「先ずは数字、スペイン格下げでリスク回避」

*米株=米国消費支出弱く、スペイン格下げもあり下落

*中国株=固定資産税導入観測と通信統合政策で引きあい小幅安

*米債券=米株下落、スペイン格下げで安全資産として買われ、利回り低下

*原油=株価下落、需要減少観測で下げる

*貴金属=金はスペイン格下げで安全資産として買われる。白金などは原油、株価下落とともに売られる

*穀物=北米天候良好見通しで売られる

  5月27日 5月28日
原油 74.55 73.97 -0.58 -0.78
1214.40 1215.00 0.60 0.05
CRB 257.72 255.05 -2.67 -1.04
ドルINDEX 86.24 86.78 0.54 0.62
コーン 373.25 359.00 -14.25 -3.82
大豆 951.75 937.75 -14.00 -1.47
18.55 18.39 -0.16 -0.84
パラジウム 459.00 453.00 -6.00 -1.31
プラチナ 1559.00 1541.00 -18.00 -1.15
         
JGB 1.25 1.25 0.00 0.00
         
米10年債金利 3.36 3.29 -0.08 -2.23
米30年債金利 4.26 4.20 -0.05 -1.27
米株個別        
フォード 11.99 11.73 -0.26 -2.17
グーグル 490.46 485.63 -4.83 -0.98
シティ 4.02 3.96 -0.06 -1.49
VISA 73.69 72.46 -1.23 -1.67
ボーイング 65.13 64.18 -0.95 -1.46
NYDJ 10258.99 10136.63 -122.36 -1.19
ナスダック 2277.68 2257.04 -20.64 -0.91
上海総合 2655.92 2655.77 -0.15 -0.01
FTSE 5195.17 5188.43 -6.74 -0.13
DAX 5937.14 5946.18 9.04 0.15
日経 9639.72 9762.98 123.26 1.28

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

南アランド円、ノ-ストライキ、Wカップ中は

南アランド円、ノ-ストライキ、Wカップ中は

*鉄道賃金スト妥結、ANCはWカップ中はストがないと予測

*株価 ALSI 27230 (-220) 、NYダウも弱い

*日足=ボリバン内へ戻る、11.18-13.05

*5日線は上向く

*18-19日の下降ラインを上抜いた

*13-18日の下降ラインも上抜く

*25日-27日の上昇ラインに沿う

Ws000017

Ws000018 

注文) 

*売りは12.10から

*買いは11.70から

*損切りは売りが11.85で小

(材料)

*今日は金下げ、白金、パラジウム上げ

4月PPI(前年比)は上昇、前回+3.7%、予想+4.6%、今回+5.5%

*CPI前年比4.8は%と依然落ち着き

1Q-GDP(年率換算)前回+3.2%、予想+4.3%、今回+4.6%

*やはりサッカーワールドカップを上手く運営できるかどうか。国内に黒人、白人で軋轢あり。ズマ大統領にも信頼感なし

*ズマ大統領、失業は懸念、全体的には成長を再開しているがいくつかの部門は苦しんでいる

*ゴーダン財務相、ギリシア問題は南ア経済に影響してくる

1Q失業率25.2%(4Qは24.3%)

Ws000017_2 Ws000018_2

| | コメント (0)

2010年5月28日 (金)

NZ円、住宅強し

「NZ円、住宅強し」

*4月住宅建設許可(前月比)、前回:-0.4%、今回:+8.5%(強い)
*4月貿易収支、前回:+5.67億NZD、予想:+4.55億NZD、今回:+6.56億NZD

*インフレ期待指数2Qは+2.8%、1Qは2.7%、インタゲは1-3%

*昨日のNZ HERALDでは6月10日の利上げ確率は65%、欧州不安に配慮で据え置き意見あり

(テク)

*日足は19日-20日からの下降ラインあり上抜き、ボリバン内へ浮上(ボリバン=58.68ー70.88)

*その上に13日-14日の下降ラインも上抜く

*5日移動平均線は上向き

*雲は64.02から

Ws000015_2 Ws000015_3 Ws000016_2

(注文)

*売りは62台で小

*買いは61.50から小

*損切りは売り買いない

(材料)

*減税でインフレ高まる見方あり

*NZ・生産者物価(1Q)、前回:-0.4%、予想: N/A、今回:+1.8%

*物価上昇、雇用改善で徐々に利上げへの環境整う

*ただ安全資産の買いの流れで売られている

*ボラード総裁=NZ経済はぜい弱さが後退、金利変更に関しては、年半ばに小幅な変更との市場見通しと一致、金利変更のタイミングは経済の成り行き次第

*カギが5月20日の予算。税制改革の所得減税が景気回復を呼び起こすか。消費税は15%に引き上げ。現在税制改革前で消費を手控えている

イングリッシュ財務相は「NZの失業率はピークに達しつつあるようだ」と昨日発言

その後1Q失業率(予想7.3%)が6.0%となった。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、来週金利とGDPその他多数指標あり

「豪ドル円、来週金利とGDPその他多数指標あり」

*ラッド首相=豪ドル、豪株式市場の下落の要因はグローバルなものであり資源税の導入からではない

(テク)

*20-21日の下降ラインは上抜けたが21日-24日の上昇ラインは下抜け

*その上には13日-14日の下降ラインは上抜け

*ボリバンは71.87ー90.76、

*5日線は上げに転じる

Ws000013 Ws000014_2

(注文)

*まだ注文は少ない

*売りは77台は小

*買いは76.80が中

損切りの売りが77.0で中、買いは77.50で中

(材料)

3月コンファレンスボード景気先行指数=前月比+0.3%、2月前月比-0.3%。
   ・1Q民間設備投資は前期比-0.2%。予想は前期比+2.5%

*鉱山税が議論中、譲歩も見られ豪ドルに買い動意あった

*ウェストパック先行指数-3月:0.9%、2月は+0.5%

*一旦利下げをするのではないか(ただし10月)という観測記事が出てきた

*介入のうわさも出た。

*RBA議事録=現行の金融政策は適正な状態に、インフレ率は今度2年間で目標レンジ上限に遠くない水準へ達する見通し

*冴えない指標の中で、4月新規雇用者は増加。

*売り材料は鉱山税40%負担。ラッド首相支持率低下、NAB収益22%ダウン、小売売上不冴え、鉱山税には野党も反対、利上げで株弱い

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンド円、昨夜の上昇から小戻す

「ポンド円、昨夜の上昇から小戻す」

*キャメロン首相=英中銀が金利を独立して設定するのが正しい、CPIを制御しているのを確認する必要。 ここ数カ月のインフレの上昇を懸念、それをコントロールするために金利を設定する必要、政府借り入れの削減は可能な限り長く金利を低く維持することを支援するだろう

     ・5月GFK消費者信頼感調査は悪化、前回:-16、予想:-16、今回:-18

*ボリバンは(125.55-147.49)

*遅々たるも先週よりは落ち着いてきている

5月13日-20日の下降ラインは上抜いた

*20日-25日の上昇ラインに沿う

*雲は遠く138.50

*5日線は上向き

Ws000011 Ws000012 

(注文)

*売りは132台は小、133.40で漸く中

*買いは131.40から

*損切りは売り買い小さい、若干売りが多い

  (材料)

*キャメロン首相=英国は強いユーロ圏を望む、60億ポンドの財政削減は我々の経済に良い影響をもたらす、財政削減と経済成長は両立可能

*オズボーン英財務相=英国はボルカールールを支持、欧州は財政問題に立ち向かうべき

*英失業率が改善したが英インフレ報告に売りで反応、英中銀総裁の現段階での利上げに否定的発言もポンド売りに。

キング英中銀総裁=「金融危機の終息には程遠い」、英予算削減は一段と厳しくする必要、英経済の下振れリスクは若干高まった、インフレ上昇に対して今利上げするのは適切ではない、ユーロ圏には財政の統合が必要-通貨統合機能させるため。

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

6~7月の格安海外ツアー

私、個人投資家なのでちょくちょく投資をしています。
で、今週は、損をしました………(泣)。

この時期は、夏に家族旅行をする資金を増やすのに必死なんですけどね。

というわけで、必死に夏の格安旅行を探してみました。

◆JTB マジっすか?Web専用燃油込みプライス! グアム3日間
設定期間:2010年6月17日~6月30日
旅行代金:2万円(燃油サーチャージ込み)

