« 外資系動向、今日のかかしさん日本株 | トップページ | ドル円PF »

2010年4月30日 (金)

ドル円、日銀も雇用に関心をもった政策を!

「ドル円、日銀も雇用に関心をもった政策を!」

*日銀政策決定会合、景気物価上方修正らしい。FRBとの違いは日銀は雇用について責任を負っていないこと。FRBは景気持ち直しでも失業率が9%なので異例の超低金利政策を変更しない。日銀も雇用を考慮したらこれまでのような早すぎる引き締めでの失敗はなかったのだろう。

*さて連休相場となる。海外は米雇用、豪ECB政策金利、英総選挙と材料は多い。

*日本の実需は輸出入ともやや遠めの注文をおいて休みに入っている

*売りなら95以上、買いなら92台である。

*日本の実需、投信玉が出ないので全体がリスク選好となるかリスク回避するかで円の命運が決まる

*今日は仲値でのドル需要がいつもより多かった(既報)

(テク)

4月19日-22日の上昇ライン下に切った。そこから戻ったが上昇ラインまではまだ及ばない。94.90あたり、ボリバンも94後半。

*4月19日-27日の上昇ラインがサポート

*ボリバンは92.21-94.62

*雲からはかい離、90.94

*5日線は上げ

Ws000000

    (材料)

*一方、フィッチによる日本国債格下げ懸念。

*野村の外貨投信の好結果に他社も追随しよう。米景気回復の流れは変わらず。

*人民元のことはここのところ静かだが昨日も下落した中国株が気がかり

日本は相変わらず政局混迷(官僚は事業仕分けでも安泰のようだ)

*民主党デフレ議連の円安示唆、CPIを2%にするなら日銀はマイナス金利が必要だろう。ただ民主党は口ほどに行動力なし

*日米企業決算多し。概ね好調予想

(注文)

*売りは94.10から

*買いは93.95から

*損切りは売り買い小さいものがパラパラ

Ws000001

  (予定)

30(金)日銀金融政策決定会合、日銀銀行保有株買い取り終了、空売り規制適用終了は延長へ。、失業率、有効求人倍率、CPI、鉱工業生産、日銀 経済物価情勢の展望、自動車生産、住宅着工、建設工事受注、日銀総裁会見、平衡操作

1日(土)上海万博

(決算)

30(金)アサヒビール、昭和シェル、三菱電機、富士通、住商、大和証券、三菱地所、ANA、

(講演など)

30(金)日銀総裁会見

(外貨投資)

29(木)米7年債、
30(金)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 外資系動向、今日のかかしさん日本株 | トップページ | ドル円PF »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、日銀も雇用に関心をもった政策を!:

« 外資系動向、今日のかかしさん日本株 | トップページ | ドル円PF »