« ポンド円、下ヒゲ相場継続 | トップページ | NZドル円、今日は指標弱いが株強し »

2010年4月 1日 (木)

豪ドル円、強気の中銀、弱気の指標

「豪ドル円、強気の中銀、弱気の指標」

*豪中銀幹部が相次いで利上げ示唆。さらにRBAウォッチャーが4月6日に利上げするととの見通しを出したため豪ドルは強含んだ。

ただ今朝の小売と住宅建設許可件数は弱かった。弱くても金利正常化という意味での利上げなら納得できる

*2月小売売上(前月比)-1.4%予想:+0.3%、2月住宅建設許可(前月比)-3.3%予想:+2.1%
*次回政策金利の発表は4月6日の予定。

豪中銀スティーブンス総裁は以下のように発言。
*金利をあまりにも長期間にわたり過度の低水準に据え置くことは賢明でない
*性急なペースでの利上げは混乱を起こす恐れがあるとの認識を明らかにした。
*借入金によって既に高値にある不動産に投資することが繁栄への道だと考えるなら軽率かもしれないと語った。

(テク)

*日足ではボリバン上限に沿って上昇

*日足、雲の上。雲は81.17

*2月25日-3月4日の上昇ラインはまだ生きている

*5日線上向き

*ボリバンレンジは79.01-85.96拡大中

Ws000016Ws000017

「4月6日政策金利」

*前回44%が利上げ予想、それが60%まで上昇したが今朝の不冴えな小売と住宅の数字で萎えるか。3月上げたのでなさそうな気がするが、新車販売なども弱い。ただ中銀は割と強気

*資源価格は下がっていないが昨年ほどの上昇力はない

(注文)

*売りは85.80から5銭刻みで大きい。

*買いは小さい

*損切りは売り買い小さい

Ws000018

(予定)

  (31(水)豪 2月住宅建設許可(予想+2.1%)、小売売上(予想+0.3%)
1(木)豪 貿易収支(13.4億ドルの赤字予想)

4月6日 豪中銀政策金利決定

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円、下ヒゲ相場継続 | トップページ | NZドル円、今日は指標弱いが株強し »

為替10年3月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円、強気の中銀、弱気の指標:

« ポンド円、下ヒゲ相場継続 | トップページ | NZドル円、今日は指標弱いが株強し »