JTBのウエブサイトに「海外ツアーWeb専用商品(東京発)」なるものが登場しました。これがとにかく安いんです。ツアーの商品名に「マジっすか?」って言葉がついているくらいですから。

このツアーの場合、宿泊はレオパレスリゾートグアム(ラ・クエスタB)で、1日目の午後~夜に成田空港を出発し、3日目の午前中グアムを出発します。ゆっくり過ごせるのは2日目だけですが、グアムなら近いですからアリじゃないでしょうか。ただ、帰国時のホテルから空港の送迎はついていません。追加料金(2000円)の「往路送迎付きプラン」にすれば、自力で空港までいく必要はなくなります。今(22時30分)見た限りでは、6月22日(火)は残席に余裕があります。また、6月17日(木)、29日(火)、30日(水)は空席わずかとなっています。ご興味のあるかたはお早めにどうぞ。

◆JTB マジっすか?Web専用燃油込みプライス! 
 中国国際航空利用! 上海万博入場チケット付き!出発日限定!上海4日間
設定期間:2010年6月3日~7月11日
旅行代金:3万5000円(燃油サーチャージ込み)

1日目の夜、成田空港を出発し、4日目の朝、上海の浦東空港を出発して帰国します。上海万博の入場チケットが付いていて、2日目に万博見学ができます。ただし、万博会場への送迎はありません。自分で好きな時に万博を見に行けると言うこともできるんじゃないでしょうか。残席は非常に少なくて、7月4日(日)が残りわずかあるだけのようです。

◆JTB 地球の詩 思い立ったらもうKENYA! 
 マサイマラとナクル湖 7日間 成田発
設定期間:2010年5月1日~10月31日
旅行代金:31万9000円~39万9000円(燃油サーチャージ込み)

このツアーは格安というわけではありません。それなりの値段はしますが、JTBでケニアのサファリに行くツアーのなかでは一番安いものです。私がケニアに行ってみたいという理由で探しただけなんですけど…。
カタール航空利用でドーハを経由して、ナイロビに向かいます。ですので、ケニアで過ごせるのは実質3日。とはいえ、フラミンゴの大群で知られるナイバシャ湖に行ったり、ライオンやアフリカ象、バッファローに会える確率が高い(らしい)サファリマサイマラ国立保護区をドライブしたりします。7月だと14日発が32万9000円、21日、28日発は33万9000円、8月は高めですが、9月は8日、29日が31万9000円、1日が32万9000円で、いずれも空席があります。最低催行人数は6人です。

なお、この他にもいろいろなケニアツアーがあります。エミレーツ航空利用で羽田発なんてのもありますよ。

◆近畿日本ツーリスト 5月28日(金)発売限定!<ネット専用!クリッキー>
 タイムセール グアム 4日間<クラブラウンジ1日利用付!>

設定期間:2010年6月12日~7月14日
旅行代金:3万6800円~5万5800円(燃油サーチャージ込み)

インターネット限定で、販売期間が今日の23時59分までという超限定ツアーです。
宿泊先はグアムマリオットリゾート&スパ(デラックスオーシャンビューの12階以上)で、2日目にエグゼクティブラウンジが利用できるグレードの高いツアーなんですが、3万6800円~5万5800円とお得です。午前便出発で午前便帰国、午後便出発で午後便帰国が選べます。6月13日以降の日~火出発と金曜出発ならば3万6800円です。
ご興味のある方はお急ぎくださいませ。

そのほか、近ツーのツアーでは、「【6・7月出発限定 明洞の人気ホテルに泊まる
ソウル3日間 」
なんてのも安くてよさ気じゃないでしょうか。設定期間は6月6日~7月29日までで、旅行代金は3万7800円から4万4800円(燃油サーチャージ込み)です。

なお、ご覧になった際、売り切れていたらご容赦ください。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ユーロ、5月21日-26日の下降ラインも上抜く

「ユーロ、5月21日-26日の下降ラインも上抜く

ギリシア10年債7.7%へ低下、ECBスマギ理事=金融市場は各国を試している、財政健全化の代替策はない。

*日足=5月10日の長い上ヒゲからの下落。

*5月10日-13日の下降ラインを上抜いた

*5月21日-26日の下降ラインも上抜く

*5月25日-27日の上昇ラインに沿っている

ボリバン(106.74ー127.5)下限から徐々に反発

*5日線下向きから横ばいへ

Ws000009 Ws000010

(注文)

売りは112台は小さい

*買いは112.0から中

*損切りは小さい

(材料)

*ガイトナー長官発言=米、国とドイツは景気回復と改革で利益を共有、金融規制の強い枠組みを求めている、赤字削減の必要で合意

*スペイン議会はサパテロ首相の予算削減計画を承認

*独・6月GFK消費者信頼感調査、前回+3.8、予想+3.6、今回+3.5
     独財務省=銀行課税案を夏期休暇前に議会に提出する

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁=ECBのスタンスは適正、ECBの措置は量的緩和ではない。
*ユーロ圏・3月製造業新規受注(前月比)、前回+1.5%、予想+2.5%、今回+5.2%
*ショイブレ独財務相=株に関する空売りの禁止を提案、ヘッジ目的以外のユーロ通貨のデリバティブ取引の禁止も提案

*バローゾ欧州委員長=ユーロは強い通貨、ユーロが問題を引き起こしたわけではない

*オランダ財務相=空売りには協調行動を。ドイツ下院はユーロ圏支援の法案可決。

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、雲に反転、米指標弱い

「ドル円、雲に反転、米指標弱い」

NY株安で下落。 シカゴPMI悪化

日本の指標はやや悪い

*4月小売業販売額(前年比)前回:+4.7%、予想:+3.6%、今回:+4.9%
   4月大型小売店販売額(前年比)、前回:-5.0%、予想:-5.3%、今回:-3.6%
   4月全国消費者物価指数、予想前年比-1.1%、今回1.2%
   4月失業率、予想5.0%、結果5.1%、4月有効求人倍率、予想0.50、結果0.48
   4月全世帯家計調査-消費支出、予想[前年比]+2.5%、結果-0.7%

(テク)

*一目の雲の下限で跳ね返された(雲は91.41-92.61)

*下ヒゲ3本89.70以下が効いていたが。

*ボリンジャーバンドは現在89.04-95.46、

*5月18日-19日の下降ラインは上抜けている。この下降ラインが今度はサポートとなるのでやはりそれもボリンジャーバンド同様に89.0あたりがサポートとなる。

*5月6日-20日の上昇ラインとぶつかるのは89円後半である。

*5日移動平均線は上向きである。

*菅財務大臣は為替相場については「過度な円高にならないように注視する、行き過ぎた円高は望ましくない、適正水準で安定するのが望ましい」とコメントしている。

Ws000007 Ws000008

  (注文)

ちょっと注文が厚くなってきた

*売りは91.20が大、91.35も

*買いは91.0から中程度

*損切りは売りは90.95から、買いは91.45から

(材料)

*昨日のFTのデイトレのような記事をあたりまえのように中国当局は否定してドル円も戻す

北朝鮮、韓国との国境を閉鎖へとの一部報道。
*4月通関ベース貿易収支、予想+7005億円、今回+7423億円

*5月月例経済報告=景気は着実に持ち直してきている、判断据え置き

(講演)

29日 日中韓首脳会談、30日 温首相来日

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポンド円、ランド円、NY需給


「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000005

Ws000006

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、NZドル円、NY需給

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000003 Ws000003_2 Ws000004

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000001 Ws000002

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

米国、カナダ指標

米国、カナダ指標

米・4月個人所得

前回:+0.3%
予想:+0.4%
今回:+0.4%

米・4月個人消費支出(PCE)(前月比)

前回:+0.6%
予想:+0.3%
今回: 0.0%

米・4月個人消費支出PCEコア・デフレーター(前月比)

前回:+0.1%
予想:+0.1%
今回:+0.1%

カナダ・経常収支(1-3月)
  
前回:-98億CAD
予想:-75億CAD
今回:-78億CAD

セントラル短資FX

| | コメント (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

*個人所得支出、シカゴPMIなど中級の指標あり

*「ガイトナー米財務長官」

・米国は世界的な協調姿勢に完全にコミット
・米独はリスクテイクに関するより保守的な制限実施の重要性について合意
・金融機関に資金を負担させ、危機によるコストをカバーする
・将来的に中国内需は、さらなる世界成長の源となる必要

