« IMFとギリシアと支援協議へ | トップページ | ユーロ円、裏三角持ち合い »

2010年4月15日 (木)

ドル円、6日連続寄り引き同時

「ドル円、6日連続寄り引き同時」

*失業保険悪化するもNY連銀製造業景気指数良し。鉱工業生産は弱い。

*円=6日連続寄り引き同時のような奇妙なチャート=3月中旬も同じようなことがあった。

中国定番の噂(預金準備率引き上げ)円買いで93割るも一時的

*今朝はついに4月5日-7日の下降ラインを上抜いている。先ほどの下げもその下降ラインで止まったようだ。

*ボリバンは89.40-95.28

*雲からはかなりかい離、90.95

*5日線は下向きから横ばい

*3月4日-22日の上昇ラインは有効ぶつかるとしたら92後半

(注文)

*売りは93.50以上で厚くなってきた

*買いは93.15以下で中程度、92.90で大

*損切りは売りが93.30と93.05で小、買いは目立つものはない

Ws000006 Ws000007 

(材料

*米中首脳会談と為替報告書

*新年度の輸出リーズはまだあるだろう

*週末にEU27カ国財務相、中央銀行総裁会議

*米雇用統計改善、オバマシナリオ着々と実施中。ただ失業率が高いのでまだ金融政策は慎重だろう。

*明日は外貨投信設定あり

(予定)

16(金)中国指数先物取引、BRICsサミット、EU27カ国財務相、中央銀行総裁会議

(講演)

15(木)ボルカー元FRB議長

(外貨投資)

16(金)岡三AM エマージング関連・先進国株式オープン、野村AM クラウド&スマート関連株投信、国際投信 世界投資適格債(通貨選択)

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« IMFとギリシアと支援協議へ | トップページ | ユーロ円、裏三角持ち合い »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドル円、6日連続寄り引き同時:

« IMFとギリシアと支援協議へ | トップページ | ユーロ円、裏三角持ち合い »