« 1月外貨投信残高減少 | トップページ | 日経平均&チャート »

2010年2月12日 (金)

独銀のギリシア不良債権

「独銀のギリシア不良債権」

ドイツの銀行が抱えるギリシャとポルトガル、スペインの3カ国向けのリスク債権は、ほかの国の銀行よりも多いため、メルケル独首相には欧州連合(EU)によるギリシャ支援策を立案し、他国への波及を阻止するよう求める圧力が強まっている。

 BISではドイツの銀行の3カ国向け債権は昨年9月末時点で3308億ドル(約29兆7000億円)。フランスの銀行は3068億ドル、英国の銀行は1563億ドル

*それで独仏も頑張っているのか

*でもソブリン債務問題は何度も経験してきた話、IMFはノウハウがある。

ただIMFが出てくると貸付条件が厳しき、緊縮財政を強いられるので国民がまいってしまう

*だからIMFを避けたいのだろう

  

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 1月外貨投信残高減少 | トップページ | 日経平均&チャート »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1月外貨投信残高減少 | トップページ | 日経平均&チャート »