*米債券は5年、7年と入札低調であった

*オバマ米大統領

・米国経済の回復が、国家安全保障戦略の中心
・保護主義否定、自由貿易主義推奨が世界経済成長につながる

21:30 (加) 第1四半期経常収支(前回-98億)
21:30 (米) 4月個人所得(+0.5%)
21:30 (米) 4月個人支出(+0.3%)
21:30 (米) 4月PCEデフレーター(前回+2.0%)
21:30 (米) 4月PCEコア・デフレーター(+1.2%前年比)
22:45 (米) 5月シカゴ購買部協会景気指数(62.0)
22:55 (米) 5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値(73.5)


講演=OECDフォーラム、スマギECB理事、
29日 日中韓首脳会談、30日 温首相来日

+++++++今日の出来事+++++

*タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアは休場

 7:45 (NZ) 4月住宅建設許可(前回ー0.4%) ( )内は予想、予想無いときは前回)

08:01 (英) 5月GFK消費者信頼感調査(予ー17)
8:15 閣議後会見

08:30 (日) 4月全国消費者物価指数(予-1.4%)
08:30 (日) 5月東京都区部消費者物価指数(-1.2%)
08:30 (日) 4月失業率 (5.0%)
08:30 (日) 4月有効求人倍率(0.5)
08:30 (日) 4月全世帯家計調査-消費支出(+2.6%)
08:50 (日) 4月大型小売店販売額・速報(-5.3%)
08:50 (日) 4月小売業販売額・速報(+3.6%)
12:00 (NZ)4月マネーサプライ(前回ー3.5%)

15:00 (独) 4月輸入物価(+1.5%前月比)
15:15 (スイス) 4月貿易収支 (前回+20.1億CHF)
18:30 (スイス) 5月KOF先行指数(前回1.99)

講演=OECDフォーラム、スマギECB理事、
29日 日中韓首脳会談、30日 温首相来日

決算=内田洋行
外貨投資=キャピタルAM フィリピン株ファンド

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

来週の決算

「来週の決算」

(決算)

31(月)パーク24、
1(火)不二電機、
2(水)伊藤園、
3(木)ピジョン
4(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

クイズ通貨の略号、為替悠々198

「クイズ通貨の略号、為替悠々198」
 

公表相場表を見ていると、通貨は略号で表示されている。日本円はJPY、 米ドルはUSD、中国元はCNYかRMBである。(CHINESE YEN あるいは RENMINBI=人民幣の略 中国語でレンミンビと読む。)

 ではスイスフランはCHFで南アランドはZARとなっている。また米国市場などでカナダドルのスポットはファンズ(FUNDS)と呼ばれている。 英国ポンドがケーブルと呼ばれているのは有名だ。 それらの由来はご存知でしょうか。 知っていても儲かるわけではないですが。(回答は次号で) 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

来週の外貨投資

「来週の外貨投資」

31(月)ピクテ投信投資顧問 ピクテ・インデックス・ファンド-ブラジル株&中国H株
    中央三井AM オーストラリア公社債ファンド
    損保ジャパンAM 中国本土株

1(火)海外投資家保有の日本企業の社債利子が非課税、こども手当支給開始(こども手当をFXに使わないように)

2(水)
3(木)野村AM アジアCB投信
4(金)大和証券投資信託委託 ダイワ FEグローバル・バリュー株F

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

来週の講演、会合

「来週の講演、会合」

31(月)日中首脳会談、白川総裁講演、日中経済協力会議(瀋陽)ASEAN湾岸協力会議、小沢幹事長、フィラデルフィア連銀総裁(ソウル)
1(火)シカゴ連銀総裁、ノワイエ仏中銀総裁
2(水)日銀須田委員
3(木)アトランタ連銀総裁、ボストン連銀総裁、カンザスシティ連銀総裁、
4(金)アトランタ連銀総裁、G-20(釜山)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

NY FedがSWAP活用で資金供給:水谷

NY Fed lent $1.242bio via USD Swap lines week of May 26, ECB$1.032bio and Japan $0.210mio との記事がロイターの記事で出ていました。

金融危機に際してのスワップ復活で実行しているようです。欧州金融機関の資金調達難を視野に入れた資金供給のようです。資金調達が緩和されるのではとの観測から、ユーロ高に反応するかも知れません。

それでは。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

来週見どころ、50万増加、豪加金利GDP、中国PMI

「来週見どころ、50万増加、豪加金利GDP、中国PMI」

(来週の見どころ)

31(月)豪TDMIインフレエ指数、NZ NBNZ企業信頼感、日 住宅着工、建設工事受注、、 ユーロ圏 消費者物価指数速報 インド1QGDP、 加 3月GDP、第1四半期加GDP

1(火)豪月住宅建設許可、小売売上高、 豪中銀政策金利、中国製造業PMI スイス・第1四半期GDP独失業率、失業者数増減、 ユーロ圏製造業PMI、英 製造業PMI、ユーロ圏失業率、 加中銀政策金利、  米 ISM製造業景況指数、建設支出

2(水)豪第1四半期GDP、 米 中古住宅販売保留指数、

3(木)日・第1四半期法人企業景気予測調査-設備投資、 景気動向指数、ユーロ圏 小売売上高、 米 ADP民間雇用者数、米 新規失業保険申請件数、製造業受注、ISM非製造業景況指数

4(金)G-20(釜山) 加 失業率、雇用者数変化、住宅建設許可、 米 非農業部門雇用者数、失業率

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

LIBOR ドル・円スプレッド:水谷

LIBORのドルと円のスプレッドを3ヵ月に見ました。

Liborspreadmay28

ドルLIBORは金融機関の資金調達難から上昇気味です。反対に円は低位安定となっています。円を資金で調達し、為替スワップでドルの直物買い先物売りすればドル資金が調達できるのですが、その気配はないようです。裁定取引をすれば、瞬時に利益が転がり込むこととなります。クレジットラインさえ無尽蔵に許されるならば。

現在はユーロ金融危機からリスク回避志向で円が買われる動きですが、チャートポイントを抜いてきており、金利差が再び注目を当てられる傾向が出てくるのではと思わせるチャートとなっています。円は調達資金通貨としては非常に魅力的ですね。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法は、今暫く、ポジションを持たないことを示唆しています。

(この予測方法は、今の状況下で、明日の株価動きを高い確率で予測することができません)。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

欧州これから

「欧州これから」

*中国、クウェート、ロシア、韓国などが外貨準備を維持と発言。FTの一本のあやふやな報道でも相場は動いたものだった。

*ストロスカーンIMF専務理事=欧州は元の軌道に急回復する

ストロスカーンIMF専務理事:スペインの対応良く、金融崩壊のリスクはない
*ムーディーズ=ポルトガルの格付けは変更しない、ギリシャとは違う

15:00 (独) 4月輸入物価(+1.5%前月比)
15:15 (スイス) 4月貿易収支 (前回+20.1億CHF)
18:30 (スイス) 5月KOF先行指数(前回1.99


講演=OECDフォーラム、スマギECB理事、

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

注文解説はここで、外為どっとコム情報ナビ内

「注文解説はここで、外為どっとコム情報ナビ内」

*今月も注文情報は節目で貢献しました

*ドル円の95円の大きな売りと、それがついてもついても注文が出てきたこと

*豪ドル円には87円に見たこともないような売りが出てきたことなどもあって円は急騰(ドル円、豪ドル円については事前に解説済み)

*その後は市場は閑散となり昨日あたりから注文が復活してきました

*損切り注文もスパイス的な示唆をしてくれます

*急落時には売りが、急騰時には買いがなくなるなど面白いパターンもでてきます

*チャートやあ需給情報とともに活用すれば強力な武器となります

Ws000024

Ws000025

P1000015cuu P1000017chumo

http://www.gaitame.com/

https://navi.gaitame.com/g_navi/member/tool/GaitameOrder.aspx

*それでは良い週末をお過ごしください

| | コメント (0)

+50万人の予想、米雇用増加

米雇用増加は+50万人の予想

6月4日(金)です

結構すごいですね、来週もこれで面白そうですね

 虫歯の日、私も最近通っています

| | コメント (0)

ポンド円、ランド円、ランチ需給

「ポンド円、ランド円、ランチ需給」

Ws000030 Ws000031

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

Ws000028 Ws000029

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

Ws000026 Ws000027

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

Joe Tsudaのメルマガより:津田

<懺悔の部屋>―過去の失敗から学ぶもの―

(心理面、技術面、チャート分析の3点より)

(その二百三十九)木を見て森を見ずはトレーダーの特権(技術面)

相場は所詮上がるか下がるか、二つに一つ。だから目先のセンチメントに敏感に反応して上がると思えば買うし、下がると思えば売る。デイトレとしてはそれでいいのだと思う。

もちろんトレンドが見え始めた時、つまり森の全体像が見えてきた時に、ある程度の余裕のあるストップロスを付けて長めのポジションを持ち、それが当たればそれに越したことはない。

しかしトレーダーは森の前に木を見なければならない。

目の前のセンチメントが非常にブルで、どんどんビッドアップしている時に売り込んでいくのは、余程の相場観がある場合を除き、やはり不健全で大きなリスクと隣り合わせと言わざるを得ない。

目の前の木を見ながら一日トレードをして、結果として当たりポジションが残れば、それがまさに森であるとも言える。

ただ同時に大事なことは、木を見るにしても、どの木も同じように見て、テレビゲームのように上がったら売り、下がったら買いを繰り返すのではなく、自分は今森の中のどの位置にいて、なんという種類の木を見ているかを常に忘れないことであろう。

ではでは

Have a nice weekend!!!

