« ゴールドマン提訴は3対2で決定 | トップページ | ポンド円、イベント充実、リスクは噴火 »

2010年4月20日 (火)

ユーロ円、4月8日と類似

「ユーロ円、4月8日と類似」

*昨夜書いたように4月8日と同じ陽線に昨日なった。

*4月16日-19日の下降ラインを上抜いて今日は始まり、4月15日-16日の下降ラインに挑戦している

*昨日の安値からの上昇ラインを下抜けば売りに転じればいい。

*ユーロドルの短期トレーディングもドル円同様に、いやそれ以上にPFが有効だろう「

*ボリバンは121.48から128.37

*雲のレンジは122.59-127.00

*5日線は下向きに

Ws000023 Ws000024

 (注文)まだ注文少ない

*売りは125.0から中

*買いは124.60から小

*損切りは売り買い小さいく拮抗している

Ws000025 

(材料)

暗い=ギリシア金利(7.4%)に火山灰、建設支出悪化

*トリシェ総裁がギリシア流動性懸念発言。

*シュタルク理事「長期間、低金利政策を継続することはリスクが伴う」

*依然ギリシアを材料にしたい人が多いようだ

*ZEW景況感調査と独IFO

*EU加盟国財政赤字が発表される(ギリシア、スペイン、ポルトガルなど)

(予定)

20(火)独PPI、ユーロ圏経常収支、独ZEW景況感調査、ユーロ圏ZEW景況感調査、ギリシア5年債償還

21(水)IMF世界経済見通し
22(木)スイス貿易収支、EU製造業&サービス業PMI、消費者信頼感指数、EU加盟国財政赤字


23(金)仏消費者支出、独IFO景況指数、EU 鉱工業新規受注、G-20

(来週の講演)

19(月)パパデモスECB副総裁年次報告書、バーナンキ議長、ウエーバー独連銀総裁、グゲレルECB理事、ECアルムニア委員
20(火)フィンランド中銀総裁、ウェーバー独連銀総裁、ECパローゾ委員長、
21(水)トリシェ総裁、パパデモス副総裁、ウェリンクオランダ中銀総裁がECBで統計について講演
23(金)G-20、パラモECB理事

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ゴールドマン提訴は3対2で決定 | トップページ | ポンド円、イベント充実、リスクは噴火 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ円、4月8日と類似:

« ゴールドマン提訴は3対2で決定 | トップページ | ポンド円、イベント充実、リスクは噴火 »