« 菅財務大臣発言 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

2010年4月12日 (月)

2005年の人民元改革

「2005年の人民元改革」

中国人民銀行は2005年7月21日に 人民元の為替レートを、約2.1%(1ドル=8.28元から1ドル=8.11元へ)引き上げた。またそれまでの固定相場制から前日比0.3%までの変動とする管理フロート制へ移行した。

 また通貨バスケット制を採用した。アメリカドルのみと連動させてきたそれまでの制度から、アメリカドル・日本円・欧州ユーロ・韓国ウォンを主要通貨に、シンガポールドル・イギリスポンド・マレーシアリンギット・ロシアルーブル・オーストラリアドル・タイバーツ・カナダドルという、11の通貨による通貨バスケット制度に切り替えた(ただし、通貨比率は発表されていない)。

*2007年5月21日より、前日比変動幅を0.5%に拡大。

*米国の対抗策

為替操作国認定の警告や中国繊維7品目の緊急輸入制限、対中経済制裁法案の提出など

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 菅財務大臣発言 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »

為替10年4月」カテゴリの記事

コメント

お誕生日おめでとうございます。今後とも宜しくおねがいします。

投稿: 崖っぷちライム | 2010年4月12日 (月) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2005年の人民元改革:

« 菅財務大臣発言 | トップページ | 明日(次の取引日)のTOPIXは:呂 新一 »