Joe Tsuda

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

○○次第の日本経済

「○○次第の日本経済」

*昨日も中国ネタ(外貨準備)で相場が動いた

今後もそうなる。中国次第、BRICs次第、その後はアフリカ次第となろう

*まだ日本は余裕がある。iIPADを買う人も報道する人も徹夜で並ぶ

*余裕あるうちに改革というか事業全廃を

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

横浜が本州を征服

「横浜が本州を征服」

*NZ人口は今年3月までの1年間で約56,300人増加し、現在人口は436万人になった。

 人口増加率は1.3パーセントで、これは2004年以来最高の増加となった。2009年3月においての人口成長は1.0パーセントであった。

国外への移住者が減ったこともまた、移民者の総合計の増加につながった。3月31日時点で、男性人口の半数は35.5歳以上、女性人口の半数は 37.5歳以上となっている。

*ほぼ横浜市と同じ人口。NZの面積はほぼ本州と同じ

*横浜市民だけで本州で暮らすなら快適かもしれない。

*ゆったりのびのびニュージーランド

*ここ数カ月は景気指標も良くなってきた。ただギリシア財政危機に配慮して6月10日には金利据え置き示唆もあるが、別に気にせずやってもらいたい。P1000050nz4

 

| | コメント (0)

「当局は常にオーソドックス」

「当局は常にオーソドックス」

*どこの国も財務省、中央銀行のとる政策や意見はオーソドックスであり堅い。長期的でありデイトレ的ではない

*FTのソースがわからないデイトレ的報道(中国がユーロ外貨準備見直し)でユーロは売られたが、昨日のID為替で指摘したとおり、FTの報道は何度も打ち消され元に戻った

日本は最近、元気で面白い政治家はいない(年寄りの亀井さんくらい)だが、亀井さんなどは「金に糸目をつけず介入しろ」とかいいそうだ。あるいは米国と関係が悪化すれば「米国債を全部売れ」とかいいそうだ。

ただそのようなデイトレが喜びそうな発言は官僚によってすぐに打ち消される

*ちょっと前は亀井さんや原口さんが日本版SWF創設のようなことを示唆した。ただ官僚出身の斎藤次郎郵政代表は「そんな人材は郵政にはいない」ときっぱりと言った。

今後も政治家や報道などの面白い発言、後に修正、というパターンは多くあるので是非活用したい。

当初はせっかくの特ダネなのでのって、30分から数時間で反対報道を待ちたい。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ギリシア、スペイン金利など

「ギリシア、スペイン金利など」

  5月10日 5月18日 5月19日 5月25日 5月26日 5月27日
Germany 2.95 2.77 2.77 2.6 2.65 2.72
Greece 8.26 7.78 8.19 8.18 8.01 7.87
  EU支援          
独金利差 5.31 5.01 5.42 5.58 5.36 5.15
スペイン 4 4.08 4.28 4.24 4.26 4.26
ポルトガル 4.88 4.84 4.68 4.79 4.72 4.8
日本国債 1.305 1.3 1.285 1.22 1.215 1.25
英国債 3.92 3.75 3.67 3.52 3.55 3.61
  1月13日 3月15日 4月28日 5月4日 5月6日 5月7日
Germany 3.39% 3.15 2.99 2.97 2.78 2.79
Greece 5.63% 6.25 11.51 9.79 11.73 12.62
             
独金利差 2.24 3.1 8.52 6.82 8.95 9.83
スペイン 3.82 3.89 4.17 4.13 4.43 4.44
ポルトガル 3.86% 4.25 5.82 5.75 6.45 7.32
日本国債   1.34 1.285 1.28 1.27 1.28
英国債   4.06 3.99 3.84 3.79 3.82

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

外資系動向、今日のかかしさん日本株

「外資系動向、今日のかかしさん日本株」

*外資系寄り前動向=270万株売り越し

「かかしさんの日本株」http://kakashi490123.cocolog-nifty.com/blog/

*ユーロの回復に牽引された米国株式市場の急騰を背景に、今日の日経平均株価の寄り付きは高く、ザラバも堅調な推移が期待できそうです、、、、、

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今日の仲値

「今日の仲値」

*5月28日(金):ゴトキンでやや多め、大台替わりの輸出が出るか
*注文=91.20に損切りの買い。その前の91.10が中の売り、買いは90.80あたりから

*外貨投資=キャピタルAM フィリピン株ファンド
*チャート=5月6日-20日の上昇ラインのサポート。雲は91.41から

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

日本不冴え

「日本不冴え」

4月失業率5.1%(予5.0%)
4月有効求人倍率0.48(予0.50)

4月全国CPI数(前年比):-1.2%(予想-1.1%)
 (除生鮮/前年比):-1.5%(-1.4%)

4月全世帯家計消費支出(前年比):-0.7%(2.5%)

| | コメント (0)

今日の焦点、TGIF本邦一連指標、米個人所得支出

「今日の焦点、TGIF本邦一連指標、米個人所得支出」

楽しい仲間達のブログ情報=今日は大山さんの新興国&トラベル情報です

*タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアは休場

 7:45 (NZ) 4月住宅建設許可(前回ー0.4%) ( )内は予想、予想無いときは前回)

08:01 (英) 5月GFK消費者信頼感調査(予ー17)
8:15 閣議後会見

08:30 (日) 4月全国消費者物価指数(予-1.4%)
08:30 (日) 5月東京都区部消費者物価指数(-1.2%)
08:30 (日) 4月失業率 (5.0%)
08:30 (日) 4月有効求人倍率(0.5)
08:30 (日) 4月全世帯家計調査-消費支出(+2.6%)
08:50 (日) 4月大型小売店販売額・速報(-5.3%)
08:50 (日) 4月小売業販売額・速報(+3.6%)
12:00 (NZ)4月マネーサプライ(前回ー3.5%)

15:00 (独) 4月輸入物価(+1.5%前月比)
15:15 (スイス) 4月貿易収支 (前回+20.1億CHF)
18:30 (スイス) 5月KOF先行指数(前回1.99)
21:30 (加) 第1四半期経常収支(前回-98億)
21:30 (米) 4月個人所得(+0.5%)
21:30 (米) 4月個人支出(+0.3%)
21:30 (米) 4月PCEデフレーター(前回+2.0%)
21:30 (米) 4月PCEコア・デフレーター(+1.2%前年比)
22:45 (米) 5月シカゴ購買部協会景気指数(62.0)
22:55 (米) 5月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値(73.5)


講演=OECDフォーラム、スマギECB理事、
29日 日中韓首脳会談、30日 温首相来日

決算=内田洋行
外貨投資=キャピタルAM フィリピン株ファンド

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

動いた通貨、中国次第

「動いた通貨、中国次第」

*資源通貨大幅高、円安、ドル安、欧州通貨もマイルド高

         
  5月26日 5月27日 変化率%
ドル円 89.89 91.04 1.15 1.28
ユーロ円 109.49 112.59 3.10 2.83
ポンド円 129.3 132.74 3.44 2.66
カナダ円 83.94 86.82 2.88 3.43
豪ドル円 73.86 77.57 3.71 5.02
NZドル円 59.57 62.31 2.74 4.60
スイス円 77.49 79.13 1.64 2.12
ランド円 11.56 11.99 0.43 3.72
 
