« ポンド円、上昇ラインに下斬り | トップページ | NZ円、29日政策金利 »

2010年4月28日 (水)

豪ドル円、明日CPIで政策金利手掛かり

「豪ドル円、明日CPIで政策金利手掛かり」

*PPIは予想を上回るが、明日のCPIが政策金利決定のカギ

*中銀総裁の利上げ示唆後退で下げるも、世界景気回復で上昇。今日は中国株の大幅下げで下落、資源も安い

*対NZでは弱かったが今日は下げ止まり

*4月19日-23日の上昇ラインを下抜く、短いカブセ的なローソクが効く

*4月15日-16日の下降ライン、4月12日-13日、4月7日-8日の下降ラインが平行となる

*ボリバンは83.47から88.48で上限近い

*5日線は下げ

*日足、雲の上。雲は81.17-81.79

Ws000013

(材料)

*スティーブンス豪中銀総裁の金利引上げ終了示唆発言を受け一時豪ドル売られる

*本稿では指標が悪いとたびたび指摘していたが中銀もようやく気にしだした

*新車販売減少。このところ指標は弱い。

*IMF豪の2010年の成長率見通し、2.5%→3.0%に上方修正、

*今年の高値の87.52を一旦抜き87.74まで

*インフレ期待指数上昇。他の指標は良くないWESTPAC消費者信頼感指数は前月比-1.0%、住宅ローン残高減少

*利上げ効果が出ているのだろう。今週のCPI,PPIを見て5月4日の政策金利決定へ

(注文)

*売りは86.50から

*買いは86.10が大

*損切りは86.0で売り

Ws000014

(予定)

27(火)1QPPI、豪NAB企業信頼感指数、

28(水)1QCPI

29(木) 景気先行指数、

30(金) 新築住宅販売

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円、上昇ラインに下斬り | トップページ | NZ円、29日政策金利 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪ドル円、明日CPIで政策金利手掛かり:

« ポンド円、上昇ラインに下斬り | トップページ | NZ円、29日政策金利 »