« USAIRとUNITEDの株価急騰、合併協議で | トップページ | 景気ウォッチャー »

2010年4月 8日 (木)

ユーロ円、下げ基調で政策金利決定へ

「ユーロ円、下げ基調で政策金利決定へ

*株は欧米下げ

(テク)

*3月24日-26日の上昇ラインを下抜いた

*4月5日-6日の下降ラインが生きている

*3月17日の長い上ヒゲで下押し、22日の下ヒゲで巻き返した。それが一昨日終わって下げ基調

*ボリバンの中へ、いつもこうなる。現在レンジは120.98から127.76。

*雲のレンジは122.89-127.0

*5日線は下向き 

Ws000031 Ws000032

(材料)

*ECB理事会、ギリシア後で出口へ慎重ながらも言及するか

*トリシェ総裁がECB理事会の会見を含め3回講演など行う

*景況感指数も改善してきている。

*トリシェ総裁は慎重だがインフレに言及(現局面では全員が慎重になる必要がある、構造的な失業の問題を回避することが重要、ギリシャ救済についての合意は適切だった、インフレ期待を上昇させないことが極めて重要。)

「ECB月報」=出口示唆

○流動性で市中銀行への支援を続ける○緩慢で起伏のある回復を予測、不透明続く○大規模な財政赤字は金融政策の負担を高める○非伝統的措置の段階的引き揚げを続ける

(注文)

*売りは124.30から

*買いは124.20から

*損切り買いが124.50から、売りは124.0

Ws000033   

(予定)

8(木)スイス失業率、ユーロ圏小売売上、独鉱工業生産、英中銀政策金利、ECB政策金利、トリシェ総裁会見

9(金)独国際収支、バーナンキ議長講演、トリシェ総裁講演(ミラノ)
10(土)中国3月貿易収支、トリシェ総裁講演(パルマ)

(講演)

8(木)トリシェ総裁
9(金)バーナンキ議長、トリシェ総裁(ミラノ)
10(土)トリシェ総裁(パルマ)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« USAIRとUNITEDの株価急騰、合併協議で | トップページ | 景気ウォッチャー »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、下げ基調で政策金利決定へ:

« USAIRとUNITEDの株価急騰、合併協議で | トップページ | 景気ウォッチャー »