« 夜はこれから | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、NY需給」 »

2010年2月11日 (木)

トヨタ社長も公聴会へ呼び出しへ、米議員

「トヨタ社長も公聴会へ呼び出しへ、米議員」

*トヨタリコールの件は日本国内だけなら何事もなく終わったような気がする

 日本はそのような社会である 

*米国は違う、訴訟社会なのでまだまだ追求される。米議員はトヨタの社長も呼び出そうとしている。命にかかわることなので米国人にとっては当然かもしれない

*マックのコーヒ-を自分でこぼして熱すぎたものを出したマックに責任と3億円賠償したおばあさん、これはおばあさんが勝ったのではないか?

*クリーニング店に預けたズボンが紛失したのは韓国人移民の経営者のせいとして訴訟を起こし、6700万ドル(約77億8000万円)の損害賠償を求めた事件もあった。

*3年間すごしたNYではおおらかな人と付き合っていたからかそんなことは感じたことがなかった。ただ最初単身赴任してクイーンズの下宿にいた時は、「コーヒ-ポットで沸かしてはいけない。火事になるから」「洗濯物は濡れた物を干すな」「TVの室内アンテナは目をつくから伸ばすな」などウルサイ大家のおばあさんがいた。すぐその下宿はすぐ退散したが。

*そういえば本で読んだが中国でも急いで走っていた日本人が、子供を飛び越したらしい。人をまたぐことは名誉棄損となるそうで賠償要求をされたという。その問題を解決するために政治家も動員し関係者や口きき人に相当なお金をつかったという。

*日本は訴訟社会ではなく、どちらかと言えば泣き寝入り社会なので判断基準が違うようだ。

海外でトラブルに巻き込まれないようにしたい。でも私も欧米人と結構喧嘩してきたと思う。そう正しいと思えば戦うのが海外だ。マックのおばあさんにしても、クリーニング事件の人も自分が正しいと思ったから戦ったのだろう。

トヨタの件は日本はともかく海外では長引きそうだ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 夜はこれから | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、NY需給」 »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ社長も公聴会へ呼び出しへ、米議員:

« 夜はこれから | トップページ | 「ドル円、ユーロ円、NY需給」 »