  5月26日 5月27日   変化率%
ユーロドル 1.2179 1.2367 0.0188 1.54
ポンドドル 1.4387 1.4584 0.0197 1.37
ドルスイス 1.1599 1.15 -0.0099 -0.85
ドルカナダ 1.0707 1.0481 -0.0226 -2.11
豪ドルドル 0.8215 0.8519 0.0304 3.70
NZドルドル 0.6625 0.6842 0.0217 3.28
ドルランド 7.776 7.593 -0.1830 -2.35
     
ユーロポンド 0.8463 0.8477 0.0014 0.17
ユーロスイス 1.4128 1.4224 0.0096 0.68
豪ドルNZドル 1.2381 1.2438 0.0057 0.46

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンド円、ランド円、朝市


「ポンド円、ランド円、朝市」

Ws000022

Ws000023

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

豪ドル円、NZドル円、朝市

「豪ドル円、NZドル円、朝市」

Ws000020 Ws000021

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、朝市」

「ドル円、ユーロ円、朝市」

Ws000018 Ws000019

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

NZ、白雲たなびく、アオテアロア

NZ・4月住宅建設許可(前月比)

前回:-0.4%
予想: N/A
今回:+8.5%

NZ、白雲たなびく、アオテアロア

セントラル短資FX

| | コメント (0)

先ずは数字、なんでも上げ、除くドルインデックス

「先ずは数字、なんでも上げ、除くドルインデックス」

*米株=コストコ、ティファニー決算好調、原油高も好感大幅高

*中国株=原油など商品相場の上昇を好感し上げる

*米債券=株高、7年債入札低調で売られ利回り上昇

*原油=株価堅調、ドル安、ハリケーン多数発生観測で急騰

*貴金属=リスク選好となり安全資産の金は伸び悩む。工業資源は急騰

*穀物=原油、株価につれ高。中国買い付け観測もあり

  5月26日 5月27日
原油 71.51 74.55 3.04 4.25
1213.40 1214.40 1.00 0.08
CRB 252.83 257.72 4.89 1.93
ドルINDEX 87.32 86.24 -1.08 -1.23
コーン 371.50 373.25 1.75 0.47
大豆 938.00 951.75 13.75 1.47
18.31 18.55 0.24 1.31
パラジウム 434.00 459.00 25.00 5.76
プラチナ 1517.00 1559.00 42.00 2.77
         
JGB 1.22 1.25 0.03 2.88
         
米10年債金利 3.19 3.36 0.17 5.26
米30年債金利 4.09 4.26 0.16 3.98
米株個別        
フォード 11.39 11.99 0.60 5.27
グーグル 475.47 490.46 14.99 3.15
シティ 3.86 4.02 0.16 4.15
VISA 73.40 73.69 0.29 0.40
ボーイング 63.26 65.13 1.87 2.96
NYDJ 9974.45 10258.99 284.54 2.85
ナスダック 2195.80 2277.68 81.88 3.73
上海総合 2625.79 2655.92 30.13 1.15
FTSE 5038.08 5195.17 157.09 3.12
DAX 5758.02 5937.14 179.12 3.11
日経 9522.66 9639.72 117.06 1.23

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

南アランド円、鉄道スト終了

南アランド円、鉄道スト終了

*鉄道賃金スト妥結、明日から営業

4月PPI(前年比)は上昇、前回+3.7%、予想+4.6%、今回+5.5%

*CPI前年比4.8は%と依然落ち着き

*南ア株価指数27397(+350)

1Q-GDP(年率換算)前回+3.2%、予想+4.3%、今回+4.6%

*日足=ボリバン内へ戻る、11.18-13.09

*5日線は下げ、明日上向くか

*5月4日-5日の下降ラインでサポート

*18-19日の下降ラインを上抜いた

*13-18日の下降ラインにトライ中

*25日-27日の上昇ラインを引いていいかなと思っているところ

Ws000016 Ws000017

注文) 

*売りは11.85から

*買いは11.70から

*損切りは売りが11.30で小

(材料)

*今日は金、白金、パラジウム上げ

*やはりサッカーワールドカップを上手く運営できるかどうか。国内に黒人、白人で軋轢あり。ズマ大統領にも信頼感なし

*ズマ大統領、失業は懸念、全体的には成長を再開しているがいくつかの部門は苦しんでいる

*ゴーダン財務相、ギリシア問題は南ア経済に影響してくる

1Q失業率25.2%(4Qは24.3%)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

NZ円、6月10日政策金利

「NZ円、6月10日政策金利」

*4月貿易収支、前回:+5.67億NZD、予想:+4.55億NZD、今回:+6.56億NZD

*インフレ期待指数2Qは+2.8%、1Qは2.7%、インタゲは1-3%
*さあそろそろ政策金利を語ろう。ボラード総裁が利上げするといった年央へ

*昨日のNZ HERALDでは6月10日の利上げ確率は65%、欧州不安に配慮で据え置き意見あり

(テク) 

*日足は19日-20日からの下降ラインあり上抜き、ボリバン内へ浮上(ボリバン=58.91ー71.06)

*その上に13日-14日の下降ラインも上抜く

*5日移動平均線は下向き 、明日上向くか

*雲は63.79から

Ws000014 Ws000015

(注文)ない

*売り買いは小

*損切りは売り買いない

(材料)

*減税でインフレ高まる見方あり

*NZ・生産者物価(1Q)、前回:-0.4%、予想: N/A、今回:+1.8%

*物価上昇、雇用改善で徐々に利上げへの環境整う

*ただ安全資産の買いの流れで売られている

*ボラード総裁=NZ経済はぜい弱さが後退、金利変更に関しては、年半ばに小幅な変更との市場見通しと一致、金利変更のタイミングは経済の成り行き次第

*カギが5月20日の予算。税制改革の所得減税が景気回復を呼び起こすか。消費税は15%に引き上げ。現在税制改革前で消費を手控えている

イングリッシュ財務相は「NZの失業率はピークに達しつつあるようだ」と昨日発言

その後1Q失業率(予想7.3%)が6.0%となった。

(予定)

28(金) NZ 住宅建設許可

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

2010年5月27日 (木)

豪ドル円、鉱山税譲歩でも買い

「豪ドル円、鉱山税譲歩でも買い

3月コンファレンスボード景気先行指数=前月比+0.3%、2月前月比-0.3%。
   ・1Q民間設備投資は前期比-0.2%。予想は前期比+2.5%

*鉱山税が議論中、譲歩も見られ豪ドルに買い動意あった

(テク)

*20-21日の下降ラインは上抜けたが21日-24日の上昇ラインは下抜け

*その上には13日-14日の下降ラインは上抜け

*5月4日-5日の下降ラインがサポート

*ボリバンは72.06ー91.29、

*5日線は下げ  、明日上がるか

Ws000012_2 Ws000013_2

(注文)

*まだ注文は少ない

*売りは77.0が大

*買いは76.50から小

損切りの買いは77.0で少々

(材料)

*ウェストパック先行指数-3月:0.9%、2月は+0.5%

*一旦利下げをするのではないか(ただし10月)という観測記事が出てきた

*鉱山税で政府と鉱山大手もめている

*介入のうわさも出た。最近は対ドル、対円のみならず対NZドルでも弱い

*RBA議事録=現行の金融政策は適正な状態に、インフレ率は今度2年間で目標レンジ上限に遠くない水準へ達する見通し

*冴えない指標の中で、4月新規雇用者は増加。

*売り材料は鉱山税40%負担。ラッド首相支持率低下、NAB収益22%ダウン、小売売上不冴え、鉱山税には野党も反対、利上げで株弱い

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ポンド円、静かに上昇

「ポンド円、静かに上昇

キャメロン首相=英国は強いユーロ圏を望む、60億ポンドの財政削減は我々の経済に良い影響をもたらす、財政削減と経済成長は両立可能

*ボリバン内へ戻す(125.65-148.29)

*遅々たるも先週よりは落ち着いてきている

5月13日-20日の下降ラインは上抜いた

*20日-25日の上昇ラインに沿う

*雲は遠く138.50

*5日線は下向き

Ws000010_2 Ws000011_2

(注文)

*売りは131、132台と中

*買いは130割れで動意

*損切りはない

  (材料)

オズボーン英財務相=英国はボルカールールを支持、欧州は財政問題に立ち向かうべき

*英政権施政方針=構造的財政赤字の削減を加速、優先課題は赤字削減と経済成長の回復、選挙制度改革を問う国民投票を計画。

*キャメロン首相はユーロを支える旨発言

*英失業率が改善したが英インフレ報告に売りで反応、英中銀総裁の現段階での利上げに否定的発言もポンド売りに。

キング英中銀総裁=「金融危機の終息には程遠い」、英予算削減は一段と厳しくする必要、英経済の下振れリスクは若干高まった、インフレ上昇に対して今利上げするのは適切ではない、ユーロ圏には財政の統合が必要-通貨統合機能させるため。

