« 為替悠々66、赤字の原因は社会保障や公共事業なのか、それとも人件費か | トップページ | Espana:水谷 »

2010年2月17日 (水)

米中摩擦、ダライラマ氏訪米

「米中摩擦、ダライラマ氏訪米」

チベット最高指導者ダライ・ラマ14世が本日訪米の予定だ。17、18両日にワシントンを訪問する。滞在中、オバマ大統領と会談するとみられる。

 オバマ氏とダライ・ラマ14世との会談には中国が反対しているが、米政府はチベット亡命政府の事実上の指導者としてではなく、一宗教人としてオバマ氏が会談すると説明している

 最近の他の米中摩擦は 台湾武器輸出問題、グーグル撤退問題、人民元問題などがある

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 為替悠々66、赤字の原因は社会保障や公共事業なのか、それとも人件費か | トップページ | Espana:水谷 »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米中摩擦、ダライラマ氏訪米:

« 為替悠々66、赤字の原因は社会保障や公共事業なのか、それとも人件費か | トップページ | Espana:水谷 »