« 日経平均&チャート | トップページ | 出生率低下でも成長する国あり、為替悠々129 »

2010年4月 7日 (水)

ギリシア問題は深刻だが想定内

「ギリシア問題は深刻だが想定内」

年初からギリシア問題は騒がれているが、欧州の株価市場には影響せず欧州株は日本株より強い。為替市場は騒ぎすぎのような気がする。従って解決策が出ると為替市場のリバウンドは急激となる。債務国問題処理は一定のパターンがある。

公的機関が融資するのだが、融資条件をつける。財政支出削減や増税だ。特にIMFの融資条件は厳しい。それゆえに昨日の報道のようにギリシアがIMFでなくより身近で緩和的な融資条件のEUからの融資を求めるようなものが出てくる。

またギリシア富裕層が海外へ資金流出している報道もユーロ売りを誘ったがこれも中南米債務国の富裕層の常識であり米銀NY支店には膨大な中南米からのドル預金がある。ギリシアもそれほどサプライズなことは起こっていない。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 日経平均&チャート | トップページ | 出生率低下でも成長する国あり、為替悠々129 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ギリシア問題は深刻だが想定内:

« 日経平均&チャート | トップページ | 出生率低下でも成長する国あり、為替悠々129 »