« ユーロ円、スロ-&ステディ | トップページ | ポンド円、イロイロあるが英株は日本より強い »

2010年3月12日 (金)

アジア株小幅な値動き

13時頃のアジア株です。

100312_2

ベトナムのVN指数が1.31%上げているほかは、小幅な値動きです。

13時30過ぎの時点では、上海総合指数、ハンセン指数、H株指数ともに下げています。

とはいえ、ハンセン指数構成銘柄では、好決算を発表した新鴻基(サンフンカイ)不動産が1.310%、それとちょっとよくわからないのですが、沙田というところ(?)の新たな開発を進めるニュースを発表した恒基(ヘンダーソン)不動産が2.160%上昇しています。

H株指数構成銘柄では、資金調達を発表した中国国際航空が12.851%と大きく上げています。昨日増資を発表して売られた中国銀行は-0.252%と小幅な下げです。中国では中国交通銀行も増資を発表しています。

また、昨日2月のCPIが予想を上回り前年同月比2.7%となったことから、預金準備率を引き上げるのではないかとの観測もありますが、先ほど中国人民銀行の蘇寧副総裁がインフレが加速している兆しは見られないと述べたというニュースが出ています。

その中国関連の商品が増えるようです。

楽天投資顧問では、3月30日に「楽天・チャイナファンドシリーズ(中国A株ブル1.5)」「楽天・チャイナファンドシリーズ(中国A株指数連動ファンド)」を設定すると発表しています。これらのファンドは、中国本土のA株の時価総額上位50銘柄で構成される「FTSE/新華 中国A株 50指数」に連動するようです。

設定上限額は、中国A株ブル1.5が50億円、中国A株指数連動ファンドが80億円だそうです。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« ユーロ円、スロ-&ステディ | トップページ | ポンド円、イロイロあるが英株は日本より強い »

5大山弘子(2)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ユーロ円、スロ-&ステディ | トップページ | ポンド円、イロイロあるが英株は日本より強い »