(予定)

28(金)  GFK消費者信頼感調査

 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ユーロ、ギリシア金利低下、遅々だが回復

「ユーロ、ギリシア金利低下、遅々だが回復

*ガイトナー長官発言=米、国とドイツは景気回復と改革で利益を共有、金融規制の強い枠組みを求めている、赤字削減の必要で合意

*スペイン議会はサパテロ首相の予算削減計画を承認

*ギリシア金利7.81%へ低下。

*5月6日を除いては急落ではないがボリバンにそって下落中、ちょっと横ばいへ

*日足=5月10日の長い上ヒゲからの下落。

*5月10日-13日の下降ラインを上抜いたがまたそのラインに絡んでいる

*5月20日-21日の上昇ラインが出来たのだがそのラインも下に切った

*ボリバン(106.78ー128.42)下限から徐々に反発

*5日線下向き

Ws000008 Ws000009_2

(注文)

売りは111前半は小、後半は中

*買いは110台は小から中、110.0は大

*損切りは小さい 

(材料)

*独・6月GFK消費者信頼感調査、前回+3.8、予想+3.6、今回+3.5
     独財務省=銀行課税案を夏期休暇前に議会に提出する

*ノボトニー・オーストリア中銀総裁=ECBのスタンスは適正、ECBの措置は量的緩和ではない。
*ユーロ圏・3月製造業新規受注(前月比)、前回+1.5%、予想+2.5%、今回+5.2%
*ショイブレ独財務相=株に関する空売りの禁止を提案、ヘッジ目的以外のユーロ通貨のデリバティブ取引の禁止も提案

*バローゾ欧州委員長=ユーロは強い通貨、ユーロが問題を引き起こしたわけではない

*オランダ財務相=空売りには協調行動を。ドイツ下院はユーロ圏支援の法案可決。

  (予定) 

28(金) スイス 貿易収支、KOF先行指数

(講演)

28(金) スマギECB理事

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

ドル円、注文厚く市場に活気

「ドル円、注文厚く市場に活気」

*昨日のFTのデイトレのような記事をあたりまえのように中国当局は否定してドル円も戻す

北朝鮮、韓国との国境を閉鎖へとの一部報道。
*4月通関ベース貿易収支、予想+7005億円、今回+7423億円

(テク)

*下ヒゲ3本89.70以下が効いた

*ボリンジャーバンドは現在8910-95.61、いつも通りドル円のボリンジャーバンド下抜けは戻りが早いので以下の売りには気をつけたい。

5月18日-19日の下降ラインは上抜けている。この下降ラインが今度はサポートとなるのでやはりそれもボリンジャーバンド同様に89.0がサポートとなる。

*5月6日-20日の上昇ラインとぶつかるのは89円半ばである。

*5日移動平均線はまだ下向きである。一目均衡表の雲は91.41から92.44で見えてきた。

*菅財務大臣は為替相場については「過度な円高にならないように注視する、行き過ぎた円高は望ましくない、適正水準で安定するのが望ましい」とコメントしている。

Ws000006 Ws000007

  (注文)

ちょっと注文が厚くなってきた

*売りは90後半は中

*買いは90.45から、90.20から10銭刻みで大

*損切りはも若干増えてきた。売りは90.15から、買いは90.70(近い)から

*今朝は外貨投資も多かった=米7年債、野村AM 高金利国際機関債投信、大和証券投信 インドネシア株ファンド、アンデス開発公社米ドル債、ノルウェー地方金融公社豪ドル、ランド債

(材料)

*5月月例経済報告=景気は着実に持ち直してきている、判断据え置き

(予定)

28(金) iPAD販売、日 失業率、有効求人倍率、全世帯家計調査、東京都区部消費者物価指数、全国消費者物価指数、大型小売店販売額速報、小売業販売額・速報

(外貨投資)

28(金) キャピタルAM フィリピン株ファンド

(決算)

28(金) 内田洋行

(講演)

29日 日中韓首脳会談、30日 温首相来日

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、NY需給」

「ポンド円、ランド円、NY需給」

Ws000004 Ws000005

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

「豪ドル円、NZドル円、NY需給」

Ws000002 Ws000003

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

「ドル円、ユーロ円、NY需給」

Ws000000 Ws000001

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

米・GDPと失業保険

米・GDP (前期比年率)(1-3月)

前回:+3.2%
予想:+3.4%
今回:+3.0%

米・新規失業保険申請件数

前回:47.1万件
予想:45.5万件 
今回:46.0万件

セントラル短資FX

| | コメント (0)

夜はこれから

「夜はこれから」

*昨夜は米5年債入札が低調、今夜は7年債

*米雇用創出法案、上院可決へ十分な票を確保できる-ボーカス委員長

*ガイトナー米財務長官は26日からの訪欧で、欧州の債務危機について欧州当局と協議する

*米リッチモンド連銀総裁:欧州危機は米経済成長率を押し下げ

*米財務省はシティグループ保有株の20%を売却し62億ドルを得た

21:30 (米) 5/22までの週の新規失業保険申請件数(予43.5万)

21:30 (米) 第1四半期GDP・改定値(予+3.5%)
21:30 (米) 第1四半期個人消費・改定値(予+3.7%)
*未定 (独) 5月消費者物価指数・速報(予前年比+1.2%)


2:00 米7年債入札

講演=ガイトナー長官ジョイブレ独財務相と会談、セントルイス連銀総裁(ストックホルム15:40)、ECBパラモ理事、OECDフォーラム2010、
決算=ティファニー、コストコ、ノベル、ハインツ
外貨投資=米7年債

+++++今日の出来事+++++++

07:45 (NZ) 4月貿易収支(予+5.67億)
08:50 (日) 4月通関ベース貿易収支(予+7003億円)
08:50 (日) 5/22までの対外及び対内証券売買契約等の状況
9:00 豪3月CB先行指数、9:00 1Q 民間設備投資

15:45 (仏) 5月消費者信頼感指数(予ー38)
17:30 (香港) 4月貿易収支
18:30 (南ア) 4月生産者物価指数(前年比+4.5%)

講演=中国エネルギー戦略フォーラム、峰崎財務副大臣会見 (15:45)ガイトナー長官ジョイブレ独財務相と会談、セントルイス連銀総裁(ストックホルム15:40)、ECBパラモ理事、OECDフォーラム2010、
決算=日生、住友生命、明治安田、三井、富国、朝日、 Jフロント、セブン&アイ、吉野家、
外貨投資=野村AM 高金利国際機関債投信、大和証券投信 インドネシア株ファンド、アンデス開発公社米ドル債、ノルウェー地方金融公社豪ドル、ランド債

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

海外休みの注文、ITでポジション管理、為替悠々197

「海外休みの注文、ITでポジション管理、為替悠々197」

東京だけオープンしているので、東京にも海外の各支店のオーダーが集まってきた.リラフレンチとかエキューバスケット等親しみのないオーダーがある、ご親切に、バスケット計算のソフトまで電子メールで送られてきたが使い方が分からない.手計算するファイトなし.どうせ動かない(と思ってはいけない).

海外のオプションディーラーからは、電話が入って来る.やはり常にポジションを持たざるを得ないオプションディーラーはつらい.

300件以上オ-ダーがあるが、今はPCがすべて通貨別、レート別に区分けしてくれるので手間が省ける.つい最近までは人力で区分けし、目が痛くなりながらレート順に並べていたものである.

今は、電子ブローキングやロイターディーリングシステムが自動的にディーリングサポートシステムにインプットされる。瞬時にポジションが把握出来る.自動インプットではないのはボイスブローカーによるものだけであり、この点においてもボイスブローカーは立後れて来る.自動インプットはさらに正確であり、クレディットライン管理も簡単である.

また管理するものからしても、東京だけでなく、瞬時に世界中のディーラーのポジション、損益が把握でき、オーダー状況も分かり、ニュースや大口ディールの伝達も世界中同時に電子メールの掲示板でしることが出来る.

電子ブローキング、インターネット、ディーリングルームのハイテク化で10年前の3分の1の人数で仕事が早く正確に出来るように思う.

しかし邦銀はこのディーリングや管理、伝達のハイテク化でかなり遅れているようである.しかしこれを進めると余剰人員が増える.一概にハイテク、省力化が良いとは言い切れない.

