« 南アランド円、下降ラインからさらに下放れ | トップページ | ユーロスイステク、介入次第 »

2010年4月19日 (月)

ユーロポンドテク、ポンド優位

「ユーロポンドテク、ポンド優位

*月足は3月は陰線、4月も陰線スタートで年初からは陰線で通貨番付ではユーロが最下位でポンドはブ-ビ-

*ギリシア債務問題懸念の大陸より、選挙へ向けて前向きになるポンドを好むのだろうか。自民党が優位になれば労働党に有利(連立を組む可能性)

Ws000010

*日足では3月30-4月6日の下降ラインにそっていたが先々末のギリシア支援で陽線が久々に出た。ただそれ以降はまたギリシアの流動性問題が語られ金利上昇でユーロがポンドより弱くなっている

*ボリバン下限からは反発。

*5日線は上向きから横ばいで

*一目の雲下限は0.8875

*3月15日-16日の下降ラインの下で推移

Ws000011

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 南アランド円、下降ラインからさらに下放れ | トップページ | ユーロスイステク、介入次第 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロポンドテク、ポンド優位:

« 南アランド円、下降ラインからさらに下放れ | トップページ | ユーロスイステク、介入次第 »