« NZドル円、静かに年央利上げへ | トップページ | 立花隆「滅びゆく国家」 日経BP社 »

2010年4月 9日 (金)

南アランド円、プラチナとともに

「南アランド円、プラチナとともに」

*南ア中銀はドルとペッグしないと発言、最近の強いランド懸念はあるが固定相場のコストは高い

*今日は株価は下げ、資源も下げ

*日足5日線は上向きから下向きになるか。

3月30日-31日のやや急な上昇ラインは下抜いた。3月22日-26日の上昇ラインも下抜いている

*4月7日-8日の下降ラインができるか

*一目の雲の上限(11.96)からかなりかい離している

*ボリバンレンジは11.84-13.04

Ws000027

Ws000026

(材料)

*プラチナ強い。南ア精錬所停止のため

*ゴーダン財務相発言も強気=4Qに1万8千人の雇用を創出、税収増、財政赤字減少

*南ア中銀は政策金利を全会一致で0.5%利下げをして6.5%としたが2月CPIが+5.7%でインフレターゲット上限の6%内に入ったこともある

*ただ利下げは金利生活者を苦しめるという論調もある。6.5%というのは低金利だということ。

「マーカス中銀総裁コメント」

インフレ見通しは幾分改善した
雇用は経済回復に遅行する
2010年の成長率は2.6%と予想
ランド高はインフレ抑制するが輸出の回復を減速させる
過度に強いランドは懸念だ

(注文)

*売りは13.0が大

*買いは12.60から大

*損切りは売りが12.65で中、12.30で大、買いはない

Ws000028 

  (予定)

14日(水)小売売上

28日(水)CPI

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« NZドル円、静かに年央利上げへ | トップページ | 立花隆「滅びゆく国家」 日経BP社 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アランド円、プラチナとともに:

« NZドル円、静かに年央利上げへ | トップページ | 立花隆「滅びゆく国家」 日経BP社 »