昔のディーリングルームはそれこそ熱気ムンムンの中、徒弟制度で罵声(特にやられているディーラーから)、理不尽な要求、物が飛んだり、人格権侵害のような叱正、セクハラ、残業、徹夜、…等と、およそ銀行とは思えない、他のセクションの人は寄りつかないタコ部屋であったが

現在は様変わりであり、ディーラーも自分のやられを部下のせいにする余地や怒鳴って発散することは出来なくなってきた.やられるのは本当に自分の相場感だけからであり、自己責任である.人間臭さが消えた

| | コメント (0)

明日のお楽しみ

「明日のお楽しみ」

28(金) iPAD販売、日 失業率、有効求人倍率、全世帯家計調査、東京都区部消費者物価指数、全国消費者物価指数、大型小売店販売額・速報、小売業販売額・速報NZ 住宅建設許可、英 GFK消費者信頼感調査、スイス 貿易収支、KOF先行指数、加 第1四半期経常収支、

米 個人所得、個人支出、PCEデフレーター、PCEコア・デフレーターシカゴ購買部協会景気指数、ミシガン大消費者信頼感指数・確報値

講演=スマギECB理事

決算=内田洋行

外貨投資=キャピタルAM フィリピン株ファンド 

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

GDPとCPI、南アフリカ

「GDPとCPI、南アフリカ」

先週は株価、資源価格ともに大幅に下げた。ギリシア財政不安、中国の金融引き締め観測、豪の鉱山業への課税などが影響している。南アランドだけでなく、豪ドル、カナダドル、NZドルも売られている。豪を除けば、南ア、カナダ、NZと景気指標が改善しているが、世界的なリスク回避の流れには逆らえなかった。

南ア経済指標では、3月小売売上高(前年比)予想の+0.3%を上回る結果+1.0%と09年1月以来となるプラスとなった。

南アフリカ中銀は最近の経済情勢については「ユーロ圏の債務危機がリスクである。国内電力価格、賃金、世界経済の動向がインフレに対するリスクだが原油価格による上振れリスクは弱まるだろう」という声明を出している。またマーカス中銀総裁は「ランドのペッグ制、インフレ・ターゲットの取り止めは共に非現実的だ」と発言している。

 ムミネル南ア中銀理事は「為替レートに関し目標を持っていない、ランドのボラティリティを懸念。短期的な資本流入を抑制させる政策は不適切」と述べた。

 ランドについては大きなボラティリティがあった時だけ介入をするということで原則は市場にまかせるということだろう。

25日の1QのGDPは予想の前期比年率で+4.3%より強い4.6%となった。

26日には4月の消費者物価指数の発表があった。予想では前年比+5.0%であったが4.8%へと低下した

*GDP、小売が強く、インフレが低下と理想的な結果となった。この景気の質の良さが反映しランドは昨日からはクロス円の下落の中で強含んでいる。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

今朝の豪指標2つ

「今朝の豪指標2つ」

まだパッとしない指標が続く

*3月コンファレンスボード景気先行指数=前月比+0.3%、2月前月比-0.3%。

*1Q民間設備投資は前期比-0.2%。予想は前期比+2.5%。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一

過去15年間、勝率が6割超を維持してきた予測方法は、今暫く、ポジションを持たないことを示唆しています。

(この予測方法は、今の状況下で、明日の株価動きを高い確率で予測することができません)。

===========

なお、当然のことですが、このコメントに基づく取引で損失が発生しても、当方は一切の責任を負いません。あくまでも自己責任です。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

Euribor先物金利:水谷

Euribor先物は変動が激しい動きとなっています。チャートは9月限です。

Euribbormay271

火曜日に一瞬98.94までつけました。利回りベースでは1.06%です。短期金融市場ではドルを中心に資金を確保する動きが強まっています。ユーリボー金利でもその動きが強まり、変動が激しくなっています。スペインの大手行がECBにリファイナンスレートでの借入を願い出ているとの話のあるようです。かなりの南欧金融機関に資金調達難の話が水面下では進んでいるのではと推測します。今日は落ち着いていますが、再度金利上昇局面ではどこかの金融機関資金調達難が出てくるのではと思うのですが。ユーロ売りは続きそうに思います。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

最短5分で完了、クリック証券

「最短5分で完了、クリック証券」

*最短5分で申し込み完了

https://www.click-sec.com/corp/ad/fx/?aid=fs_a2o8&cid=fs_a2o8&banner_id=fs_a2o8

Ws000029

Ws000030

Ws000027

Ws000028

ODL

| | コメント (0)

豪州の預金金利は何故キャッシュレート(政策金利)より2%近く高いか?:津田

豪州の預金金利は何故キャッシュレート(政策金利)より2%近く高いか?

           高利率豪ドル預金             利率(%)

オンライン貯蓄口座

6カ月定期預金

12ケ月定期預金

Rabo direct

6.40

Rabo direct

6.31

Rabo direct

6.40

ING direct

6.25

UBank

6.21

ME Bank

6.40

UBank

6.21

Citibank

6.20

Suncorp Bank

6.35

Westpac

6.20

Gateway CU

6.15

Citibank

6.30

Bankwest

6.15

Suncorp Bank

6.15

Gateway CU

6.25

上の表を見ていただきたい。当地の市中銀行及び金融サービス会社(貯蓄組合など)の提示している最近の豪州国内預金金利水準である。ちなみに現在オフィシャルキャッシュレートは4.50%であるので貯蓄口座から定期預金に至るまで2%近く政策金利よりも高い利率となっている。弊ファンドで豪ドル預金ファンドを募集し、Commonwealth Bank(CBA)の利率をベースにしているが、何も高利率はCBAに限られている訳ではないのである。
この政策金利から実勢金利の乖離幅は過去10年間で最大となっている。
相対的にリスク性が低く安全資産の一種と目される貯蓄型及び定期預金がだれの手にも6%の金利をオファーしているのだ。金融機関がこのような高金利を投資家にオファーするようになった原因はやはり今回の金融危機にあったと言える。つまり今回の金融危機で市場のファンディングコスト(調達コスト)が急騰した経緯から、金融機関はより安価(銀行間市場と比較して)かつ安定的な資金手当ての道を探った。その結果銀行間の資金調達よりも預金取り込みに注力するようになったのである。またこれは同時に“手元流動性比率を高める”という当局要請に応えるための手段でもあった。そしてこの銀行のオファーする高利回りは年金生活者、貯蓄者、ハイリスクを嫌う投資家などに恰好の投資機会を与えた。また不動産市場の高騰で高値警戒感を持ち始めた投資家がしばらく定期預金に滞留する動きも促した。
2008年のリーマンショックに始まる金融危機が昨年は終息に向かい、一時はリスクアセットの人気が復活した。しかしここにきて表面化した欧州発のソブリンリスクや豪州国内における資源超過利潤税案は再度投資家をリスクアセットから遠ざけつつある。
豪州の株価も今年のピークから10%以上下落したが、株価下落が預貯金へのシフトを加速させた可能性が指摘される。
RBAのエディー総裁補は「定期預金金利は平均して金融危機以前の政策金利マイナス0.5%から政策金利プラス1.0%に上昇した」と最近述べている。
CBAは今年第一四半期には熾烈な預金金利利上げ競争の結果、定期預金金利は一時銀行間金利の水準を上回るレベルまで高騰したと述べている。その後この利上げ競争は若干収まったものの、預金利率はさして低下していない。理由の一つはRBO BANKINGなど豪州では後発の銀行が依然として預金獲得のためにアグレッシブな金利水準をオファーしていることがある。それらの銀行は新顧客を獲得しようと色々な甘味料を用意している。例えば新規顧客に通常より高い利率をオファーしたり、期間限定で更に高利率をオファーしたりする手法である。このようなゲリラ戦法は通常ビッグ4などの大銀行よりは、周辺の中小金融機関が取る手法であるが、投資家は銀行のレーティングよりはむしろ金利水準をショッピングする傾向にあり、4大銀行も渋々利率を引き上げざるを得ないという状況にあるようだ。
豪銀の資金需要は第二次資源ブームで将来的に多くの資源プロジェクトが予定されることや、旺盛な住宅需要を背景とした前向きのものであった。しかしここにきてソブリンリスクや資源税の導入から新規プロジェクト見直し機運が高まり、また6回の利上げにより住宅建設熱も一頃より冷めた感がある。にも拘らず逆に金融危機を経験した金融機関は、今回のソブリンリスクにより再び銀行間の資金調達がいつ何時困難になるかもしれないという恐怖心から再び今度は銀行が預金利率を上げざるを得ないのは皮肉なものである。

日本より断然有利なJUNAX豪ドル預金ファンド  http://junax.com.au/


「Joeの豪ドル道場」FXマガジンにて毎週 月・水・金 執筆中
!


