« NZ円、数か月以内に利上げを宣言 | トップページ | 先ずは数字、ギリシア一転楽観でリスク選好 »

2010年4月30日 (金)

ランド円、PPI、CPIともに低下

「ランド円、PPI、CPIともに低下

(テク)

*4月19日-22日の上昇ラインは効いている。

*4月6日-7日の下降ラインもサポート

*現在ボリバン中位。レンジは12.32-13.06

*5日線は横ばい

Ws000018

(材料) 

*3月PPI(前年比)予想+3.9%、今回:+3.7%、昨日のPPI同様落ち着いてきた

*南ア・3月CPI(前年比)前回:+5.7%、予想:+5.2%、今回:+5.1%

*利下げは限定的だがランド高は懸念されている

中銀総裁=政策金利は当面の間据え置かれるだろう、さらなる緩和余地は限定的

南ア経済研究所=ランドは過大評価されている

*政争が起きそうだ。ANC過激派青年リーダーマレマ氏の処遇

*世界最大の原子力発電会社EDFとともに原子力発電所拡大に動く

*世銀はエスコム社への貸付を承認(日立絡み)

*小売売上悪化だが景気は徐々に回復

*南ア中銀エコノミストが介入を示唆7.20割れ近くで

*ゴーダン財務相発言も強気=4Qに1万8千人の雇用を創出、税収増、財政赤字減少

*南ア中銀は前回は政策金利を全会一致で0.5%利下げをして6.5%とした

注文)

*売りは12.80から

*買いは12.50から

*損切りはなし

Ws000019

     (予定)

30日(金)貿易収支

5月13日(木)政策金利

|

« NZ円、数か月以内に利上げを宣言 | トップページ | 先ずは数字、ギリシア一転楽観でリスク選好 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ランド円、PPI、CPIともに低下:

« NZ円、数か月以内に利上げを宣言 | トップページ | 先ずは数字、ギリシア一転楽観でリスク選好 »