« 通貨先行指標スイス強い | トップページ | ドル円注文 »

2010年4月14日 (水)

下がったら買い上がったら売りもPFで

「下がったら買い、上がったら売りもPFで」

*日本人のディーラーはバランス感覚があるというのか、進取の精神がないのか「下がったら買い、上がったら売り」の行動に出ることが多い。大相場では一気にひとたまりもないが東京市場ではワークする。否定するつもりはない。大相場なんて滅多にないし、普段の相場で確実に儲けたい。オレは大きくとるとか言う人は残念ながら戦力にはなってくれなかった。

*ただどこで買うか、どこで売るかはやはりPFの3枠転換を利用すれば効率的だろう

*下げ続けるあるいは上げ続ける相場が反転するヒントをあたえてくれるのはドル円でいえば30銭反転したところとなる。どん底、ど高値ではないがほぼその近辺となる。そこから40ポイント上動けば収益となる。どこまで儲かるかはPF次第。ただ損は限定敵なので悪いようにはしない。

P1000006pf

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 通貨先行指標スイス強い | トップページ | ドル円注文 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下がったら買い上がったら売りもPFで:

« 通貨先行指標スイス強い | トップページ | ドル円注文 »