« 米SEC、ゴールドマンを詐欺で提訴 | トップページ | ポンド円、GS相場 »

2010年4月17日 (土)

ユーロ円

「ユーロ円」

*トリシェ総裁がギリシア流動性懸念発言。

*さらに米SECがGS提訴(サブプライムCDOで)でリスク回避でユーロ円売り

(テク)

*8日からの上昇ラインは下抜いている。

*4月2日の高値は127.92。ギリシア支援合意でも届かず。

*一旦上抜いた4月6日-7日の下降ラインがサポートとなる。

3月22日-24日上昇ラインもサポート

*ボリバンは中位へ下落、ボリバンは121.41から128.36。

*雲のレンジは122.46-127.00。

*5日線は横ばいから上げか

Ws000010 Ws000011

(材料)

*財務相中銀総裁会議あり

(注文)

*売りは124.90から小さい

*買いは124.50から

*損切りの売り小さい、買いはない

Ws000012

 

*ギリシア金利は7.25%=これでユーロ売り

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 米SEC、ゴールドマンを詐欺で提訴 | トップページ | ポンド円、GS相場 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米SEC、ゴールドマンを詐欺で提訴 | トップページ | ポンド円、GS相場 »