ご購読はこち らから



野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (1)

2発目のカウンターパンチ報道

2発目のカウンターパンチ報道

○外貨準備に関する方針に変更はない。 中国当局

報道合戦面白いですね 楽しく活用しましょう

あやふやな特ダネにはカウンターパンチがつきものなので

一発目を見逃してもなんどもチャンスあり

| | コメント (0)

欧州これから

「欧州これから」

*ガイトナー長官とジョイブレ独財務相が会談

*中国のユーロの外貨準備再検討のようなデイトレ-ダーのような報道は一時的に反応するだけにしたい。もっともらしい報道だが実はもっともではない。

*まもなくストックホルムで米セントルイス連銀総裁が講演する(危機後の中銀の政策課題について)

*ドイツは投機抑制を単独で実行する用意、同意待たない-財務省報道官

*4月の英住宅ローン承認件数、3万5729件に増加-英国銀行協会

*独仏銀はギリシャの損失には対処可能、危機波及なら困難も-OECD

*スペインBBVA:株価が上げ縮小-資金再調達できずとWSJが報道

5:45 (仏) 5月消費者信頼感指数(予ー38)

16:00 スイス1Q雇用
18:30 (南ア) 4月生産者物価指数(前年比+4.5%)



講演=ガイトナー長官ジョイブレ独財務相と会談、セントルイス連銀総裁(ストックホルム15:40)、ECBパラモ理事、OECDフォーラム2010

| | コメント (0)

日本のHSBCで人民元預金

「日本のHSBCで人民元預金」

*HSBCが今日から、日本の支店で人民元預金ができる。円やドルで1千万円以上預ければ、人民元に両替して新口座を作ることができる。中国を訪れた時に人民元で引き出せる。

 *人民元預金の1年定期の金利は年2.25%。為替リスクはもちろんある。

*この口座をもとにクレジットカードを出してもらえれば中国のオンラインショッピングができるか。でももうちょっと中国語を勉強しないと

*ヤフーと中国オンラインショッピングの提携など外貨を外貨でつかえるシステムが出来ていけば、為替差損は防げるようになるだろう

*もちろん今でも面倒な手続きや処理を厭わなければ外貨を外貨でつかえる

| | コメント (0)

水谷さんのブログです

「水谷さんのブログです」

  See my FX view on http://fx-blog.jp/mizutani/ Sry in Japanese. Updated twice a week. Tks.

 水谷さんのツイッターより

| | コメント (0)

ブローカー オブ ザ イヤーのフィリップさんよりお知らせ

ブローカー オブ ザ イヤーのフィリップさんよりお知らせ

Ws000026

フィリップキャピタルグループ
Phillip Capital Group
フィリップキャピタル
証券会社を中核とした金融グループ
本   社 シンガポール http://www.phillip.com.sg/
設   立 1975年6月
資本金 S$350,000,000 (約245億円*)
従業員数 約600人 世界10カ国、20拠点、1700人(グループ全体)

功績と実績
ストックブローカー オブ ザ イヤー 1999 & 2000” 受賞
“イーブローカー オブ ザ イヤー2000” 受賞 
第3位 “自己資本金”
第5位 “高収益証券会社”
第6位 “合計資産額” (1999年KPMG統計)
1996年度 オンライン・トレーディング“POEMS” http://www.poems.com.sg/
1996年度 第5位 マーケットシェア (S$1.45億)

2002年度

株式売買シェア 5.1%
ROE 6.9%
自己資本 2.29億シンガポールドル (約160億円

サービス内容
個人向け 株価指数・外国為替
個人トレーダー
(ローカル)
電子・フロアー取引
法人向け 決済業務

自己売買

マーケットメイカー・トレード

+++++++重要なお知らせ+++++

レバレッジ規制について

平成22年8月1日に「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令」が施行されることに伴い、平成22年8月1日(日)より、取引額の2%以上(最大レバレッジ50倍)の証拠金、平成23年8月1日(月)より、取引額の4%以上(最大レバレッジ25倍)の証拠金の預託を受けずに業者が取引を行うことを禁止するレバレッジ規制が実施されます。そこで、フィリップFXでは、以下の通り証拠金額の算出方法を変更し、レバレッジ規制に対応いたします。
個人のお客様が対象で、法人口座のお客様は変更はございません。

(変更日)

平成22年7月26日(月)

各通貨の週間の最高値を基に1万通貨当たりの想定元本を算出し、その想定元本の2%金額の1千円未満の端数を切り上げた金額を証拠金額とします。
各通貨の証拠金額は、翌週初めに当社サイト上にてご案内し、翌々週の最初のお取引から最終お取引まで適用いたします。

(計算例1)

米ドル/日本円の1万通貨当りの証拠金額
米ドル/日本円の週間最高値が91円10銭の場合
91.10×10,000×2%=18,220
よって、証拠金額は19,000円(1千円単位に切り上げの為)

(計算例2)

ユーロ/米ドルの1万通貨当りの証拠金額
ユーロ/日本円の週間最高値が114円50銭の場合
114.50×10,000×2%=22,900
よって、証拠金額は23,000円(1千円単位に切り上げの為)

以下に証拠金適用のイメージ(スケジュール)を表記します。ご参考下さい。※あくまでもスケジュールです。

日付曜日算定期間周知期間適用期間
1 【A】15(月)~20(土)に適用する証拠金基準額の算定対象期間
2
3
4
5
6
7
8 【B】22(月)~28(土)に適用する証拠金基準額の算定対象期間 【A】15(月)~20(土)に適用する証拠金金額の周知期間
9
10
11
12
13
14
15 【B】22(月)~28(土)に適用する証拠金金額の周知期間 【A】1(月)~6(土)に算出された証拠金金額の適用期間
16
17
18
19
20
21
22 【B】8(月)~13(土)に算出された証拠金金額の適用期間
23
24
25
26
27
28

本件に関するお問い合わせは以下をご参照下さい。

問い合わせ先
カスタマーサービス宛

弊社に口座をお持ちでないお客様:
お問い合わせ窓口(お手続き方法や弊社のサービスについて)
フリーダイヤル0120-883-308

弊社に口座をお持ちのお客様:
サポートダイヤル(お取引等のサポート)
フリーダイヤル0120-286-085

TEL:03-3595-3621 FAX:03-3595-3635
e-mail info-pfkk@phillip.co.jp

PAGE TOP

Ws000025

| | コメント (0)

「ポンド円、ランド円、ランチ需給」

「ポンド円、ランド円、ランチ需給」

Ws000035 Ws000036

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

「豪ドル円、NZドル円、ランチ需給」

Ws000033 Ws000034

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

「ドル円、ユーロ円、ランチ需給」

Ws000031 Ws000032

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

| | コメント (0)

カウンター報道は儲けやすい

「カウンター報道は儲けやすい」

*報道関係も多くの業者があって競争が激しい。

*私は報道業界についてはわからないが為替の特ダネ報道にはパターンがある。

昨夜はFTが中国がユーロ外貨準備を見直すということでユーロが売られた

*最近はユーロが下落していて外貨準備を資産として持つ中国がそう発言してもおかしくない。市場は驚きユーロ売りに反応した

*ライバル他社は出し抜かれたこととなる。万人が認める特ダネならいいが、どこか疑問があればライバル他社はその報道を打ち消して特ダネの価値を低下させる(まったく私の想像だが)。

*ただ根拠もなく記者やディーラーの意見では打ち消せないので、やはり当局や政治家などの権威に打ち消しのコメントを求める。外準は短期の相場変動でデイトレーダーのように動かさないという常識がある。

*中国などは誰が重要人物かわからないのでろいろなコメントを引き出せる。今日もそのケースで「中国の政府系ファンド、欧州投資を継続へ」となったわけである

*このようなパターンはいろいろあるので、びっくりニュースが出てもびっくりせずに、カウンターで打ち消されそうかもチェックしておきたい。すぐにチャンスがくる。

*日本では口の軽い政治家からよく「びっくり発言」が出て市場を動かす。その後は官僚や担当大臣から訂正、打ち消しのコメントが出てくる。</