« 5年連続日本一の10の魅力 | トップページ | アジアの米国金利 »

2010年2月 5日 (金)

パリ三越閉店、天津伊勢丹開業

「パリ三越閉店、天津伊勢丹開業」

*最近は回りの紳士淑女から韓国に行く話をよく聞く。リピ-ターもいる。金曜仕事が終わってから出発しても、また帰りもソウルに日曜の午後8時近くまでいても月曜から出勤できるようだ。

*横浜なら羽田に近いので便利。今後も羽田発着の韓国便、中国便が増えるようだ。

*もっと韓国、中国製品が流入して価格は下がるだろう。旅行しても価格の魅力がなくなるまで収斂するのだろう。日銀の金融政策とは関係がない。やるとすれば金融より為替だろう

*海外旅行熱が高まっているかと思っていたら、NZへの日本人旅行者はここ数年で3分の1に減少しているらしい。NZは国家を上げてキャンペーンをやるようだ。

*またパリ三越閉店、天津伊勢丹開業などの報道を聞くと、欧州の旅行者も減少しているのだろうか。

*パリ三越は何度か行ったが時々日本人御一行様がやってきていた。日本語も通じてお茶も出て便利なのだろう。もちろん近くのブランド店も日本人客が多かったが。

*時代の流れ、お金の流れがわかる報道であった。

*横浜のホテルでも中国人旅行団体誘致キャンペーンをやるようだ。

*香港にいる私のディーラー仲間の一人も、これまで仙台とか、宮崎温泉ツアーで香港から日本に来ている。ディズニ-ランドも私の何倍か訪れている。

*だれか議員が言っていが「アジア全体を内需と考えよう」とか。それなら拡大できそうだ。

野村雅道と楽しい投資仲間達おすすめFX会社

|

« 5年連続日本一の10の魅力 | トップページ | アジアの米国金利 »

為替10年2月」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 5年連続日本一の10の魅力 | トップページ | アジアの米国金利 »