« オバマ打倒、ティーパーティ運動 | トップページ | ドル円 »

2010年4月16日 (金)

覚悟しいや

「覚悟しいや」

*最近はあまり新聞の為替欄を読んでいないのでわからないが以前は決まり文句のような文章があった。

*ドル円が下がった時誰が売ったのかという文章。

 ヘッジファンドやシンガポールの米銀なら必ず「利食いの売り」で

 邦銀はいつでも「損失覚悟のドル売り」と書かれていた。

*最安値で推移していてもヘッジファンドなら利食い、邦銀は損失覚悟となる

邦銀はいつもいつも覚悟しているわけではない。毎日覚悟していたら身がもたない

*米銀やヘッジファンドはいつも上手くいっているわけでもなく、若いおにいちゃんがやっていて日本経済のことはよく知らないのもいる。ただ玉はでかい。

*ただ結構彼らは邦銀よりもリスクヘッジは徹底していて1%ほどやられると損切る

*あまり先入観なくやりましょう

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« オバマ打倒、ティーパーティ運動 | トップページ | ドル円 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟しいや:

« オバマ打倒、ティーパーティ運動 | トップページ | ドル円 »