« NZ二つの指標詳細とその後の動き | トップページ | 豪中銀の利上げは正常化で豪ドルやや上げる »

2010年4月20日 (火)

ドル円総合

「ドル円総合」

*昨日の91.60からずっと戻ることなく上昇中でこれはPFのルール通りでやれば1円抜けている

*朝は2日間の下降ラインを上抜いてかつゴトビなので上昇は「仲値の項」でお伝えした通り

*仲値ごまだ落ちてくるときのポイントとなった92.60-70でもみ合っている

*損切りはちょっと逃げて93.0の買い。時々ご自身でアップデートしていただきたい

*相場が動かないと変らないが30銭ほど動いたら変化が生じている。あるいは損切りを消化した後もチェックしたい。

*昨日から書いているようにGS問題はあっても景気回復の流れは変わらず。シティ決算良し、先行指数良し

*日足=3月4日-22日の上昇ラインを92.60-70を下抜いて破る。4月5日-6日の下降ライン上で止まる。

*ボリバンは90.01-95.12

*雲からはかい離、90.95

*5日線はまだ下向き。

*新年度4月の輸出がもたらした展開。(ギリシア、GS、人民元もあるが)

Ws000010

Ws000011

(材料)

*相変わらず政局混迷、官僚安泰

*G-20、白川総裁NYで講演

* 米国のことだからGSの処理も素早いだろう

 衆参同時選挙を新首相で行うという仙石発言あり

*地震の中国の金融政策と為替政策、米議会為替報告書は

*民主党デフレ議連の円安示唆、CPIを2%にするなら日銀はマイナス金利が必要だろう。

*米決算多い

*新年度の輸出リーズはまだあるだろう

*世界の株が下がると円が買われる。円に逃避ではなく、日本の不況加速の円

(注文)

*売りは92.70から

*買いは92.30が大

*損切りは買いが93.0で中、売りは小さい

Ws000012

(予定)

20(火) 第3次産業活動指数、コンビニ売上、工作機械受注、景気動向指数改訂値

21(水)全国中小企業動向調査、党首討論、西村日銀総裁講演、IMF世界経済見通し

22(木)貿易統計、対内対外証券売買、スーパー売上 、白川総裁講演 IN NY
23(金)全産業活動指数G-20、北京モーターショー

(決算)

21(水)JFE

(講演)

21(水)西村日銀総裁講演
22(木)白川総裁講演 IN NY
23(金)G-20、

(外貨投資)

22(木)HSBC投信  ブラジル・インフラ株式オープン、朝日ライフAM ハリス世界株ファンド
    
23(金)野村AM ハイ・イールド債券

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« NZ二つの指標詳細とその後の動き | トップページ | 豪中銀の利上げは正常化で豪ドルやや上げる »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円総合:

« NZ二つの指標詳細とその後の動き | トップページ | 豪中銀の利上げは正常化で豪ドルやや上げる »