« ポンド円、ユーロに入ら(れ)なくて良かった | トップページ | ジミーNZ »

2010年4月22日 (木)

豪ドル円、87円台売り厚し

「豪ドル円、87円台売り厚し」

*IMF豪の2010年の成長率見通し、2.5%→3.0%に上方修正、IMFに言われたって何の御利益もないが

先週同様87超えは厚い

思えば良く上がってきたもんだ。去年始めは55.52であった。

*今年の高値は87.52

*今日はWESTPAC先行指標が改善、久々にいい数字が出た

*ただRBAはそういうことではなくまだ金利正常化への利上げなので指標は関係がない。

*また雇用が強いとしているだけに利上げしても整合性がある。

(議事録)

*金利調節を遅らせないことが賢明、金利はおそらくさらに上昇必要
*4月利上げ、金利正常化への道
*住宅市場は活況、住宅価格の上昇はローン承認件数の減少と相反している
*労働市場は引き続き改善、雇用意欲も強まっている
*アジアの主要貿易相手国では力強い景気拡大が続いている

などと前向きな表現ばかりであった。豪ドルドル、豪ドル円はやや上昇

(テク)

*4月16日-17日の下降ラインを上抜き、19日-20日の上昇ラインを形成している。

*株と資源価格の上昇も支え

*日足、雲の上。雲は81.17

*昨日朝は86にしっかりのらないといけないと書いたがしっかりのりすぎた。

*ボリバンは82.44から88.57

*5日線はこのまま終わると下げに転じる(日替わり)

Ws000050

(注文)

*売りは87はけっこう厚い。先週もそうだった。現在の売りは86.85から

*買いは86.40以下

*損切りは86.45以下で少々あり

Ws000051

(材料)

*インフレ期待指数上昇。他の指標は良くないWESTPAC消費者信頼感指数は前月比-1.0%、住宅ローン残高減少

*利上げ効果が出ている

*5月4日の政策金利決定まで間がある

(来週の予定)

20(火)RBA議事録

21(水)豪 ウェストパック景気先行指標、技術職求人、IMF世界経済見通し
22(木)豪 新車販売、ANZ消費者信頼感指数
23(金)豪 輸出入価格、G-20、北京モーターショー

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ポンド円、ユーロに入ら(れ)なくて良かった | トップページ | ジミーNZ »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポンド円、ユーロに入ら(れ)なくて良かった | トップページ | ジミーNZ »