« アジアの米金利、利回り上昇 | トップページ | ムチだけでなくアメも出した中国 »

2010年2月26日 (金)

豪 指標&収益良し、後は外部要因

「豪 指標&収益良し、後は外部要因」

Ws000006 Ws000007

*昨日のコンファレンスボード景気先行指数は前回-0.3%から+0.6%へ伸びた。4Q民間設備投資は前回の-3.9%、予想の+2.0%を上回り+5.5%となった。

*今朝発表されたANZNZ銀行の1月税引き後(4か月分)利益16億豪ドルとなった。16%増となった。他の大手NAB、CBA、WESTAPACなども既に収益増を発表している。不良債権の減少が大きく寄与している。

* 豪としてはやるだけのことはやっているということだろう。下落するとしたら米株や中国株の下げ、資源価格の下げ、ギリシア債務問題の外部要因となる

(テク)

*2月9日-16日の上昇ラインも下に切り下落中

*2月5日-9日の上昇ラインも下に切った

*2月22日のカブセ的な短い陰線が効いている 

*ボリバン下限は71.13

*一目の雲の中からまた下へ

*2月23日-25日の下降ラインに沿っている

「豪ドル円注文、材料、予定」

注文)

*売りは79.60から

*買いは79.30から

損切りはやや売りが多い

Ws000008  

(材料)

*4Q豪賃金指数は年率+2.9%となり3Qの+3.6%から低下した。

*ただ賃金は遅行性があるのでこの数字は2008年後半から2009年前半の失業率上昇時を表しているという

*年内に1%前後の利上げ予想がある。残り10カ月で3回から4回。現在の強い雇用を考慮して3月に上げるか4月に上げるか、現在は3分の1のチャンスで利上げということだ(材料)

「バテリーノRBA副総裁講演」

○豪ドル上昇は資源ブームでのインフレ圧力を抑制するうえで重要○資源ブームは進行中、2020年以降も続く可能性○過去の資源ブームは全てインフレを誘発した。今回は政策の規律が必要。

(予定)

3月2日(火) 住宅建設許可、小売売上、政策金利

3日(水)GDP

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« アジアの米金利、利回り上昇 | トップページ | ムチだけでなくアメも出した中国 »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アジアの米金利、利回り上昇 | トップページ | ムチだけでなくアメも出した中国 »