« NZ円、GDP好感される、下ヒゲ持続 | トップページ | 「野村式FX速習ノート」野村雅道、日本実業出版社 »

2010年3月26日 (金)

南アランド円、全会一致利下げ後下落

「南アランド円、全会一致利下げ後下落」

*先ほどお伝えしたようにそれほど予想外ではなかったが南ア中銀は0.5%利下げをして全会一致で6.5%とした   

*2月CPIが+5.7%でインフレターゲット上限の6%内に入ったこともある

*ドルランドが7.36から7.45まで上昇したのでランド円は軟化している

Ws000022 Ws000023

(テク)

*日足では2月25日-3月3日の上昇ラインに沿っていたが、下抜けている。

*22日の下ヒゲ効果で強かったが今日の利下げで反落中

*ボリバン上限に跳ね返されている。ボリバン現在は11.40-12.62

*5日線は上向きだがなだらかに 、3月9日-16日の上昇ラインもサポート

(材料)

*4Q家計消費良し

*IMFはインフレターゲットの重要さを説く(ターゲット廃止論も出ている)

*1月小売売上が-1.7%であったが予想が-2.5%であったので好感

*昨日の1Q費者信頼感指数も4Qの6から15へ上伸した

*1月製造業生産は予想の+0.9より悪化の-0.6%

*1Q・BER企業信頼感指数は43.0と予想の32より強かった

*その他最近はいくつもの景気回復の兆しがでている

*1月PPI(前月比)は前回+0.7%予想:+0.6%を上回る+1.3%となった。CPIはやや低下していた。ただ重視されるのはCPIだろう。

*1月貿易収支は予想-25億ZARより悪化の-33億ZAR

*注目の4QGDPは予想の+2.6%を上回る3.2%へ。CPIは6.2%へ低下、PPIは上述通り予想を上回った 

4Q失業率は24.3%率、3Qより改善、南アなりの改善

*自動車生産、企業信頼感指数も改善

Ws000024

(注文)

*売りは12.35から大

*買いは12.20から大

*損切りは売りが12.0で中

       (予定)

25日 政策金利

31日(水)貿易収支

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« NZ円、GDP好感される、下ヒゲ持続 | トップページ | 「野村式FX速習ノート」野村雅道、日本実業出版社 »

為替10年3月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南アランド円、全会一致利下げ後下落:

« NZ円、GDP好感される、下ヒゲ持続 | トップページ | 「野村式FX速習ノート」野村雅道、日本実業出版社 »