« 豪住宅指標 | トップページ | 豪ドルドル冴えず、住宅ローンで »

2010年4月12日 (月)

ドル円、歪みなし損切り

ドル円、歪みなし損切り、下降ラインそのまま、注文」

*中国人民元問題、タイ政変を注目したい

*日足=7日の下ヒゲで7日-8日の下降ラインを上抜けるも、5日-7日の下降ラインを上抜けず

*9日のローソク足は上ヒゲとなって93.30以上の売り動意をしめした。

3月23日-24日の上昇ラインは下に抜いた。

*ボリバンは88.86-95.12

*雲からはかなりかい離、90.95

*5日線は下向きに

*3月4日-22日の上昇ラインは有効ぶつかるとしたら92前半

Ws000015 Ws000016

(注文)

*売りは93.30から中

*買いは93.15から中

*損切りは小さい、歪みなし

Ws000017

(材料

*EUギリシア支援でドル円自体はあまり影響受けず

*米中首脳会談と為替報告書、鳩山首相はオバマ大統領と会談出来るのか

*中国はGDPを含め重要指標あり

*日銀支店長会議とさくらリポート デフレは

*新年度の輸出リーズはまだあるだろう

*週末にEU27カ国財務相、中央銀行総裁会議

*米雇用統計改善、オバマシナリオ着々と実施中。ただ失業率が高いのでまだ金融政策は慎重だろう。

*3月の中国貿易収支は74.2億ドルの赤字。15日発表の中国の1QGDPは12%との観測も出ている。人民元改革は米国の主張を聞くより13億の国民をまもらないといけない。

*来週の外貨投信設定は普通程度

(予定)

12(月)日 マネーストック、貸出動向、日銀議事要旨、菅財務大臣講演、 OECD景気先行指数(19:00)、胡主席訪米、鳩山オバマ会談?

13(火) 日 企業物価指数、首都圏マンション動向、投信概況、ESPフォーキャスト、米 貿易収支

15(木)日 鉱工業生産確報、日銀支店長会議、さくらリポート中国1QGDP、CPI、小売売上、鉱工業生産、固定資産投資、為替報告書

16(金)中国指数先物取引、BRICsサミット、EU27カ国財務相、中央銀行総裁会議

(決算)
13(火)Jフロント
14(水)ローソン、良品計画、吉野家、イオン

(講演)

12(月)御手洗経団連会長、菅財務大臣、野田財務副大臣、原口総務大臣、小沢幹事長、米中首脳会談

14(水)白川総裁、バーナンキ議長証言
15(木)ボルカー元FRB議長

(外貨投資)

12(月)DIAMアセットマネジメント アジア経済成長関連世界株投信
13(火)
14(水)
15(木)
16(金)岡三AM エマージング関連・先進国株式オープン、野村AM クラウド&スマート関連株投信、国際投信 世界投資適格債(通貨選択)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 豪住宅指標 | トップページ | 豪ドルドル冴えず、住宅ローンで »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、歪みなし損切り:

« 豪住宅指標 | トップページ | 豪ドルドル冴えず、住宅ローンで »